魚の生態

クロマグロ(本マグロ)1匹、3憶3360万円!豊洲初競りで最高値で落札したのは「すしざんまい」

投稿日:

すしざんまいの木村社長が年始早々

世間にどよめきを起こしている!

5日、新春の初セリが開催された「豊洲市場」にて

1匹の総額、1キロ単価ともに史上最高値となる

青森県大間産の278キロの大物が

3億3360万円(1キロ120万円)で落札された。

その落札者が「すしざんまい

これまでの最高値は、

2013年の初セリで同社が競り落とした222キロの大間産で、

1億5540万円(1キロ70万円)

日刊スポーツ





 

マグロを取り巻く闇

クロマグロは、本マグロとも呼ばれ

マグロの中のマグロ!と味、価格ともに最高級品とされていますが

近年は乱獲による資源の激減から絶滅危惧種に指定され、

厳しい漁獲制限が各国に課されている。

水産庁

クロマグロ(本マグロ)漁獲制限についてはメディアなどでご存知の方も

多いと思いますが、

実際にスーパー、回転ずしチェーンなどで食べるマグロの価格はどうですか?

昔よりは若干上がったかもしれないが

我々一般庶民が手の届かない価格となってるほどではない。

普通の魚とさほど変わらない価格で買うことが出来る。

 

なぜなら、天然の本マグロは産地によって価格が大きく変わり

すしざんまいが初セリで競り落とした本マグロも「大間産本マグロ」。

 

我々が回転ずしチェーンで食べるマグロのお寿司は

日本産もあるが多くが海外産の冷凍マグロで、

中国産やその他と表記されたマグロが多い。

原産地も太平洋、インド洋など詳しく表記されていない。

この辺りが、本マグロの漁獲量を制限しなければいけない程

資源が悪い状況が続いていることを闇に葬っている。

当然養殖マグロも世に出てきているが

「本マグロ漁を取り巻く闇」そのものだと思う。

家族で回転ずしチェーンへ食べに行く、

「あ、マグロのお寿司も価格値上がりせずあるんだ~」

「美味しいね~!」

マグロ資源が減少していることなど

まったく記憶から薄れていく。

消費者としては、「マグロが食べたい」

提供する側は、「世界中から冷凍でも養殖でもマグロを仕入れる」

日本は

マグロ総漁獲量の4分の1、

クロマグロ(本マグロ)に限って言えば

世界総漁獲量の80%も日本だけで消費される

マグロ消費大国なのです。

毎年年始の初セリは10年ほど前から

2014年・2015年を除きすべて1000万円以上の高値が付いています。

しかし、高級品のクロマグロが(本マグロ)と

回転寿司で出されるマグロの価値や認識の開きが大きすぎて

一般人にはなぜ「クロマグロ資源が減少しているのか?」

理解し難いと思います。

それは

成魚としてのクロマグロは高い、

幼魚のメジマグロの時に漁獲してしまえば

安値で提供できる。

この事実が回転寿司で手軽にマグロを食べている我々と

高級すし店でしか流通しないクロマグロ(本マグロ)の実態ですね。

クロマグロを食べていない様で

実はクロマグロ(本マグロ)の幼魚メジマグロを回転寿司で食べてしまっている。

これがマグロを取り巻く闇なのですよ!

 



魚の生態

2019/11/22

最高級食材の「若狭ぐじ(アカアマダイ)」が福井県で釣れるの知ってた?

アカアマダイ・・・という魚をご存知ですか? 名前にタイと付きますが、実はスズキ科に属する魚で色は綺麗なピンク色。 色は鯛に似ていますが、鯛ではありません。 そしてこのアカアマダイ、実は最高級魚の一つ! アカアマダイでも 若狭湾で釣りや、延縄(はえなわ)漁で漁獲されたアカアマダイのみが、 若狭ぐじになる資格を持ち、鮮度が良く姿形が美しいこと、 それらをクリアした大型のアマダイだけを厳選し、はじめて「若狭ぐじ」というブランド魚となる。 釣人の間で「若狭ぐじ(アカアマダイ)」は最高級魚です。   若狭 ...

ReadMore

イベント

2019/11/22

「Amazon・ブラックフライデーセール」日本初開催のビッグセール!

11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59まで開催の Amazonブラックフライデーセール! ブラックフライデーと呼ばれる言葉をニュースなどで聞いてご存知の方も多いでしょう。 アメリカの「感謝祭」明けの金曜日が 『ブラックフライデー』と呼ばれ一年で最も売り上げが上がるセールイベントとして 日本でも近年、イオングループなどは盛大に広告していますが 遂に・・・・本家本元アメリカの「Amazon」も参入! 今回のビッグセール・・お得な物が出ているのでご紹介していきましょう!   Amaz ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2019/11/20

2020年シマノ魚拓カレンダーお申し込み受付開始中!

シマノが毎年作成して大好評の 『魚拓カレンダー』が今年もお申込み受付を開始しています。 今年のトップは九絵(クエ) モロコと呼ばれたり、地域で呼び名も変わりますが 九・絵と書くのは初めて知りました。 いや~シマノさんありがとう! 子どもの?大人も漢字の知識まで付きますね、素晴らしい! 毎月1匹の魚拓が描かれたカレンダーですが、 2020年は 1月-真鯛【マダイ】 2月-寒鯛【コブダイ】 3月-雨子【アマゴ】 4月-へら鮒【ヘラブナ】 5月-鱸【スズキ】 6月-鮎【アユ】 7月-白鱚【シロギス】 8月-障泥 ...

ReadMore

個人的な思い

2019/11/19

釣りに必要な事はすべて釣堀が教えてくれた。

皆さん釣り堀は行かれたことがありますか? 釣り堀は自分の原点で、3歳ころに父親友人4グループと初めて漁港で釣りをする。 その後、晴れた日は必ず父親に連れられて河川へ釣りに。 そして北陸の冬は長いので冬から春にかけては毎週のように釣り堀へ。 その釣り堀の池に泳いでいたのは黒々とした真鯉。 釣れた重量でポイント制があり、隣のお好み焼き屋さんでもポイントが使えるし エサもポイントで買うことが出来たと思う。 子どもでも、釣れた重量で大人と競うことが出来たのは面白かった。   釣りの大事な事はすべて釣り堀 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/11/18

釣り具ランキング~2019/11/18

今年も残すところ・・・・ まだ1か月以上ありますが、あっという間に年末年始が訪れます。 まだまだ福井県の海の方は好釣果が上がっていて、 ヒラメにヒラマサに昨年も良かったですが今年も引き続き良い魚が入ってますね! そして釣具福袋商戦も既に始まっていて、 釣具店が色んな手を使って販売戦略を福袋に投入していますが 多くが中身が見える福袋のため、中身を空けて期待以上の価値は見出せないが お得に購入は可能です。 良くも悪くも効率主義、気に食わなければSNSで即批判の現代らしい福袋が 今年も乱舞する!   ...

ReadMore

-魚の生態
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.