ウェーディング装備

釣り用ブーツ[Rearthリアス・ニューリーフブーツ]インプレ

投稿日:2016年7月2日 更新日:

サーフでの釣りに使用するブーツなどは

「浸水するとどうか?、砂が入って不快か?、重さ」を重要視しています。

 

先日購入した「リアス・ニューリーフブーツ」早速サーフで履いて来ました。

Rearth リアスニューリーフブーツを買ってみた

まずこれは磯ブーツでありサーフでの着用はメーカーとしては推奨しておりません。

「磯で最大限のポテンシャルを発揮」するものだと思います。

自分はサーフで履くために今後もオススメ出来るかどうか試して来ました。

ではいってみましょう。

 

あれ?水が浸入しない!リアス・ニューリーフブーツ

まず履きやすさは、サイドのジッパーが大きめでくるぶし当たりの位置まで開くので

非常に掃きやすく、暗闇でも容易に履けました。

ブーツを履いた状態はこんな感じ。

20160702_130641.jpg

By: Thefirstone

By: Thefirstone

By: Thefirstone

 

さて入水。

サーフでは朝一のマズメ時には近距離まで魚が入ってくることがある為に

膝位までウェーディングする時は、波が高くない「凪」の日と

陽が上がってからである。

少しずつ入水するがブーツ部のくるぶし辺りまで水中に入っても全く浸水してこない。

これには驚いた。ジッパー部まで水の中なのに浸水しない。

 

そして完全にブーツ部が水中にまで入るスネ辺りまで入水すると、浸水。

「キューっと」水圧で指の部分が押しつぶされる。

ブーツタイプのウェーダーで味わうあの感じです。

リアスニューリーフブーツ内にも浸水すると、さすがに重い。

 

ブーツの中は水で圧縮されたかのように締まり水が出て行かずに締め付けられる。

ネオプレーン部から少しは出ていくがそれでも重い。

今まで履いていた磯足袋は隙間から水も砂も入ってくるが隙間だらけなので

水はすぐに抜け重さを感じなかったので

「足に掛かる重みについては、今までとはマイナス面に。」

 

サーフでも抜群のグリップ力

サーフでの釣りでグリップ力の必要性を求める人は少ないと思いますが

これがスパイクがあるとないとでは全く違う!!

 

サーフは平面ばかりではなく、斜度が付いている部分からキャストしなければ

いけない時もありますが(急深サーフで斜度が付いているところが多い)

やはりスパイクが砂に食い込む分しっかりと地面をホールドしてくれるので

足に角度が付いていてもしっかりと地面に食い込み安定感を生み出す。

 

この点は磯足袋もリアスニューリーフブーツも同じでした。

 

砂の侵入・・・1粒も砂が入ってこない!!

磯足袋は購入から1年以上たつので疲労してきたこともあり

20160702_133749.jpg

あちこちから砂が侵入してくる状態に。 あまりにも酷い時には

水から上がり一度脱いで砂を出すほど。

しかし「リアスニューリーフブーツ」は砂が一粒も侵入無し。

ブーツ上部さえアンダーウェアで覆っていれば一切の砂の侵入は無い。

これも驚き。

 

ただマジックテープ部には砂が挟まっていたがはたくと簡単に取れました。

それと履くときは容易でしたが、脱ぐ時にはかなり圧迫されて締め付けられていたので

ブーツタイプのウェーダーを脱ぐ時のように力を入れて脱がないと簡単には脱げず

内部にたまっていた水がゴボゴボ出ました。

例えば沖磯へ泳いだりする場合は水抜けがあるブーツに軍配が上がる。

リアス ニューリーフブーツは脱ぐまで水は抜けません。

 

Rearth ニューリーフブーツをサーフで履いた感想

 

砂の侵入は全く無いし、何よりブーツが完全に水の中に入るまでは全く浸水しない!

この点が素晴らしいですね。

帰りにはいつも簡易シャワーかペットボトルで

磯足袋から砂を洗い流して帰宅してましたが

その手間も一切なし。パンパンと叩けば砂はブーツにほとんど残っていなく

帰ってから家の中が砂だらけになり家族に怒られることもない!

 

 

浸水してからの重さについては唯一のマイナス面だが、

磯足袋が軽すぎて先の部分が又割れしているのもあり

この点に関しても履き心地では磯足袋に勝てる物は無いのかと思います。

 

夏の釣りには水が侵入しても冷たく無く、重さが軽い磯足袋に軍配が上がるが

水温が下がってくる寒い時期には水に濡れても

ブーツ内から水が抜けない為に温まる

「Rearth(リアス)ニューリーフブーツ」をお勧めします!

  • 春、リアス・ニューリーフブーツ
  • 夏、磯足袋
  • 秋、リアス・ニューリーフブーツ
  • 真冬の厳寒期はブーツタイプウェーダー

サーフの釣りでのブーツ装備を変えていくのがベストだと感じました!!

 

ただ冬期間はブーツ内に侵入した水が抜けないので

温まり寒くはないが、冬、絶対に濡れたくない人には向かないですね。

ウエットスーツと同じ原理でスーツ内に水が溜まり抜けないから

体温で温まり寒くない原理ですが、風が吹けば話は別。

やはり外気温が寒い時は冷たいです!

 

リアス・ニューリーフブーツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Rearth/リアス】リーフブーツ(スパイクピン仕様) RED FFW-5100 ブーツ シューズ 靴
価格:7095円(税込、送料別) (2018/9/23時点)

 

楽天で購入

 

 

磯足袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸五 スパイク10枚2型 黒 地下足袋 スパイク足袋
価格:3780円(税込、送料別) (2018/9/23時点)

 

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ウェーディング装備
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.