リール

ステラを買う人、ステラを買わない人。

ジャパンフィッシングショー2018でお披露目となった

シマノ『18ステラ』

 

発売前に書いた記事も好評で、

18ステラ発売!『シマノ・ステラ3つの魅力』と全スペック、どんな釣りで使うべきか?

 

如何にステラが崇高で、魅力に溢れ、リール機能の

「糸を巻くだけの道具」ではなく

一つのコレクターアイテムとしての位置付けした方が

良いのかもしれないと思う程。

 

魚を釣るための道具であり、魚との出会いを近づける機能は

シマノリール最上位、フラッグシップモデルの名に恥じぬ

最高峰の性能を搭載し発売される。

 

釣りにはキャスト、巻く、ファイトの3つの時間が流れるが

より遠くへ安定し、より心地よく水の流れを感じ、力強く時には滑らかに・・・

3つの動作における、人が感じる違和感を極力感じなくする

テクノロジーは、

より自然に調和できる釣りの魅力を最大限に引き出す。

 

大正時代に、西洋から輸入されたリールは

一部の裕福層しか使えない道具として高嶺の花だったそうだが

昭和に入り、木製リールや金属リールが

国内で作られるようになり

ジワジワと普及していった。

 

そして現代・・・・

リール価格は車や時計などの趣向品の一種として見れば

シマノ最高峰のリールであっても価格は手が届かないほどの

高値ではない。




 

しかし

「そこまでの性能のリールを買わなくても、安くて良いリールはある」

「デザインが好みとは違う」など

買わない人がいるのも事実。

 

なぜ買わないのにステラが気になるリールなのか?

リール性能の底上げとなる製品だから。

 

今は1万円のリールでもトラブルなどほとんど起きない。

これは過去、ステラなどのフラッグシップモデルが発売され

その後に発売されるミドルクラスのリールにも

ステラと同性能を持つテクノロジーが使われたり、

応用されてきた為であり

ステラの発売はリール性能の上限を突き破る

テクノロジーの進化を進めるから。

 

18ステラよりも、リールの性能を上げるとすれば

「圧倒的な軽さ」

「絶対にラインが切れないドラグシステム」

「どんなに酷使しても性能に問題ない剛性」

雲の上の世界の話に近い。

 

数年前のリールを使っていても釣りには何の問題も無い。

だが、ステラは人の想像を超える性能を持って世の中に登場してくる。

次に発売されるステラは、現在の発売間隔で行くとすれば

2022年「22ステラ」となる。

 

その頃にはもっと違う材質が登場しているかもしれない。

もっと優れた技術が発明されているかもしれない。

しかし2018年に発売された「18ステラ」を使ってこそ

4年後に発売されるかもしれない「22ステラ」の

テクノロジーの進化を更に感じることが出来る。

 

さぁ、あなたは『18ステラ』を

「買いますか?」

「買いませんか?」

 

シマノ 18ステラを購入する




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

PEライン

2021/2/4

「クレハ シーガーPE X8」低価格PEラインを使ってみた!

釣具の中では最も交換頻度が高い部類に入る「PEライン」 太古の時代、海の中に入って漁をすることから 海に入らず岸から濡れないで漁をするよう 手法が変化してきたと言われる「釣り」 糸さえあれば遠くの魚を釣り上げることも出来るし、 より深い位置にいる魚の近くへ餌を投入することもできる。   現在釣りの種類によってはフロロカーボンやナイロンをメインラインにする釣りもあるが ソルトルアーフィッシングに関してはメインラインはPEライン一択。 ここで悩みどころです。 PEライン一択としても同じライン号数で ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/2

釣具ランキング~2021/02/02

この時期はまったく釣りに行かない人と ヤリイカやサクラマスなどを狙い、昼も夜も変わらず釣りに行くアングラーとの 釣り熱の差が激しい時期でもあります。 フィッシングショーで今年上半期に発売予定のある程度新製品も登場し ゆっくりと春シーズンに向けて英気を養うアングラーも多いでしょう。   今シーズンもかなり多くの釣りを楽しむ方が増えるでしょう! 人が多くなれば事故や釣り場を巡るトラブルなども増えるのが常。 釣りを長く楽しんでるからこそ、初心者の方が危ない場所に居たり 知識がないからトラブルに巻き込ま ...

ReadMore

-リール
-,

© 2021 The firstone