ルアー

シマノ2019秋シーズンNEWラインナップ!

2019年9月25日

シマノから2019秋シーズンモデルに発売の製品が多く出揃いました!

全く新しいモデルもあればリメイクされたりダウンサイジングされた製品もあり

盛りだくさんの中からルアーを中心にご紹介していきましょう。

 

シマノ2019秋ルアー新製品

青物用ルアー、サーフヒラメ用ルアー、オフショア用ルアーと

製品ラインナップも充実し使いたくなるようなルアーが多く発売されます。




 

ウイングビーム80HSのスペックや飛距離は?

まずは何といっても注目度、販売数も爆発的にヒットした

スピンビームの兄弟版!

『ウイングビーム80HS』

楽天 シマノ ウイングビーム80HS

[ウイングビームスペック]

サイズ:85㎜

自重:35g

本体価格:1650円

フックサイズ:#4×2

スピンビームよりは大きく、しかし最もベイトサイズに合う90mm に近いサイズと

どのシーズンでもどんなベイトにでも対応できるオーソドックスなサイズ。

自重に関しては、シーバスMLロッドでなんとかキャスト出来る35gですが

昨今のサーフロッドの強さであれば最も飛距離を出せる自重です。

 

ウイングビーム飛距離は?

公式で公開されている飛距離は安定の約100m!

今や、飛ばなきゃお話にならないを超える飛距離が出ますが

実際は強風が吹く中などの悪条件の中、どれだけ飛ぶか?

固定重心なので自重分、PEラインが受ける風の影響を除けばしっかり飛びますね。

 

ウイングビーム80HSはシンペン?ジグミノー?

スイム動画が公開されていますが、ジグミノーの様な飛ぶけど大人しい泳ぎとは違い

派手に暴れるようなウォブンロール!

ウイングビーム80HSの特徴的なトサカ?のような形状にあり

これによってスローリトリーブでもしっかりとアクションしレンジキープも

巻いている本人の意図したレンジを泳がせることが出来る。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便対応】シマノ 熱砂 ウイングビーム 80HS XG-880S【001】狂鱗イワシ
価格:1426円(税込、送料別) (2019/9/25時点)

楽天で購入

 

楽天最安値 ウイングビーム80HS

ウイングビーム・カラーは全10色、(キョウリンカラー3色、グローカラー1色)

既に発売と同時に爆売れし、在庫は殆どなくなっているお店も多い!

 

ヒラメミノーSR 150F/150Sのスペックや飛距離は?

次に紹介するのもサーフから対ヒラメ用ルアーとして発売される

『ヒラメミノーSR 150F/150S』

こちらはヒラメミノーⅢのシャローランナーとして登場します。

ヒラメミノーⅢは125㎜、対してヒラメミノー150SRはサーフルアーとしては

かなり大きなサイズです。

[ヒラメミノーSR 150F/150Sスペック]

サイズ:150㎜

自重:F(フローティング)/27g  S(シンキング)/30g

本体価格:2,200円

フックサイズ#4×3

 

さしあたって新しい機能性はありませんが、

秋シーズンコノシロやマイワシなどを捕食しているヒラメを狙う際、

シマノ公式ではシャロー帯を狙えるビックミノーとしての販売だそうですが

なんといってもこのサイズは飛ばないルアーが多い中、

平均70mの飛距離を出すが、室内無風状態でのテストなので

当然風の強い日は40~50mまで飛距離は落ちるでしょう。

それでも風がありこのサイズのミノーで50mも飛べば上々であり、

飛距離減退よりも、サイズと泳ぎのアピール力でベイトが接岸しているときに

大きな武器となりそうですね。

カラーは全10色(キョウリンカラー3色・グローカラー1色)

※2019年10月発売予定

 

コルトスナイパーアオモノキャッチャーのスペックや飛距離は?

コルトスナイパーオリジナルボディから

廉価版のような形で登場したのが

『コルトスナイパーアオモノキャッチャー』

これはかなりオススメというか、大手メーカーとして素晴らしいと思う。

価格を安く、性能は落とさずにしかもフック付きでこの価格!

[コルトスナイパー アオモノキャッチャー スペック]

サイズ

71mm /78mm /85mm /91mm

自重

28g /35g /42g /60g

カラーは全10色で全てキョウリンカラー(フルグロー1色)

本体価格

750円/ 780円 /810円 /850円

フックサイズ:オリジナルツインフック#1/0

安い・・・フック付きでこの価格!

更にサイズも豊富で、

水深・潮の速さや自分のタックルバランスで選択肢が4種類もあるのは

かなり嬉しい!

楽天最安値 シマノ アオモノキャッチャー

 

 

2019秋シーズンもシマノラインナップは豊富!

サーフへヒラメ狙いの方には、

「ウイングビーム80HS」

磯や堤防へ青物狙いで行かれる方には

「アオモノキャッチャー」がオススメですというか、

ウイングビーム80HSは圧倒的な飛距離で、飛距離を出せるルアーは多いが

その分アクションが犠牲になりスイムがイマイチ物足りない製品が多かったが

スイムも飛距離もやっと満足の行くルアーが登場したとの感想です。

そしてかなりの安さで登場する

アオモノキャッチャーの各サイズはフック付きで

初めてショアジギングを楽しむ方にもおススメとして紹介出来ますね。

 

秋シーズンもシマノルアーで多くの魚達と出会いたいと思います!




ルアー

2020/2/22

ルアーカラーおススメなのは本当はあの色!

今までこのサイトの中でもルアーカラーに関しては多くの事をご紹介し 自分でも実践し、研究結果として公表されていることなどもお伝えしてきました。 当サイト内でもルアーカラーの記事は44件。 TFO1.COM ルアーカラー記事   ルアーカラーなんて関係ない。 その一言は色んな意味を含んでいて、 ルアーは巻いて動かすのだから色に反応するのではない、波動に反応する。 こう考えれば説明が付く。 アピールカラーと呼ばれる色は動いていない状況でも人の目には派手さでアピールする。 魚にはどうなのだろうか? &n ...

ReadMore

その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/17

釣具ランキング~2020/02/17

福井県内の河川でサクラマスが不調なのはどうしてなのでしょう? 県外のSNS仲間から、「今年、九頭竜行こうか迷ってるんだけどどうですか?」と メッセージ頂いたりもしますが、 「この時期に入っても、サーフや河口周辺でよくシーバスが釣れてます。 シーバスが釣れなくなったら遡上が始まるのかどうかは分かりませんが、 どう考えてもこの時期にシーバスがイワシを追いかけて良く釣れるなんて 異常としか思えないので、シーバスが沖に落ちていくタイミングでどうですか?」と 答えておきました。 それとあまり公開されないけど、サーフ ...

ReadMore

ウェーディング装備

2020/2/17

フルマラソンで2時間を切りを達成したあの「ナイキ アルファフライ」シューズは釣りに使えるのか?

道具の進化は我々の想像を超えている。 釣具も、年々大きな魚のサイズが過去に釣り上げられたタックルよりも 軽く、小さなタックルで釣り上げられるような時代へと変化している。 釣りのような対魚、を相手にする不確定要素が多く含まれる強さは 同じタックルで同じ魚と比較は難しいが、 スポーツの中でもタイム(時間)が競われ計測されている様な競技には道具の進化は時に議論の的になる。   その道具の進化で話題となったのが 東京オリンピック代表選手の4人のうち3人が履いていた ピンク色の厚底シューズ「ナイキ ズーム ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.