あの2人がブツ持ち画像について語るよ!『カメラ講座』

釣りに行って、綺麗な空を見たり

海と空と他の何でも良いが魚や、船、雲、砂・・・・

一眼レフを持って釣りが出来たらなぁ~と思う。

 

もちろん釣り中に一眼レフカメラなど非現実的で

故障覚悟で持ち歩く人はいるかも知れないが

現実的にはとても釣りに一眼レフカメラは持ち込めない。

 

そこで楽しみなのは人が釣った魚の画像を

「いい感じで撮るなぁ」と感心したりしますが

インスタグラム・Facebookを見ていても

カッコイイ印象の魚よりも

記憶に残る画像を撮る人が

 

APIAプロダクトディレクター

『松尾 道洋』氏

 




松尾氏のFacebookにUPされている魚の画像は必見!

流石写真が好きな人はありきたりな魚の画像は撮らない。

Facebookで松尾氏は全体公開設定されていないので

画像は掲載しませんが、

水も魚も、生きている「動」を感じる

撮影されてます。

 

釣り場では一眼レフではなく、コンデジで撮影していると

動画内で見ましたが更にレタッチしてるそうですね。

やはり写真好きな人は自分のこだわりが人に感動を与える。

 

スマートフォンカメラ機能は恐ろしい位の進化をしている。

防水ケースに入れておけば濡れても問題ないし

ケースに入れたままでも問題無い位の画質で撮れます。

 
スマートフォン防水ケース
 

 

ぜひ釣れた魚をただ撮影するだけでは無く、

10年後に見ても思いが蘇る様な素晴らしい画像を

皆さんにも撮って欲しいと思います!

 


 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-カメラ
-