ルアー

初心者こそ色んなルアーカラーを使うべき理由

投稿日:

釣具店やネットショップでルアーを見れば

色とりどりのルアーが並ぶ。

多くのメーカーが一つのルアーを発売すると

9色~15色の人が色を感じる物から

クリア・ボーン・ブラック・赤などの単色まで。

 

しかしSNSや釣りサイトで、このカラーが強いと聞くと

やはりそのカラーを購入してしまいたくなるのが

人間の心理。

そしてルアーケースを見てみたら・・・・・

いつの間にかピンクだらけだったり赤金カラーだらけ

なんてこともあるかもしれない。

それで釣果を出せていればそれはそれで良いでしょう。

 

「釣れるって聞いてたカラーだけど・・」

こんな事態に陥ってる方はここから重要です。




ルアーカラーの意味を考える

 

 

View this post on Instagram

 

Thefirstoneさん(@thefirstone111)がシェアした投稿 -


そもそもルアーカラーには当然意味がある。

人間から見たカラーになるが

  • ベイトにそっくりなカラー
  • ルアーサイズを小さく見せるカラー
  • 位置や動きを把握するための人に対しての視認性を上げるカラー

こんな感じでカラーは意味がある。

 

例えばルアー背面部と腹部にだけ

派手なカラーのルアー・・・・。

魚はどちらから捕食しますか?

多くの魚が下から上へ小魚を襲うし

上から下へ落ちてくる物を下から見ている。

 

じゃあ最も重要視するのは

背面に派手なカラーリングされた

ルアーではありませんよね?

腹部が魚からどう見えているのか?

腹部が同じ様なカラーばかり持っていては

同じ色を魚に見せていることに。

 

実際魚から何色に見えているかなど、会話出来ないのでは

分かる術もありませんが

背面が違うルアーカラーを使っても腹部が同じカラーでは

そもそも違うルアーカラーを

見せていることにすらならないですよね。

 

そして太平洋側と日本海では砂の色から水色まで

大きく違いがあります。

太平洋側で良い釣果が出るルアーカラーであっても

水色や地形の色が違うのであれば

魚は違った視認をしていることも考えられる。

その為に全国規模でテスターがいるのでしょうけど

やはりその土地土地に合った

魚から視認性の良いルアーカラーは違うので

○○地域で爆釣カラーを自分の地域で使用する前に

よく通う地域に合ったカラーを使う方が良い。

この話、実際に某メーカールアーテスターの方が強く話して居たことが

今でも自分の中で強烈に残っています。

 

カラーの話は本当に尽きない。

カラーなんてどうでも良いと思う方もいれば

このカラーでしか釣れなかったとその時の状況を話す方も

この話題は立証できない。

同じ時間に同じ人がカラーの違うルアーを使った状況が再現できない以上

机上の空論、なのかもしれないが

釣りの面白さはそれですからね。

ルアーボックスを開けたら

同じカラーばかりの方はぜひ、全く正反対のカラーを

購入してみると新しい発見や釣果が生まれるかも知れませんよ!




釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

潮汐

2019/8/8

釣りが上手くなる「釣れなかった条件を記録する」

釣行記を公開しなくても自分のために記録として残している方は釣りが上手くなると思う。 釣れた時の条件はもちろん、釣れなかった時の条件の方が 圧倒的に多く自分の経験として得ることが出来るから。   例として私のまとめた釣行データを公開しましょう! 釣れなかった条件をデータ化する 釣れなかった条件 釣り場 A 右から潮が流れていた 中潮 雨の日 満潮に向かう潮 釣り場 B 中潮 晴れが数日間続いた後 右から潮が流れていた 個人的なことですが、中潮の釣果が圧倒的に悪いです。 理由は未だにつかめていない。 ...

ReadMore

-ルアー
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.