魚の生態

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)は殻を被ってるけどタコの仲間!

アオイガイ科の生物をご存知でしょうか?

軟体動物門に属するタコの種類ですが

アオイガイ科の近縁種には「タコブネ」なんて呼び方もされるタコも居たり

タコなのに大きな貝殻を背負っている特徴がある種類です!





 

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)の生態「メスだけが貝殻を作る」

今回はタコブネの生態に迫ってみようと思います。

 

アオイガイ(タコブネ)の生息域

太平洋・日本海

 

アオイガイ(タコブネ)の名称の由来

貝殻がプカプカと船の帆に見えることからと、

貝殻を2枚合わせると「葵」の花のように見える事から。

 

アオイガイ(タコブネ)の特徴

http://latesjp11.seesaa.net/article/433405618.html

 

アオイガイ(タコブネ)の大きな特徴に

「体がスッポリ入る程の貝殻を作る」というものがあります。

実はこの貝殻を作ることが出来るのは、メスのみで

石灰を分泌して自分用の殻を作る。

体長も魚類などに多い、オスよりメスの方が大きくなり

メスのサイズと比べると20分の1程度にしかならない!

メスは貝殻を作り、交尾したメスの体内で受精しますが

貝殻の内側に卵を産卵し、貝殻は卵を守る役目をする。

 

アオイガイ(タコブネ)は食べれるの?

イイダコ・マダコほどの歯応えは無いそうですが

タコとして食用も可で、一部地域で食べられている所もあるが

食用としての流通は少ない。

 

 

実はタコブネは、日本海側で何年かに一度の周期で大繁殖があり

船でイカ釣りをする仕掛けに釣れてしまったり

定置網に大量に捕獲されたりもします。

そして2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に繁殖し

船でイカ釣りをしているとよく釣れるそうです!

 

 

タコブネ・アオイガイの殻はオークションで取引されるほど人気!

自分も砂浜(サーフ)で何度かタコブネの殻を見つけたことがあるが

殻はとても薄く、少し強い力で触ったらポロポロと崩れ落ちてしまった。

 

タコブネの貝殻は、オウムガイやアンモナイトの様に

貝殻コレクターの中には収集している方も多いそうで、

オークションで1,000円~3,000円で販売されていたり

形のきれいな大きなサイズになると5,000円~10,000円で取引されたりもするそうです!

 

 

2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に沖に見られるとの事なので

海が荒れた後の、海水浴場など砂浜に探しに行くと

比較的見つけることが出来るかも知れませんね!

自分が見つけたことがあるのは、冬の終わりでした。

落ちている殻は薄くて壊れやすい為に大事に持ちましょう。

 

あとは、夏シーズン沖にマイカを釣りに行かれる知り合いに頼んで置けば

もしかして釣りあげて持って帰って来てくれるかもしれませんね!
 




釣行記

2022/10/1

釣りブログで稼ぐ!儲ける方法教えます!

皆さん、こんにちわ。 お久しぶりといいますか、釣行は気が向けば書いていましたが 本業が忙しい為にこのサイトは放置気味に。 しかし! このサイトは放置してるにも拘らず未だに収益が10万円を超えています。 全盛期の釣り関連福袋などを紹介していた時代はAmazon・楽天アフィリ・A8NET・グーグルアドセンス含めて ※600万~数千万(1月や4月は特に美味しい)の売り上げを上げていました。 ※売上でアフィリ料率はまちまちです   一時期は企業として釣りキュレーションサイトを運営する飽和状態となりました ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone