釣りに使える便利グッズ

サングラスくもり止め方法はこれが一番効果的!

夏はフェイスマスク、冬はネックウォーマー

どちらも釣りに欠かせないアイテムなのだが

口を覆うこの2つには弱点が一つある。

 

 

サングラスが曇る!

 

普段メガネをかけていてマスクをしたことがある方は

分かると思うが、レンズが曇ると何も見えず不快感。

メガネやサングラスをしている時に曇るのを防止する方法を

ご紹介します!

 

どんな方法よりも曇るのを防ぐにはくもり止めを塗るのが効く!

 

夏の釣り中、フェイスマスクを2種類使用していました。

一つは口元がゆったりするタイプ。

このタイプは息が抜ける部分があるのでそれほど曇らない。

強い陽射しから肌を守るフェイスマスク

 

もう一つはブルーブルーのピッタリとしたフェイスマスクだが

これがサングラスが曇る。

 

息をした時の空気の逃げ場が無い為に

朝マズメなど少し気温が下がっている時間によく曇るので

フェイスマスクを外してしまったり・・・・。

これは困ったと思い色々試したが、結局は

サングラス・メガネくもり止めを塗るのがベスト!! 




サングラスくもり止め使い方

 

私が使っているのはTALEXレンズの偏向サングラスですが

TALEXに問い合わせた所、

「市販の曇り止め液を使用しても問題ない」と回答をいただきました。

使用している曇り止め液はスプレータイプの

『パール シー ジェット』

 

 

サングラス曇り止め『パール シー ジェット』使い方

 

  • レンズに向けて1秒~1.5秒ほど「シュッ」と丸を描く感じにスプレーする
  • 30秒~1分ほど乾かす
  • レンズを軽く拭きます
  • 表、裏両面に使用する

(説明書にも書いてあるが超極細繊維のクロスを使用してしまうと

綺麗に拭き取り過ぎてしまう為使わない事!)

 

 

沢山掛け過ぎると、乾かないしボケたり滲んでしまいます。

レンズを拭く際は柔らかい布で軽く仕上げる感じ。

 

※ここからが重要

メガネ・サングラスくもり止めは

レンズが透き通ってなければ嫌だ!

こんな人には向きません。

あまり拭き過ぎると効果時間が短くなるデメリットがあります。

 

逆に拭き方が足りないと油膜を貼った様な滲んだ感じがして

視界がうっとおしく成ったりもします。

 

しかし慣れてしまえば効果絶大!!

フェイスマスク、ネックウォーマー付けた状況でも

サングラスはくもらない。

 

効果が薄れてくると少し水滴が付いたりもしますが

外に居る間はあまりそういったことにはなりませんのでご安心を。

(バイクでフルフェイスヘルメットを被る様な熱が籠る状況で使用すると

水滴が付いたりします。)

 

眼鏡屋さんに聞きましたが

実はサングラス曇り防止剤は液体、ジェル、スプレー

ほとんど同じ成分です。

  • スプレーは回数を多く使える
  • ジェルは飛び散らない
  • 液体も飛び散らない

使用環境で選べばよいと思います。

 

自分は釣りから帰ってサングラスを水洗いしますが

拭いて片付ける際に「パール シー ジェット」を使っています。

使用する際はレンズが汚れていたりすると効果が出ないので

綺麗な状態で使用してくださいね!

 

釣り場ではもちろん、メガネをかけている方がマスクをしたり

メガネ・サングラスが曇ってしまう煩わしさは相当不快ですよね。

しかしメガネ・サングラスくもり止めを使う事で

解消されてしっかりとした視界をキープできる簡単な方法でした!

困っている方はぜひ使用してみてください。

 

※お使いのサングラス・メガネ等

使用しても問題ないか使用前に注意書きはチェックしてくださいね。

 

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

未分類

2020/7/14

釣り人が教える熱中症対策!

梅雨が明ければ、釣り場には灼熱の地獄が訪れます。 照り付ける日差しからはどこにも逃げ場がなく、 釣り場で熱中症になったら、車が近くにでもない限りかなり危険な状況になります。 軽い熱中症になった経験と、目の前で熱中症になった人を見たことがあるので その時の状況などをお伝えします。   目の前で熱中症になった人。日陰でも熱中症になる! 目の前で知り合いが熱中症になった ある知り合いの設備屋さんに知人宅のお風呂をリフォームする仕事をお願いしました。 その日は湿気が多く、照り付ける太陽というより、蒸し蒸 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/13

釣具ランキング~2020/07/13

今週で一番嫌な時期、梅雨が終わりそう。 海にとって、雨はとても大事で山から栄養分が川に流れだし 海に流れ着き、小さなプランクトンが発生しその後は弱肉強食の世界。 近年の大雨による河川の氾濫は度が過ぎる人の力ではどうしようもない現状ですが、 毎年のように日本のどこかで浸水被害が出て、 堤防技術や河川工学が発展しているはずなのになぜ?と疑問を持たなければいけないのでは? 日本は昔から川の氾濫が頻繁に起きている歴史がありますが、 山の近くに住めば、土砂崩れ・土石流。 川の近くに住めば、浸水。 海の近くに住めば、 ...

ReadMore

釣行記

2020/7/11

ヒラマサとのファイトで完敗!

2020/07/11  12:00~16:30 中潮 風:強い 波:0.5m   明け方は海に行ったが暴風雨で釣り場に到着するもUターン。 こんな時は家で酒でも飲んで寝てた方が幸せになれる。   で、再度お昼頃に海へ。 雨が降りそうで降らない、風も強くなったり弱くなったりで 波は細かい風波が立っていた。 到着早々、19㎝ダイビングペンシルに「ガツン!」とバイトが乗らない。 今日はこのサイズで通してみようと思い30分後くらいに ルアーが水面に浮きあがる直前、横から緑と黄色のあいつがすごい ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/6

釣具ランキング~2020/07/06

福井県の磯全体に青物が本格接岸。 面白いシーズンが始まりました! 磯に通う本命はヒラマサなんだろうけど、それは魚を選べないので 仕方ないかもしれないが、青物の群れには必ずヒラマサも混じってるので 夏本番に向けてデカマサを狙いたいですね! 今年は数は要らないから、一匹ドカンと7~8㎏のヒラマサをと・・・・ 毎年そう思ってますが・・。   釣具ランキング~2020/07/06 No.1 防水バック   No.2 シマノ ネッサ ウイングビーム   No.3 ゼスタ ハードスプリッ ...

ReadMore

釣行記

2020/7/5

[釣行記]トップ青物祭り!

2020/07/05  4:30~09:00 大潮 風:微風 波:0.5m 前回の釣行時、実は青物のバイトがありルアーが弾かれた。 コロナ自粛以降、魚から初めてのバイトらしいバイトで、取りあえず時間だけ記憶していた。 海に到着すると、魚くさい。 これは釣れたも同然。過去この魚のにおいがして釣れなかったことはほとんどないくらい、 第6感なのか、何なのかは分からないが釣れる。 前回のバイトがあった時間に集中する。 空からは細かい雨が落ちてきた。   ドン!水柱が上がる。 久し振りの魚とのファイトと、 ...

ReadMore

-釣りに使える便利グッズ
-,

© 2020 The firstone