ベイト 魚の生態

ベイトを知ろう[アジ]

投稿日:2015年11月25日 更新日:

某沖ではアジが群れているそうです。

沖のアジが群れで接岸してくると・・・・青物シーズンが長く楽しめそうですね!

アジはイワシの様に表層でナブラが湧かないために 派手なベイトではありませんが

中層や沖の根周りでベイトとしてフィッシュイーターに追い掛け回されています。

ヒラメハンターMオジサンによれば、シンペンで釣りをしていても全く反応がなく

スライド系のジグに変え、ゆっくり目のアクションで途端に爆釣する場合はアジがベイトだね!

と言ってました。

足元に豆アジが見える時にだけどね との事です。

azi
wikiより

鯵・・・・・アジ

日本では食用として多く用いられ、刺し身、フライ、干物 など

和食の代表的な朝食のイメージ。 別に夜食べても美味しいんですけどね。

鯵・・・・の語源は、美味しくて「参ってしまう」 の参という諸説、

最も美味な季節が旧暦の三月に当たるので、漢字の「参」という諸説があるが

味が良いことから「アジ」と由来しているそうです!

 


  生息域

生息域は水深2m程の漁港から水深150mの深海まで広く生息し、

北海道南部から東シナ海までほぼ日本近海全域に生息しています!

子供の頃に家族で漁港などへ行ってサビキ釣りを楽しんだ人も多いのではないでしょうか?

小さな豆アジが漁港などでたくさん釣れますね。

食生と産卵期

エビやプランクトン、イワシなどの稚魚が好物!

産卵期は1月から~11月と長く、

西日本での産卵最盛期は1月~5月

東日本では5月~7月。

和食の代表的な魚

とにかくアジを使った料理は多くあります。

生食、焼く、揚げる、煮る、汁・・・・・・

大衆食堂で出されるフライといえばアジのフライ、定番ですね!

他にはアジのたたき なども美味しい、「アジのたたき」 は

漁師さんが船上で食べる漁師めし だったそうです。

e121e023594917546976393144a520ac_s

アジにはDHA・カルシウムが豊富だし、魚の中でも

栄養価の高い部類に入る魚です。

食べて良し、釣って良し、ベイトとして良し

人にとっても魚にとっても欠かせない重要な魚ですね!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/7/22

釣具ランキング~2019/07/22

最近、釣り場で幽霊が出るとかお化けが出るとかさっぱり聞かなくなった。 目に見えない物はあまり怖いとか思ったりしないけど 誰もいないのに声が聞こえたり、何となくそんな”気”がしたりって事はあったけど 大人になって年を取るとそんな気を感じることも弱くなっていくのかもしれない。   いや、そんなことない。 今でも釣れる時は魚の匂いがかなりの確率で匂ったり、 何なのか分からないけど、目に見えない物を感じる事は多い。 子供達は夏休みが始まったころかな。 今年の夏は雨が多くて梅雨が長かったけどそろそろ、梅雨 ...

ReadMore

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

-ベイト, 魚の生態
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.