超撥水が未来の釣り具を変えるかも!?

「NIMS(物質・材料研究機構)」と呼ばれる国立研究法人をご存知ですか?

近年、持続可能な成長に向けた環境・エネルギー・資源問題への対応が、

全世界における大きな課題となっています。

NIMSではこの課題解決に向け、これまでに培った先端的な共通技術や、

無機、有機の垣根を越えて発現する、ナノサイズ特有の物質特性等を利用して、

再生可能エネルギーの利用を促進するための新材料、省エネルギーに資する新材料、

環境負荷の低い新材料、希少元素の減量・代替・循環のための新材料に関する研究をプロジェクトとして進めています。

https://www.nims.go.jp/index.html

新しい技術を研究開発を行う公的機関です。

ここでは驚くようなテクノロジーが公開されている。

見てもらった方が早いでしょう。

 

超撥水材料とは?




これは近い将来、釣り道具に採用される日も近いのではないでしょうか?

ロッドに塗れば潮気も付かず洗う必要も無くなる。

(ダイワ製インターラインロッド用スプレーはある)

ダイワ(Daiwa) 超撥水ドライスプレー 04920333
リールに用いれば、浸水など一切関係ない。

(シマノ特殊撥水グリスはある)

 
【シマノ純正】 特殊撥水グリス - DG18 - ※送料無料※
 

超撥水にどの程度の継続効果があるのか分かりませんが、1年程度持つのであれば

リール購入後、「超撥水加工しますか?」メンテナンス後「超撥水加工しますか?」当然別料金になるだろうが

多くの方がそれなりの価格であれば加工することになるでしょう!

他にも、ウェアー、ウエットスーツ、グローブ、ブーツetc・・・・

釣りに関する物は全て超撥水で大きく変わりますね!

 

既に多くの超撥水と呼ばれる製品はありますが、効果時間の問題や全ての素材に効果はない等

まだまだ一部にしか使われない技術ですが、

それでも数十年前のシンナー臭いだけですぐに効果が無くなる防水スプレーに比べれば

今販売されている撥水スプレーはまだマシですね。

[コロンブス] columbus AMEDAS アメダス(2000) 防水スプレー 420ml

もう既に釣具の進化はほぼ完全体となって進化しないという人も居るが

超撥水の様な新しい物質が広く使われ、より便利により安く登場することを期待したいと思います!

 

 




-その他
-, ,