県内外情報

田舎への移住「車が無くて田舎移住はやめた方が良い」

投稿日:

これまで何度か取り上げている、田舎への移住。

私が住む福井県は田舎暮らしに憧れるような人が、絵に描いたような田舎です。

福井県へ田舎暮らしに憧れ移住

 

実際に田舎暮らし体験を書いてる人の多くが独身、数か月間の移住を元にした体験談。

家族で移住し、移住して数年間以上の定住経験のある記事なんてほとんど無い。

移住は良い面しか表に出ないが、以前お伝えした冬の暖房費や車のガソリン代・維持費など

田舎暮らしに憧れて移住失敗した人の4つの誤算

数か月程度では分からない実態が出てきます。




 

雪が降る福井県内への移住は車がないと地獄

福井県田舎暮らしなどで検索すると、まとめサイトにこのような事が書かれていた。

徒歩20分圏内にスーパー、銀行、郵便局など集中して建っているので車なしで生活可能!

独身でそれに不便を感じないのであれば良いと思いますが

福井県は平地でも雪が降ります。

雪が降る車社会として道路も作られているので、溶けた雪と融雪装置で道路に水は溢れ車の水撥ね被害、靴はずぶ濡れ。

綺麗な雪景色は道路にはなく、車の排気ガスや泥で汚れた黒い雪と泥交じりの雪解け水。

 

公共交通機関のダイヤ間隔が都会の用に次から次へとバスも電車も来ません。

福井県内の各市内中心部以外へは1時間に1本か2本、乗り換えが必要な地域も多いです。

自分も経験がある、家族に病人が出た場合・・・

車があるので問題なく通ったりできましたが、車が無いことを考えると時間も掛かり乗り換えしないといけないなど

それなりの規模の病院は市内中心部にしかありませんからね。

 

病人のお世話は病院にお任せしていましたが、洗濯物や必要な生活品など週に何回か届ける必要があったり

同時に子供たちの送迎など数か月間地獄だったと今でも思い出します。

こんな時に車が無かったら・・・・。

 

田舎には田舎暮らしを推奨するしか人口増へ道は無いのか?

地方創生と2014年から流行語の様に取り上げられ、地方経済の活性化として始まり

2018年に投入された予算は1兆7877億円の予算がつぎ込まれたが大きな成果は上がっていない。

実際に福井県内に住んでいても、北陸新幹線は金沢止まり、高速道路は開通し観光客数は伸びた年もあったりするが

地方創生の恩恵は何?と疑問に思うことの方が大きい。

 

福井県の推計人口と世帯を見ると

 

福井県の人口と世帯(2019年3月1日現在)

 

全ての項目で減少。

この内容から見ても田舎暮らしに憧れるだけの移住者で人口が増え続けることなど有り得ないし

そろそろ、田舎暮らしだけをメインとした福井県への移住・定住のススメを変えていかなければ

雪が降り不便なただの田舎として人口は転出し続け益々限界集落だらけになり

福井県内においても、市内中心部に人口は集中し人口が少ない地域へ居住する人は減り続ける未来しか見えてこない。

日本全国の過疎地方と呼ばれる地域すべてにおいて同じでしょうけどね。

移住者を募集している自治体は、数年レンタカーを無料で貸し出す、数年間公共交通機関無料で乗り放題など

相当な優遇策を出さなければ移住者で人口増など夢のまた夢になるでしょう。





 

no image

釣行記

2019/8/25

20分釣行!

2019/08/25 お盆の間もずっと休みなく働いていたので、久しぶりの休み。 午前中は色々やりたい事を済まして、波が落ちてくる15時頃から海へ。   途中でスマホを忘れてる事に気付いたけど、すぐに帰ろうと思っていたので そのまま海へ着いたが、波は一瞬落ちたけどまだ強烈なうねりが・・・ 辺り一面、藻だらけで10投だけで終了。 毎年、お盆は釣りに行かないが特に今年は忙しくて夏の釣り満足に出来なかった。 これから始まる秋シーズン、釣りに行く時間をなんとか生み出したい! 今年の夏は始まるのが遅くて、あ ...

ReadMore

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

-県内外情報
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.