波、地形

サーフでポイント探し「見るのは海じゃなくて足元を!」

投稿日:2016年7月13日 更新日:

離岸流を攻めろ、沖に出る払い出しを攻めろ、

ヨブを攻めろ、波が立つその先を攻めろ

広大なサーフで何処を攻めるか?

よくある「まとめサイト」には必ずそう書いてあります。

 

勿論、まずサーフについて潮目は出てないか、

波は何処から高くなってくるか等・・

海を見るのは間違いないですが・・・・・

surf (1280x720)

(赤く囲んだ部分は波が押し寄せていた跡)




もっと面白いのが足元をよく観てください。

または足元より陸地側。

高波の時に運んできたアオサや藻が一箇所に固まって落ちている場所ありませんか?

実は迷った時にいつも話をさせてもらう釣歴が長い人の言葉です。

「凪の日なんて海の何処見ても何にも分かることなんてないよ、

海見てるくらいなら

足元にアオサや海藻が落ちてる所を狙いなさい」 と!

沈み根ですよね!

aosa

アオサWIKIより

 

日本海側サーフでは大きく地形の位置が変わることは少なく

年がら年中、

大きな離岸流が出るとこは基本同じ。

海が大荒れしなければ沈み根の位置もそう変わらないと聞いたので、

足元をよく見てアオサ等が落ちてるところで

よく釣果が出ます!

 

マゴチもアオリイカもヒラメも、

サーフに着く魚は地形変化は勿論ですが

いつも足元に海藻が落ちてる場所はないか?を

調べるのがより釣果に結びついたりしますよ。

 

サーフにナイト釣行行かれる方も、

海にライト向けれないと思うので足元を照らして

ポイント選択するのも面白いですね!

通わないと中々分からないと思いますけど。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/7/22

釣具ランキング~2019/07/22

最近、釣り場で幽霊が出るとかお化けが出るとかさっぱり聞かなくなった。 目に見えない物はあまり怖いとか思ったりしないけど 誰もいないのに声が聞こえたり、何となくそんな”気”がしたりって事はあったけど 大人になって年を取るとそんな気を感じることも弱くなっていくのかもしれない。   いや、そんなことない。 今でも釣れる時は魚の匂いがかなりの確率で匂ったり、 何なのか分からないけど、目に見えない物を感じる事は多い。 子供達は夏休みが始まったころかな。 今年の夏は雨が多くて梅雨が長かったけどそろそろ、梅雨 ...

ReadMore

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

-波、地形
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.