リール

2018シーズンもエギングリールで激突!シマノ対ダイワ

毎シーズン釣り具大手の

「シマノ」「ダイワ」共にエギングタックルの新製品を

6月から7月に向けて登場させていますが、

今年は両メーカーとも、マイナーチェンジに留まる形での

新発売の様相。

 

2018年シマノ・ダイワ エギングリールはマイナーチェンジ

 

シマノ セフィアBB

元々のセフィアBBはマグナムライトローターを搭載し

クイックレスポンスシリーズで

低慣性&軽量化で感度をメインとしたリールでしたが

2018New「セフィアBB」からマグナムライトローターが無くなり

軽いが強さを求めたリールとしての発売です!

搭載されているメイン機能は

品番ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力

(kg)

自重(g)スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
PE糸巻量
(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
C3000S5.0
  • 3.5
  • 9.0
23546.5/14.50.6-200、0.8-150、1-11073555/117,900
C3000SHG6.0
  • 3.5
  • 9.0
23546.5/14.50.6-200、0.8-150、1-11088555/117,900
C3000SDH5.0
  • 3.5
  • 9.0
25046.5/14.50.6-200、0.8-150、1-11073455/120,000
C3000SDHHG6.0
  • 3.5
  • 9.0
25046.5/14.50.6-200、0.8-150、1-11088455/120,000

 

 

シマノH.P

『HAGANEギア・XSHIP・コアプロテクト』と

実売価格12,000円~13,000円で購入できるリールとしては

剛健すぎる程の強いリールとして

2018年8月に発売されます!

18セフィアBB最安値

 

 

ダイワ エメラルダスAIR

ダイワエギングリールのフラッグシップモデル、

軽さとアングラーの軽快な操作を可能にする

2018エメラルダスAIR。

ダイワテクノロジー満載のエメラルダスAIRですが

2018年モデルには

細いラインも太いラインもどの角度からも容易に止められる

パーフェクトラインストッパー

 

バックラッシュ発生率の低減化に加え

従来のABSと比べ5%の飛距離UP!

ロングキャストABS(LC-ABS)

 

2018年に発売したダイワ製リールに搭載されているこの2つの機能が

エメラルダスAIRにも追加。

そしてLT(LIGHT TOUGH)細部までの徹底した軽量化。

ギアにはジュラルミン製素材。

エメラルダス AIR
アイテム巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギア比標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ブレイド
(号-m)
ハンドル長
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー希望
本体価格(円)
LT3000S-CXH936.2180100.8‐200559/137,400
LT3000S-CXH-DH936.2195100.8‐200909/137,400

ダイワH.P

 

18エメラルダスAIR最安値

 

2018シーズン、両メーカー共に

エギングリールとして新たな製品の登場ではなく

マイナーチェンジに留まっていますが

シマノの方はエントリーモデルとは思えない性能満載、

ダイワの方はより強く、より軽くなったフラッグシップモデルと

また来シーズンに向けてもシマノ・ダイワ2大メーカーの動向に注目です!

 

 

 

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-リール
-, , ,

© 2022 The firstone