「ラピード130」シーバスタックルでも使えるダイビングペンシル

2017/07/11

2017年7月にマリアから発売される

『ラピードF130』

発売されているラピードF160の

ダウンサイズですがF160の方は50g。

ラピード130は30gとダイビングペンシルの中でも

軽めという事もあり

シーバスタックルを使用してサーフなどでも

十分武器になりますね。

 

 

ラピードF130飛距離は?

 

F160は自重50gですが30gとなった

ラピードF130は飛距離を落さずに

ダウンサイズとなっています!

 

空気抵抗の少ないスリムボディと、

ボディ最後部に配置したウエイトにより、

クラス最高の飛距離

(F160:平均75m・最大80m

F130:平均70m・最大80m)を叩き出す。

足場の高い磯場や堤防、また追い風であれば、

さらなる飛距離が期待可能。

 

飛距離測定時タックルデータ

F160の場合
ロッド:10.6ft MH
リール:D社4500番
ライン:PE3号+リーダー60lb
 
F130の場合
ロッド:10ft MH
リール:S社4000番
ライン:PE1.5号+リーダー30lb

 




ラピードF130アクションは?

 

ロッドを大きく手前に引いて

水面直下を泳がせるロングジャークでは、

ベイトフィッシュのような

生物的波紋を伴いながらアクションする。

ジャーク幅を短くして、ハイテンポで誘っても、

バランスを崩さず、水面への飛び出しがない。

連続トゥイッチでも、小型ペンシルのような

ハイレスポンスで、逃げ惑うベイトフィッシュを演出。

出したいアクションは、何でもできる。

アクションに変化を付けて、

食わせのタイミングが演出できる。

だから今までは、反転して帰っていくのを

悲しく見送るしかなかった青物にも、

口を使わせることができるのだ。

ダイビングペンシルなのにアクションは

あまり派手なアクションではない。

元気に泳ぎまくるベイトよりも

どちらかというと、もじる感じのアクションでしょうか。

 

 

30gとなっての発売でシーバスタックルでも

使用可能なのが嬉しいですね!

基本的には磯での使用が多いルアーだと思いますが

波が高くトップウォータープラグを

使えない場面なんかに

マリア『ラピードF130』で表層&水面直下を

狙いたい!

ただシャローサーフで使用すると激スレするので

ここぞという場面で使用したいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラピード F130 B08H(ピンクイワシ)
価格:1858円(税込、送料別) (2017/7/11時点)

 





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-,