ロッド

ショアジギングロッド、シマノ4つのコルトスナイパー

年間を通して多くの魚を狙うことが出来る

ショアジギング

ヒラマサ、ブリ、カンパチなど大型青物から、ヒラメやマゴチまで

磯、堤防、サーフからと多くのフィールドで多くの魚と楽しめます。

ショアジギング用ロッドとして、シマノからはグレードの違う4つのショアジギングロッド

コルトスナイパーが発売されています。

今回はショアジギングロッドの購入を考えている方向けに

シマノ・コルトスナイパーシリーズをご紹介しましょう。

 

コルトスナイパー4つのグレードの違い

コルトスナイパーモデルは4つが発売されています。

当然価格も大きく違います。

  • エクスチューン (51,000円~59,000円)
  • 無印(24,000円~29,000円)
  • SS(19,000円~22,000円)
  • BB(15,000円~19,000円)

※()内は2019年9月現在の実売価格

フラッグシップモデルのX TUNE(エクスチューン)モデルは別格として

残り3シリーズは悩ましい実売価格ですね。

 

コルトスナイパー基本性能

BBモデル

ハイパワーX

 

SSモデル

スパイラルX・ハイパワーX

 

 

まず実売価格が3,000円~4,000円の違いしかないBBとSSは

両者ともにキャスト時にブレが少なくルアー自重に負けないロッドブランクスへ

ハイパワーXが採用され、

SSモデルには更に3層のカーボンテープを巻いたスパイラルXが採用されています。

シマノH.P

これにより負荷が掛かった時により強いロッドパワーを発揮し

これが価格の違いで、

BBとSSで迷ったらSSを買いましょう!

 

 

 

無印モデル

スパイラルX・ハイパワーX・ci4⁺

 

コルトスナイパー無印モデルは(Mクラスのみ)だけ

リールシートにci4⁺が使われ他の機能はコルトスナイパーSSモデルと変わらない。

同調子で比較するとSSモデルの方が平均30g程度軽く、

これが3年間のテクノロジーの進化と言えるでしょう。

SSモデルの方が価格的には5,000円~7,000円安いがSSモデルで十分!

無印モデルには他のモデルには無い3ピースモデルが3種あり、

沖磯渡船やハードな磯歩きをする方にはコンパクトな3ピースモデルはおススメですね!

 

 

 

他のモデルを突き放すコルトスナイパーエクスチューン(XTUNE)

コルトスナイパーシリーズのフラッグシップモデル

『コルトスナイパーエクスチューン(X TUNE)』

スパイラルXコア・ハイパワーX・ナノピッチ・スクリューロックジョイント

まずスパイラルXのネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを実現した

スパイラルXコアを採用。

当然多くのフラッグシップモデルに使われるナノアロイ®カーボンテープで高強度化。

ナノピッチはより細かく、正確に均一な圧力で締め上げられたブランクスは

真円度が高くなり高度強化につながる。

そしてロッドジョイント部の

スッポ抜けや外れなくなることを防止するスクリューロックジョイントと

痒い所にも手が届くショアジギング最高の1本となっています!

全モデルと比べても手元側でより曲がり、ただ硬いだけの高反発ロッドとは違う

しなやかさやネバリを持つロッドに!

強度は強くなり、キャスト時の飛距離ロスになる「ブレやねじれ」などを

スパイラルXコアなどの機能性が補う形となっているわけですね。

常識的な使い方における強度の面では、

「コルトスナイパーシリーズ」最強の強度で大型魚を狙う上での安心感に大きく繋がります。

エクスチューン(X TUNE)モデルにはPS(プラッキングスペシャル)モデルがあり

メタルジグを使わず、トップウォータープラグメインの方に入力がし易く

バイト時の食い込みが良くなるロッドとしておススメです。

 

価格は高いですが、ショアジギング大型魚用として発売されている他メーカーのロッドは

受注生産や釣具店などに在庫が無い場合もあるが

シマノ・コルトスナイパーエクスチューン(X TUNE)は割とどの釣具店にも置かれているし

手にし易いロッドであるということもオススメ出来る要因だったりします。

フラッグシップモデルじゃなければ釣れなかった魚はいないが、

フラッグシップモデルで釣り上げた大物として記憶と自己満足に酔いしれることが出来る

1本の至高のロッドだと思います。

 

割とこのショアジギングカテゴリー・・・

マニアックなロッドを使いたがる人も居ますが

メンテナンスのことなども考えると、どこでも扱いのあるシマノは

色々と利便性も良いですから。

 

シマノ コルトスナイパー X TUNE
 

 

釣具ランキング

2021/1/27

釣具ランキング~2021/01/27

2021釣りフェスティバルが終了しました。 運営側もオンライン開催は不本意だったにしても 中身はひどい内容でしたね。 商品説明ページは「詳しくはメーカー公式ホームページへ」で リンクを飛ばすだけで、 今どきホームページを持たない釣具メーカーは無いと思いますが もっとやり方はあったはず。 ”2022年は横浜幕張メッセで開催します!”と番組終盤で話していましたが どうなることやらですね。   それにしてもシマノツインパワーSWの人気がすごい! 4~6万円台でステラと同等の機能性を使えるということで ...

ReadMore

リール

2021/1/24

2021シマノNEW釣具ラインナップ紹介!

2021年シマノから発売される釣具が公開されました。 いろんな思いや意見もありますが、個人的に思うことは・・・ 「釣具の進化はすごいスピードで進んでいる」です。 今回発表された製品は 1~2年前に発売されている機能性を搭載しているものばかりではありますが 価格面を含めた”進化”です。 5万円も出せば、シマノリールの最高峰の機能を持ったリールが使えるわけですよ! 2021ツインパワーSW 予約 デザインや所有欲を満たすためには、ステラSW。 サブリールや、一つのリールにそこまで価格を出せない方にはツインパワ ...

ReadMore

その他

2021/1/22

『Instagram』メーカー公式、偽アカウントにご注意を!

大手ブランド・メーカーから個人メーカーまで 規模を問わずにアカウントを開設しているInstagram。 国内だけの月間アクティブアカウント数が3300万アカウントを超え 人が集まるところ詐欺や犯罪を狙っている者も多く集まります。   そのInstagramでメーカー公式アカウントのような 「なりすましアカウント」を作り、フォロワーに リンクが貼られているメッセージを送りつけるアカウントが続出しています。 大手釣り具メーカー「シマノ」アカウントも なりすましアカウントにご注意を!のメッセージを公開 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/1/18

釣具ランキング~2021/01/19

今週末は釣り人にとっては一大イベントの 「2021釣りフェスティバル」が開催されます。 未だに「ジャパンフィッシングショー」と書いてしまいそうですが イベント名が変更になっても、あまりやる事は変わらないなと思っていたところでの 2021年はオンラインイベントに。 イベントページを見ると、プロアングラーのステージトークショーは良いが なにかイマイチよく分からない。 当然各メーカーの新製品紹介は観ますが、ほかに興味をそそるものがない。 それよりも、有名アングラー達は自分達のYouTubeチャンネルで何やらライ ...

ReadMore

リール

2021/1/22

2021ツインパワーSW(SHIMANO 21 TWIN POWER SW)登場!

2021ツインパワーSW最新情報 遂に公開されました! 2019年・2020年発売されたステラSWと比べ特別新たな機能性は無いが、 デザインカラーは 旧モデルやステラSWと同系色かと思っていましたが、大きく変わりました。 ステラSWと比べるのもどうかとは思うが、 ゴールドメインのカラーから、シルバーベースに大きく変わり 昨年発売のノーマルツインパワーはゴールドベースでどちらかというと ステラSWそっくりだったことがシマノ社内では不評だったのでしょうか?   2021ツインパワーSW機能 今さら説 ...

ReadMore

-ロッド
-, , ,

© 2021 The firstone