初心者こそ色んなルアーカラーを使うべき理由

釣具店やネットショップでルアーを見れば

色とりどりのルアーが並ぶ。

多くのメーカーが一つのルアーを発売すると

9色~15色の人が色を感じる物から

クリア・ボーン・ブラック・赤などの単色まで。

 

しかしSNSや釣りサイトで、このカラーが強いと聞くと

やはりそのカラーを購入してしまいたくなるのが

人間の心理。

そしてルアーケースを見てみたら・・・・・

いつの間にかピンクだらけだったり赤金カラーだらけ

なんてこともあるかもしれない。

それで釣果を出せていればそれはそれで良いでしょう。

 

「釣れるって聞いてたカラーだけど・・」

こんな事態に陥ってる方はここから重要です。




ルアーカラーの意味を考える

 

 

View this post on Instagram

 

Thefirstoneさん(@thefirstone111)がシェアした投稿 -


そもそもルアーカラーには当然意味がある。

人間から見たカラーになるが

  • ベイトにそっくりなカラー
  • ルアーサイズを小さく見せるカラー
  • 位置や動きを把握するための人に対しての視認性を上げるカラー

こんな感じでカラーは意味がある。

 

例えばルアー背面部と腹部にだけ

派手なカラーのルアー・・・・。

魚はどちらから捕食しますか?

多くの魚が下から上へ小魚を襲うし

上から下へ落ちてくる物を下から見ている。

 

じゃあ最も重要視するのは

背面に派手なカラーリングされた

ルアーではありませんよね?

腹部が魚からどう見えているのか?

腹部が同じ様なカラーばかり持っていては

同じ色を魚に見せていることに。

 

実際魚から何色に見えているかなど、会話出来ないのでは

分かる術もありませんが

背面が違うルアーカラーを使っても腹部が同じカラーでは

そもそも違うルアーカラーを

見せていることにすらならないですよね。

 

そして太平洋側と日本海では砂の色から水色まで

大きく違いがあります。

太平洋側で良い釣果が出るルアーカラーであっても

水色や地形の色が違うのであれば

魚は違った視認をしていることも考えられる。

その為に全国規模でテスターがいるのでしょうけど

やはりその土地土地に合った

魚から視認性の良いルアーカラーは違うので

○○地域で爆釣カラーを自分の地域で使用する前に

よく通う地域に合ったカラーを使う方が良い。

この話、実際に某メーカールアーテスターの方が強く話して居たことが

今でも自分の中で強烈に残っています。

 

カラーの話は本当に尽きない。

カラーなんてどうでも良いと思う方もいれば

このカラーでしか釣れなかったとその時の状況を話す方も

この話題は立証できない。

同じ時間に同じ人がカラーの違うルアーを使った状況が再現できない以上

机上の空論、なのかもしれないが

釣りの面白さはそれですからね。

ルアーボックスを開けたら

同じカラーばかりの方はぜひ、全く正反対のカラーを

購入してみると新しい発見や釣果が生まれるかも知れませんよ!




-ルアー
-