釣り用ブーツ、スパイクピンを2年間履いた結果。

冬の時期は釣りに行く機会も少ない為

4月~1月の9か月×2年間=18カ月間

『リアス ニューリーフブーツ』を履きました。

 

釣行後は、スニーカー用洗剤で軽く洗う程度で

特別なことは一切しておりません。

 

「リアス ニューリーフブーツ」 2年間履いたスパイクピンブーツ

ではスパイクピンの画像を!

 

スパイクピンが折れたり抜けたりは

一か所もありませんが

ピンは錆(洗ってすぐの状態です)

ピンの向きはほぼ全て後方へ。

 

今年の4月頃に丸石に乗る時は気を付けないと完全に滑り、

なるべく丸石には乗らない様に。

いつも行く磯の岩はゴツゴツしているので、

ほとんど問題は無いし、

リアス・ニューリーフブーツは背渡りに泳ぐのに便利。

約18か月間使用したが、実際にスパイクピンが

生きていたのは1年間だけでしょう。

スパイクピンに関しては

価格6,000円~7,000円台で約1年持つことを考えると

妥当なものだと思います。

月8回程度、年間9ヶ月で72回釣行として、

山道を歩く方は

もっとスパイクの減りは早いと思いますが、

以前履いていた磯足袋は、

まったくスパイクが減る事は無かったけど生地が薄いので

冷たいから夏仕様としては良いと思う。

履き心地も悪い為に、疲れない柔らかさは

リアスブーツに軍配が上がる!

リアス ニューリーフブーツインプレ集

 

 

唯一のデメリットは柔らかさゆえに捻挫が起こりやすい

ハイカットブーツとの大きな違いは

捻挫が起こりやすい。

これは構造上仕方ないけど、気を付けて歩けば

特に気にするほどでは無いが捻挫は癖になってる人がいて

そんな方はハイカットスパイクブーツをお勧めします。

 

 

基本的に釣りでは水の中に入る釣りばかりですが

水抜けは良くないが、ウエットスーツと同じで

生地は3.5㎜厚。

寒い冬でも中に溜まる水で逆に温かかったりもする。

 

価格、軽さ、柔らかさ、水が入った後の温かさ・・

これらを考えれば十分にリピートできる商品で、

週末アングラーなのでスパイクピンの減りも妥当な期間だと

思います。

自分が通うフィールドが

さほど、ヌルヌルする苔岩が少ない事と

高さよりも泳いで渡る低い磯なので

ピンが減ってからも使えましたが

ピンはあるに越した事は無いですからね!

 




-ウェーディング装備
-