釣り中に北朝鮮からミサイルが発射されたら・・・・Jアラートが鳴ったらすぐ避難!

まさか記事を毎日書いていて

こんな内容を書くことになろうとは・・・・・

 

北朝鮮から弾道ミサイルが飛んでくるかもしれない事態となってます。

特に日本海側は注意というレベルではない。

緊張が高まった今、残念ですが釣り自体を

控えるのも一つの手段です。

 

今回の内容は脅しではありません・・・・・。

内閣府もJアラートの活用を呼びかけています。

 

こんな内容も掲載されています。

ミサイルは発射から何分位で日本に飛んでくるのでしょうか?

北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、

日本に飛来する場合、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。
例えば、平成28年2月7日に

北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から発射された弾道ミサイルは、

 

約10分後に、発射場所から
約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。

なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、

発射場所などにより日本へ飛来するまでの時間は異なります。

 

 

Jアラート

Jアラートは「全国瞬時警報システム」の通称。

大規模自然災害やミサイル攻撃などの緊急情報を

「国から住民へ直接・瞬時に伝える」目的で整備されました。

通信衛星や市町村防災行政無線の利用を中心としていましたが、

現在では携帯電話回線網の活用も進められている。

NTTドコモは「緊急速報『エリアメール』」、

au・KDDIとソフトバンクは「緊急速報メール」

 

つまり、Jアラートは「緊急速報『エリアメール』」

または「緊急速報メール」に対応した端末であれば受信できます。

4G回線を使用する端末であれば、通話中/データ通信中でも受信可能で、

圏外/機内モードのときや海外にいるときには受信できません。


内閣府 弾道ミサイル落下時の行動について

特にご家族や友人に病気の人や体の不自由な人がいる場合

有事になれば誰も助けてくれません。

あなたがそばにいてあげてくださいね!

まったく早くこんな事態、早く終わって欲しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-その他