ルアー

初心者こそ色んなルアーカラーを使うべき理由

投稿日:

釣具店やネットショップでルアーを見れば

色とりどりのルアーが並ぶ。

多くのメーカーが一つのルアーを発売すると

9色~15色の人が色を感じる物から

クリア・ボーン・ブラック・赤などの単色まで。

 

しかしSNSや釣りサイトで、このカラーが強いと聞くと

やはりそのカラーを購入してしまいたくなるのが

人間の心理。

そしてルアーケースを見てみたら・・・・・

いつの間にかピンクだらけだったり赤金カラーだらけ

なんてこともあるかもしれない。

それで釣果を出せていればそれはそれで良いでしょう。

 

「釣れるって聞いてたカラーだけど・・」

こんな事態に陥ってる方はここから重要です。




ルアーカラーの意味を考える

 

 

View this post on Instagram

 

Thefirstoneさん(@thefirstone111)がシェアした投稿 -


そもそもルアーカラーには当然意味がある。

人間から見たカラーになるが

  • ベイトにそっくりなカラー
  • ルアーサイズを小さく見せるカラー
  • 位置や動きを把握するための人に対しての視認性を上げるカラー

こんな感じでカラーは意味がある。

 

例えばルアー背面部と腹部にだけ

派手なカラーのルアー・・・・。

魚はどちらから捕食しますか?

多くの魚が下から上へ小魚を襲うし

上から下へ落ちてくる物を下から見ている。

 

じゃあ最も重要視するのは

背面に派手なカラーリングされた

ルアーではありませんよね?

腹部が魚からどう見えているのか?

腹部が同じ様なカラーばかり持っていては

同じ色を魚に見せていることに。

 

実際魚から何色に見えているかなど、会話出来ないのでは

分かる術もありませんが

背面が違うルアーカラーを使っても腹部が同じカラーでは

そもそも違うルアーカラーを

見せていることにすらならないですよね。

 

そして太平洋側と日本海では砂の色から水色まで

大きく違いがあります。

太平洋側で良い釣果が出るルアーカラーであっても

水色や地形の色が違うのであれば

魚は違った視認をしていることも考えられる。

その為に全国規模でテスターがいるのでしょうけど

やはりその土地土地に合った

魚から視認性の良いルアーカラーは違うので

○○地域で爆釣カラーを自分の地域で使用する前に

よく通う地域に合ったカラーを使う方が良い。

この話、実際に某メーカールアーテスターの方が強く話して居たことが

今でも自分の中で強烈に残っています。

 

カラーの話は本当に尽きない。

カラーなんてどうでも良いと思う方もいれば

このカラーでしか釣れなかったとその時の状況を話す方も

この話題は立証できない。

同じ時間に同じ人がカラーの違うルアーを使った状況が再現できない以上

机上の空論、なのかもしれないが

釣りの面白さはそれですからね。

ルアーボックスを開けたら

同じカラーばかりの方はぜひ、全く正反対のカラーを

購入してみると新しい発見や釣果が生まれるかも知れませんよ!




リール

2019/5/21

19ストラディック、ステラに近づいた下克上リール!

またシマノが驚くべき性能を持ったリールを登場させる! 『19ストラディック』 2015年 ストラディック 2016年 ストラディックCI4⁺ 2018年 ストラディックSW 大きく分けると3つのカテゴリーに分類されシマノリールエントリーモデルから 上のモデルへとランクUPしていく価格的にも手が届きやすく 使用している方も多い。 そのストラディックが新しくなり、ちょっとどころではない驚くべき性能を持って登場します!   ステラ・ヴァンキッシュに迫る、19ストラディックの性能 簡単に19ストラディッ ...

ReadMore

ルアー

2019/5/20

こんなルアーあったら良いな!「人工知能(AI)ルアー、可変する浮力」

人工知能、「AI」と呼ばれ家電から自動車産業まで 多くの資金が投資され研究開発されています。 人工知能(AI)の素晴らしい所は、 人が打ち込みプログラミングされたあらかじめ決められた行動しかできないことに対して AIは自ら学習して精度を高めていくことが出来、学習することでよりレベルを高めていくことが出来るのが 今までのロボットとの違いです。 昔、映画でありましたよね・・・ 未来で意志を持ったロボット達が人間に対して攻撃を始める。 人工知能の行く末を何十年も前に予見していた人達の発想は素晴らしいですね。 こ ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/5/20

釣具ランキング~2019/05/19

福井県内の漁港で親アオリイカが多く釣れ、 一部漁港はかなりの人で賑わいを見せていますね。 今年は、いや今年も沖では真鯛が好調で、青物も良し、 南の方の沖磯では大型のブリが良く釣れていて後は ショアの方から青物が釣れ始めてきたのでこれからといったところでしょうか! 今シーズンは4月に暖かい日が続いたせいもあり、 人の気持ちだけ先に春シーズンとなってしまい、魚より人が乱舞しましたが 魚の方はこれからに期待しましょう。   釣り具ランキング~2019/05/20 No.1 ブレイズアイ エヴォル―ツ1 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

-ルアー
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.