魚の生態

イカの精子にご注意を!

今回の記事は素人が間違った処理をしない為の

記事であり、イカを食べる事に関して

警告するものではありませんので勘違いされない様に。

 

そして面白おかしく、

「イカにレイプされて妊娠!女性が・・・」と

おふざけ記事も多く見られますが

しっかりと調理されたイカであれば問題無いし、

この様な口の中でイカの精子が受精したイカの卵巣を

生食するような事態はあるかも知れない。

 

イカはさばくのが比較的簡単との事もあり、

個人で釣れたイカや貰ったイカをさばく方が多い。

アニサキスが話題となりましたが、生食を避け

しっかりとした調理法をすれば問題ありません。

間違ったアニサキス予防 

 

 

イカの精莢が口の中に突き刺さる!!

 

精莢・・・イカの精子が入っている精子嚢

イカの内臓の一つに精子が入っている

莢と書いて精莢と呼ばれる生殖器があります。

これはイカが交尾する際にこの精莢を

メスの体内で刺すようにして交尾しますが、この精莢を

生食で食べてしまうと

クラゲに刺されたようなピリピリ・チクチク感を発症し

先端は矢じりの様な形になっているので

簡単に抜けず、病院で処置してもらう事に。

 

イカの種類によって、形・大きさが異なりますが

1匹で約100個程度、封入されているそうです。

 

スルメイカの口腔内刺傷の1例

 

この部位を間違っても生食で食べない様にしましょう。

ネットで検索すると「精子が人を食べる」など

オーバーなタイトルが付けられていますが、

イカの生殖行為の進化で精子をミサイルの様に

放出しますが雌の体内に精莢を受け渡し

体内で精子が放出する役割を担ってます。

 

もしも間違って食べてしまっても

口腔外科で取り除いてもらう事が出来ます!

基本的に外食レストランなどのお店では

下処理で取り除かれており全く問題無いし、

アニサキスも同じですが、危ないのは

 

素人が調理、生食してこのような事例となる事であり、

 

まず生で内臓を食べない事です。

医学界の報告でも掲載されていますが

精莢には自動性があり

精子囊を射出する機能はイカの死後も

一定時間保たれている。

さらに精莢の発射装置には

食塩処理や湯通しに耐えるとされ

包丁などの調理器具に付着した精莢によっても

刺創を引き起こす可能性がある 。

冷凍保存されたイカの精莢は射出能を失うとされており、

これまでに冷凍イカの精莢による刺創の報告例はない。

生イカの精莢による口腔粘膜の刺創の1例

 

 

イカの下処理をしっかりとすれば

精莢が口の中で刺さる事もありませんし

素人がイカを調理する時は、冷凍してからが一番です。

間違っても知識のない者が生食しない

ことが安心した食生活を送る為でもあり、

今回のこの記事で

「知ってたよ」と言う人もあれば

「初めて知った」と言う人も居ると思いますが

知識として知っておくことは大事だと思い記事にしました。

 

 

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2022 The firstone