フィッシングブーツおススメの「リアス スパイクピンブーツ」

自分が使う物としては2代目となる「リアス ニューリーフブーツ」スパイクピンブーツ。

以前履きつぶしたブーツは約2年間。

釣り用ブーツ、スパイクピンを2年間履いた結果。

ピンはすり減り、ブーツ表面も剥がれてきたので同じスパイクピンブーツを購入した理由などをご紹介しましょう。




リアス スパイクピンブーツの特徴・自分が愛用する理由

スパイクピンブーツは、磯、ロックフィッシングなんて言ったりもするが

岩場へ行くものには必須です。

しかし岩と一つのカテゴリーに納める事は非常に難しく、スパイクがほとんど役に立たない材質の岩もある。

 

しっかり食い込む岩

  • 色が赤茶など濃い岩
  • 小さな凹凸がいくつもある岩

スパイクピンは岩の表面に何か引っかかる物さえあれば

 

滑る岩

  • 丸石
  • 海苔

滑ると表現よりも”スパイクがザァーっと爪痕だけ残して引っ掛からない”こんな表現の方があっている。

海苔、苔に関してはお住まいの地区、季節によって大きく違う為に地元のアングラーに

滑る岩礁帯がある地域や苔が生えやすい時期を聞いてください。

 

リアスリーフブーツはスパイクがすり減ってもゴム部にも滑り止めとなる突起はあるが

スパイクがすり減ると同時にゴムも同じようにすり減っていくので基本的にスパイクがすり減ったら

フィッシングブーツとしての寿命です。

タングステンピンを使っているわけでは無いのでそれなりに履けば掃くほど寿命となる。

週末釣行を繰り返すタイプのアングラーで約1年。

釣り場までアスファルト、岩場を歩く距離が長い方はもっと早い。

 

「リアス リーフブーツ」は洗いやすい!

特別スパイクピンが長持ちする訳でもないし、特別これといった特別な特徴は無いが

自分が愛用する理由は

  • 履きやすい
  • 洗いやすい

この2点です。

 

まず、足を入れて足首のジッパーを上げて甲部のベルクロで適度に締め付ければすぐに動き出すことが可能。

そして自分は毎回ウエットスーツでスイムするので外側から内側までぐちょぐちょに濡れてますが

脱ぐ際も柔らかく脱ぎやすい。

そして帰宅してから洗いやすく乾きやすい!

素材はゴムとネオプレーン素材でバケツに水を流しながらジャバジャバするだけ。

ネオプレーン部は水気を暫く切ってからギューっと絞り逆さにして陰干しで乾かす。

最もこのブーツの愛用する理由は、その様な理由からでした。

他には価格の安さです。

実売6,000円~7,000円代で販売されています。

楽天 リアス リーフブーツ

Amazon リアス リーフブーツ
フィッシングブーツの滑る滑らない釣り場に関しては、リアスリーフブーツもスパイクブーツ以外に

フェルトピン仕様もありますが、滑る場所(特に冬の苔)ではどれを履いても滑るのが現実です。

しっかりと明るい時間に下見をした場所以外は行かないようにするのが最も転落事故に遭わない方法です!

スパイクやフェルトが付いているから大丈夫と過信しないよう気を付けましょう。





 

-ウェーディング装備
-