アウトドアウェアの撥水性能を復活させる3つの簡単な方法!

2018/11/19

もう既に今シーズン気温低下に伴い

ジャケットを着て釣りを楽しんでいるとは思いますが、

少し雨が降った時に

「ん?なんか撥水性能落ちたな・・」なんてこと思いませんか?

現在主流のウェアはゴアテックスなどに代表される

「防水透湿性素材」と呼ばれる素材が多い。

簡単に言ってしまえば、撥水性能が悪くなると

湿気を逃がす「透湿性」も悪くなり蒸れる原因となり、

冬なのに汗をかいても汗が渇かず汗冷えの原因に。

 

そんな時、簡単に撥水性能を回復できるかもしれない

方法をご紹介します!




 

アウトドアウェア撥水性能は回復する!3つの方法

一番効果的なのは、NIK WAXなど

物理的に撥水性がある物でコーティングするですが

そんなもの特別必要ありません。

「NIK WAX」は最終手段で。

 

楽天 NIK WAX一覧

 

ではご自宅でウェアの撥水性能を簡単に回復する3つの方法を!

これから紹介する方法をする前に

しっかりと水かぬるま湯で手洗いして

日陰で乾かしてくださいね。

 

アイロンでウェアーの撥水性能を取り戻す

 

洗って乾かしたウェアーに

必ず当て布をして、低温~中温でアイロンがけするだけ。

※メーカーロゴや防水ファスナー部分は

接着剤が溶ける場合があるので避けてください

 

エアコンの暖房で暖かい風を当て撥水性能回復

 

私の地方では10月後半にはエアコンの暖房を使いますが

洗って一晩、外で欲して水気が落ちない状態になったウェアを

一日エアコンの暖かい風に当てるだけ。

これでも撥水性能回復します。

コツはハンガーを二つ使ったり風がしっかりと当たる位置に

干す事ですが、ルーバー部など割れないように!

 

 

除湿乾燥機の風で撥水性能回復

 

こちらは洗濯物を乾燥させる

除湿乾燥機ですが、けっこう暖かい風が出るので

ウェアを洗って水分が落ちない状態から急いで乾かしたい時に

吊って風を当てるだけ。

 

最も効果のある撥水性能回復は?

以上紹介した順番で

ウェアの撥水性能を回復する方法、

最も効果があるのが

  1. アイロン
  2. エアコン暖房
  3. 除湿乾燥機

になりました。

2、と3、に関してはただ吊るして置くだけなので

何の手間も掛かりませんし

誰でも出来ますね!

 

購入後3年目の釣り用防寒ウェアですが

週末土日、2回行く際は日曜日には釣行後必ず洗う。

月曜日はエアコンの風が当たるように干しておきます。

月に一度はアイロンを当てているだけで

撥水性能はいつも最高の状態を保ってますよ!

 

撥水性能を維持しておくと、汚れ自体も付きにくいので

洗うのも簡単だし外から車などに乗り込む際も

バタバタとウェアを払うだけで

シートなども濡れる範囲が少なく済みますので

ぜひ試してみてくださいね!




-ウェアー
-