魚の生態

陸・海・空で最速の動物は?

人間は文明によって開発された物に乗って

陸・界・空を

自分では出せないスピードを体感出来たり

長い距離は燃料を使って早く進むことを可能にしている。

動物はというと、人のようにジムで鍛えたり練習をするのではなく

生まれた時から備わっている遺伝子の元に速く進める能力がある。

 

今回は陸、海、空と、どの動物が一番速いのか?をお伝えしましょう!




 

陸・海・空それぞれの最速動物

陸で走るのが最も早い動物は?

チーター

時速:110㎞

チーターは止まっている状態から

5秒間で110㎞に達しトップスピードに乗るまでが早い。

但し持久力は無くそのスピードを維持できるのは

100m~200m程度と短い。

 

 

海で泳ぐのが一番速い魚は?

バショウカジキ

時速:105km

船の帆の様な背ビレが特徴のバショウカジキ。

日本では食用とされているが、

海外ではゲームフィッシュ釣りの対象魚として

人気が高い!

空中と違い水中では約800倍の抵抗が掛かり

海の魚が105㎞で泳ぐというのは

近年の研究結果では「有り得ない」ともされ、

今後、海の魚のスピードは

そんなに早く泳げないが定説となるのかも。

WEB魚図鑑

 

 

空で飛ぶのが一番速い鳥は?

ハリオアマツバメ

時速:200㎞以上

普通のツバメよりもムチムチな体型をしているが

羽はブーメランの様な形で

最高飛行速度はギネスブックに登録されてるそうで

時速300㎞は鳥類最速!

https://www.flickr.com/photos/sussexbirder/8077023558/in/photostream/

 

ハリオアマツバメが最速で飛ぶことが出来、

次いでチーターが最速で走り、

その次が最速で泳ぐバショウカジキでした。

特に海の中は潮流が流れ、水の抵抗による負荷が大きく

実際はそんなに速く泳げていないのでは?と

指摘される声も多く出ています。

 

人は陸・海・空それぞれ乗り物に乗ればどこへでも行けるけど

やはり一番自分で行くことが難しい、空に憧れますね!

 

魚のスピードランキングはこちら




その他

2021/2/26

「MOFT X」全世界で大ヒットしたスマホスタンド使ってみた!

クラウドファンディングで17,000人超えと、記録的な支援者を獲得した 多機能スマホスタンド「MOFT X」 現在ではスマートフォンだけに留まらず、 タブレットスタンド、PCスタンドなど多くの関連製品も登場しています。   【期間限定値下げ】 ノートパソコンスタンド Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC MOFT PCスタンド 軽量 MacBook テレワーク デスク 薄型 ms001 価格:2180円(税込、送料無料) (2021/2/26時点) ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

PEライン

2021/2/4

「クレハ シーガーPE X8」低価格PEラインを使ってみた!

釣具の中では最も交換頻度が高い部類に入る「PEライン」 太古の時代、海の中に入って漁をすることから 海に入らず岸から濡れないで漁をするよう 手法が変化してきたと言われる「釣り」 糸さえあれば遠くの魚を釣り上げることも出来るし、 より深い位置にいる魚の近くへ餌を投入することもできる。   現在釣りの種類によってはフロロカーボンやナイロンをメインラインにする釣りもあるが ソルトルアーフィッシングに関してはメインラインはPEライン一択。 ここで悩みどころです。 PEライン一択としても同じライン号数で ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2021 The firstone