陸・海・空で最速の動物は?

人間は文明によって開発された物に乗って

陸・界・空を

自分では出せないスピードを体感出来たり

長い距離は燃料を使って早く進むことを可能にしている。

動物はというと、人のようにジムで鍛えたり練習をするのではなく

生まれた時から備わっている遺伝子の元に速く進める能力がある。

 

今回は陸、海、空と、どの動物が一番速いのか?をお伝えしましょう!




 

陸・海・空それぞれの最速動物

陸で走るのが最も早い動物は?

チーター

時速:110㎞

チーターは止まっている状態から

5秒間で110㎞に達しトップスピードに乗るまでが早い。

但し持久力は無くそのスピードを維持できるのは

100m~200m程度と短い。

 

 

海で泳ぐのが一番速い魚は?

バショウカジキ

時速:105km

船の帆の様な背ビレが特徴のバショウカジキ。

日本では食用とされているが、

海外ではゲームフィッシュ釣りの対象魚として

人気が高い!

空中と違い水中では約800倍の抵抗が掛かり

海の魚が105㎞で泳ぐというのは

近年の研究結果では「有り得ない」ともされ、

今後、海の魚のスピードは

そんなに早く泳げないが定説となるのかも。

WEB魚図鑑

 

 

空で飛ぶのが一番速い鳥は?

ハリオアマツバメ

時速:200㎞以上

普通のツバメよりもムチムチな体型をしているが

羽はブーメランの様な形で

最高飛行速度はギネスブックに登録されてるそうで

時速300㎞は鳥類最速!

https://www.flickr.com/photos/sussexbirder/8077023558/in/photostream/

 

ハリオアマツバメが最速で飛ぶことが出来、

次いでチーターが最速で走り、

その次が最速で泳ぐバショウカジキでした。

特に海の中は潮流が流れ、水の抵抗による負荷が大きく

実際はそんなに速く泳げていないのでは?と

指摘される声も多く出ています。

 

人は陸・海・空それぞれ乗り物に乗ればどこへでも行けるけど

やはり一番自分で行くことが難しい、空に憧れますね!

 

魚のスピードランキングはこちら




-魚の生態
-