波、地形

サーフでポイント探し「見るのは海じゃなくて足元を!」

離岸流を攻めろ、沖に出る払い出しを攻めろ、

ヨブを攻めろ、波が立つその先を攻めろ

広大なサーフで何処を攻めるか?

よくある「まとめサイト」には必ずそう書いてあります。

 

勿論、まずサーフについて潮目は出てないか、

波は何処から高くなってくるか等・・

海を見るのは間違いないですが・・・・・

surf (1280x720)

(赤く囲んだ部分は波が押し寄せていた跡)




もっと面白いのが足元をよく観てください。

または足元より陸地側。

高波の時に運んできたアオサや藻が一箇所に固まって落ちている場所ありませんか?

実は迷った時にいつも話をさせてもらう釣歴が長い人の言葉です。

「凪の日なんて海の何処見ても何にも分かることなんてないよ、

海見てるくらいなら

足元にアオサや海藻が落ちてる所を狙いなさい」 と!

沈み根ですよね!

aosa

アオサWIKIより

 

日本海側サーフでは大きく地形の位置が変わることは少なく

年がら年中、

大きな離岸流が出るとこは基本同じ。

海が大荒れしなければ沈み根の位置もそう変わらないと聞いたので、

足元をよく見てアオサ等が落ちてるところで

よく釣果が出ます!

 

マゴチもアオリイカもヒラメも、

サーフに着く魚は地形変化は勿論ですが

いつも足元に海藻が落ちてる場所はないか?を

調べるのがより釣果に結びついたりしますよ。

 

サーフにナイト釣行行かれる方も、

海にライト向けれないと思うので足元を照らして

ポイント選択するのも面白いですね!

通わないと中々分からないと思いますけど。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

その他

2021/2/26

「MOFT X」全世界で大ヒットしたスマホスタンド使ってみた!

クラウドファンディングで17,000人超えと、記録的な支援者を獲得した 多機能スマホスタンド「MOFT X」 現在ではスマートフォンだけに留まらず、 タブレットスタンド、PCスタンドなど多くの関連製品も登場しています。   【期間限定値下げ】 ノートパソコンスタンド Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC MOFT PCスタンド 軽量 MacBook テレワーク デスク 薄型 ms001 価格:2180円(税込、送料無料) (2021/2/26時点) ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

PEライン

2021/2/4

「クレハ シーガーPE X8」低価格PEラインを使ってみた!

釣具の中では最も交換頻度が高い部類に入る「PEライン」 太古の時代、海の中に入って漁をすることから 海に入らず岸から濡れないで漁をするよう 手法が変化してきたと言われる「釣り」 糸さえあれば遠くの魚を釣り上げることも出来るし、 より深い位置にいる魚の近くへ餌を投入することもできる。   現在釣りの種類によってはフロロカーボンやナイロンをメインラインにする釣りもあるが ソルトルアーフィッシングに関してはメインラインはPEライン一択。 ここで悩みどころです。 PEライン一択としても同じライン号数で ...

ReadMore

-波、地形
-, ,

© 2021 The firstone