魚の生態

マサバのアニサキス調査で驚くべき結果が!

多くの方が恐怖に怯えるアニサキス。

テレビタレントがアニサキスにあたり入院するなど

今年もアニサキスの被害を多く見ましたね~

青物シーズンは特に要注意です。

 

真サバに寄生するアニサキスは大きく分けて2種類に絞られる。

日本近海のマサバは,主に九州から三陸沖に分布する太平洋系群,

東シナ海から日本海沿岸に分布する対馬暖流系群の2系群に分かれることが知られています。

遺伝子レベルでのアニサキスⅠ型幼虫の解析により、

長崎県から石川県の日本海産のマサバに寄生するアニサキスの

80%以上がアニサキス・ピグレフィーで、

高知県から青森県までの太平洋側で水揚げされるマサバでは、

80%以上がアニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトの寄生でした。

すなわち、マサバの生息域でも海域により寄生するアニサキスの種類が異なることが分かりました

アニサキス症とアニサキス寄生状況

 
単純に回遊するルートの違いで食べているオキアミに

寄生するアニサキスが違う為ですね。

元々アニサキスはクジラに代表される

(海洋ほ乳類)のお腹の中で成虫になり産卵し、

 

クジラが糞と共にアニサキスを排出

アミ類などがそれを食しアミ類の中で成長する

青物やイカがそれを食べ、アニサキスが寄生する

 




食物連鎖の過程で寄生していく最強の寄生虫ではありませんか!!

そしてアニサキスが寄生している魚を生食で人が食べて

病院送りになる・・・・・・・。

私の父親は知り合いの船に乗り釣れたイカを船の上でさばき、

生食で食べて、アニサキスにアタリそのまま病院送りとなりました。

 

日本近海のアニサキスは2種類いる!

 

ここで先程の引用部を詳しく。

日本近海を回遊する魚やイカに寄生するアニサキスは大きく分けて2種類。

アニサキス・ピグレフィー

アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト

に分けられるが、興味深いのが

 

マサバの内臓から筋肉部位(刺身の部分)へのアニサキスの移行率は、

アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトの方が

アニサキス・ピグレフィーと比較して

100倍以上高いことが明らかとなりました。

また、国内のアニサキス感染者100名より摘出した

虫体の99%がアニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトであった

という調査結果が報告されたこともあり、

アニサキスの種類の違いが

ヒトにおけるアニサキス症患者数に反映しているのではないかと考えています。
アニサキス症とアニサキス寄生状況

 

マサバにおけるアニサキス寄生の結果であり、

全てではありませんが

太平洋側のマサバに寄生するアニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトは

内臓付近の筋肉に寄生しているので危険という事になりますね!

調査結果は地域や季節、潮流にも変わる事があるが、

100名のアニサキス感染者の99%がそうだとなると

やはりアニサキスは手強いという事になりますね~

 

しっかりと処理すればアニサキスは恐れる事がありませんが

自家製のマサバ調理などでアニサキス感染が多いと聞くので

しっかりとした知識を持つことは大事!

アニサキスによる食中毒の防ぎ方

 

青物シーズン始まればマサバに限らず、その年の傾向なども見えて来たりもするので

今シーズンはアニサキスが多いなどと聞いた場合には

身の内部まで取り除くことは中々難しいので

しっかりとした冷凍&加熱をすることを心掛けたいですね!

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2023/5/27

青物祭り?

2023/05/20  AM11:00~PM2:00 大潮 風:強 波:凪   約半年ぶりの釣り。 日中は真夏を感じさせるような日差しが照り付ける日もあるが 朝晩はまだヒンヤリした空気が風が吹いたりすると正直寒いので、陽が昇って珈琲を飲んでからゆっくりと海へ向かう。   通りから見える漁港にはお子さんを連れた家族が釣りをしているのが見える。 自分も小さい頃、父親の友達家族と一緒に釣りに行った事を思い出す。 大量に釣れたサンバソウを嬉しそうに家に持ち帰り、おばあちゃんに料理してもらった。 ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2023 The firstone