ルアー

初心者こそ色んなルアーカラーを使うべき理由

釣具店やネットショップでルアーを見れば

色とりどりのルアーが並ぶ。

多くのメーカーが一つのルアーを発売すると

9色~15色の人が色を感じる物から

クリア・ボーン・ブラック・赤などの単色まで。

 

しかしSNSや釣りサイトで、このカラーが強いと聞くと

やはりそのカラーを購入してしまいたくなるのが

人間の心理。

そしてルアーケースを見てみたら・・・・・

いつの間にかピンクだらけだったり赤金カラーだらけ

なんてこともあるかもしれない。

それで釣果を出せていればそれはそれで良いでしょう。

 

「釣れるって聞いてたカラーだけど・・」

こんな事態に陥ってる方はここから重要です。




ルアーカラーの意味を考える

 

 

View this post on Instagram

 

Thefirstoneさん(@thefirstone111)がシェアした投稿 -


そもそもルアーカラーには当然意味がある。

人間から見たカラーになるが

  • ベイトにそっくりなカラー
  • ルアーサイズを小さく見せるカラー
  • 位置や動きを把握するための人に対しての視認性を上げるカラー

こんな感じでカラーは意味がある。

 

例えばルアー背面部と腹部にだけ

派手なカラーのルアー・・・・。

魚はどちらから捕食しますか?

多くの魚が下から上へ小魚を襲うし

上から下へ落ちてくる物を下から見ている。

 

じゃあ最も重要視するのは

背面に派手なカラーリングされた

ルアーではありませんよね?

腹部が魚からどう見えているのか?

腹部が同じ様なカラーばかり持っていては

同じ色を魚に見せていることに。

 

実際魚から何色に見えているかなど、会話出来ないのでは

分かる術もありませんが

背面が違うルアーカラーを使っても腹部が同じカラーでは

そもそも違うルアーカラーを

見せていることにすらならないですよね。

 

そして太平洋側と日本海では砂の色から水色まで

大きく違いがあります。

太平洋側で良い釣果が出るルアーカラーであっても

水色や地形の色が違うのであれば

魚は違った視認をしていることも考えられる。

その為に全国規模でテスターがいるのでしょうけど

やはりその土地土地に合った

魚から視認性の良いルアーカラーは違うので

○○地域で爆釣カラーを自分の地域で使用する前に

よく通う地域に合ったカラーを使う方が良い。

この話、実際に某メーカールアーテスターの方が強く話して居たことが

今でも自分の中で強烈に残っています。

 

カラーの話は本当に尽きない。

カラーなんてどうでも良いと思う方もいれば

このカラーでしか釣れなかったとその時の状況を話す方も

この話題は立証できない。

同じ時間に同じ人がカラーの違うルアーを使った状況が再現できない以上

机上の空論、なのかもしれないが

釣りの面白さはそれですからね。

ルアーボックスを開けたら

同じカラーばかりの方はぜひ、全く正反対のカラーを

購入してみると新しい発見や釣果が生まれるかも知れませんよ!




釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-ルアー
-

© 2022 The firstone