[TFO釣行記]ワラサ、ランディングミス。真鯛?ヒラマサ?ルアー砕かれる!

2017/07/16  AM6:00~12:00

小潮

風:後に強い  波:凪

 

天気予報では雨予報でしたが起きると

雨の音は聞こえず窓を開けると鳥が鳴いていた。

 

海に到着するも凪。

しかし沖に船は出ているし鳥も多く飛んでいる。

沖には大きなイルカが4頭ほど。

下げてからの満潮へ向かうタイミングでキャスト開始!

 

何にも起こらないが鳥が接近するも

右から左へ・・・・・左の方で何か起きているのだろうか?

かなり多くの鳥が左の方へ向かって飛んで行く。

ツバメが空中のルアーにじゃれて近くまで飛んできては

水の中に落ちると興味を失い。

 

そんな時間が続き突然「ドン!」

あまり引かなかったがエラ洗いもしないし

近寄ってくるとワラサ(メジロ)。

ランディングしようとロッドを脇に挟んだ瞬間

際の岩盤の裏へ走り出す!

プッツン!と音を立ててPEからラインブレイク。

 

最悪のランディングをやってしまった・・・・・

ルアーをロストしたのも魚の口にルアーを残したのも

申し訳ない。

 




気を取り直してキャストするも凪で厳しい中での

ヒットだったのにもっと大事にしなければ。

気が付くと綺麗な潮目がこちらへ接近してくる。

まるで川の流れの様に沖へと続く潮目。

遠投の必要は無いのでミノーで攻める

ジャクソン/Jackson
アスリートSLIM 12SS改
【RGB北海道グリーンバック】

潮目に向かってキャストしてると

「ドン!!」

一瞬で何か「ヤバい魚」だと思った。

根掛かりじゃないのに重く激しく何か動いているのは分かった。

「ドンドン!」と再度ロッドを叩きつけられる様な

重い衝撃。

その瞬間、踏ん張っていた何かが抜けた感じがして

お尻から尻餅「ジャバーン!」水の中に左手で支えたが

何十年ぶりに尻餅付いた気がする。

魚の重みは消えて戻ってきたルアーは

真鯛?ヒラマサ?

フックも伸びてテールフックは完全に粉砕されて無い。

リーダーもこの少し前にカットして綺麗な状態だったのに

傷だらけ。

ほんの数秒の出来事だったが、貫通ワイヤーだったら

魚とファイト出来たのかな・・・・・?

物凄く悔しい。これは悔しすぎる。

その後はパッタリと魚の反応は無くなり

水面を見るとシラスサイズのベイトがアジに

追われていた。

 

何とも言えないが、この磯のポテンシャルは物凄い。

魚と出会えない事は今日まで一度も無い。

もっとランディングスキルを上げる事をしないと

大型魚がヒットしても上げれない。

学ぶべきことは沢山ある・・・・・・・。

 





 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-磯釣行
-, ,