キャッチ&リリースorキャッチ&イート?

2016/10/16

自分はキャッチ&リリースを心掛けているわけでもなく

別に釣れた魚を食べたいと思ったことが一度も無いので

釣れた時に周りに欲しいという人が居なければ

リリースしてます。

キャッチ&イートを否定もしないし

人が釣った魚の権利は人の物として、釣り上げた後

足で蹴ったり、放置したりは良くないと思うが

レギュレーションが無いフィールドでは個人の自由だと思う。

しかしこういうニュースを見ると、釣る楽しみとしては

キャッチ&リリースをするからこそなのかな~と思いますね。

メーターオーバーのアカメ全長121cm・3回目の再捕!

またまた日本記録のアカメ24.30kgが3回も再捕!

今年のアカメフィーバーで良い思い出を作れた方がたくさんいますが

キャッチ&リリースが功を成した良い例と言えるでしょうね!




しかし自分も経験してますが

釣れた魚を蘇生してリリースしたつもりが、波に再度打ち上げられ

動画に映っていたことを指摘されたことがありました。

その場では元気に泳いだのを確認してリリースしたのですが、

体力が無かったのか、大きな波と一緒に再度打ち上げられてしまった。

そんな時は、持ち帰り自分は食べなかったが近所の人にもらって頂いたり。

よく話題になる、小さすぎる新子アオリイカや、

40㎝に届かないサイズのソゲと呼ばれるヒラメなど、

持ち帰る人も多く見るが、

持ち帰る人はあまり普段その様な魚種を釣ったことが無いから

尚更持ち帰っているのだと思う。

毎回釣れるのに小さなサイズを持ち帰ってる人は

あまり見たことが無い。

それが善であれ悪であったとしても。

結局は個人の自由で、食べる分だけを持ち帰り

粗末にせず「いただきます!」で美味しく食べてあげれば

キャッチ&リリースorキャッチ&イート

どちらでも良いとは思いますね!

dc0c256249beb843e7eeb3ebd41d3cb1_s




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-美味しい物
-