タコブネ、アオイガイ(カイダコ)は殻を被ってるけどタコの仲間!

アオイガイ科の生物をご存知でしょうか?

軟体動物門に属するタコの種類ですが

アオイガイ科の近縁種には「タコブネ」なんて呼び方もされるタコも居たり

タコなのに大きな貝殻を背負っている特徴がある種類です!





 

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)の生態「メスだけが貝殻を作る」

今回はタコブネの生態に迫ってみようと思います。

 

アオイガイ(タコブネ)の生息域

太平洋・日本海

 

アオイガイ(タコブネ)の名称の由来

貝殻がプカプカと船の帆に見えることからと、

貝殻を2枚合わせると「葵」の花のように見える事から。

 

アオイガイ(タコブネ)の特徴

http://latesjp11.seesaa.net/article/433405618.html

 

アオイガイ(タコブネ)の大きな特徴に

「体がスッポリ入る程の貝殻を作る」というものがあります。

実はこの貝殻を作ることが出来るのは、メスのみで

石灰を分泌して自分用の殻を作る。

体長も魚類などに多い、オスよりメスの方が大きくなり

メスのサイズと比べると20分の1程度にしかならない!

メスは貝殻を作り、交尾したメスの体内で受精しますが

貝殻の内側に卵を産卵し、貝殻は卵を守る役目をする。

 

アオイガイ(タコブネ)は食べれるの?

イイダコ・マダコほどの歯応えは無いそうですが

タコとして食用も可で、一部地域で食べられている所もあるが

食用としての流通は少ない。

 

 

実はタコブネは、日本海側で何年かに一度の周期で大繁殖があり

船でイカ釣りをする仕掛けに釣れてしまったり

定置網に大量に捕獲されたりもします。

そして2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に繁殖し

船でイカ釣りをしているとよく釣れるそうです!

 

 

タコブネ・アオイガイの殻はオークションで取引されるほど人気!

自分も砂浜(サーフ)で何度かタコブネの殻を見つけたことがあるが

殻はとても薄く、少し強い力で触ったらポロポロと崩れ落ちてしまった。

 

タコブネの貝殻は、オウムガイやアンモナイトの様に

貝殻コレクターの中には収集している方も多いそうで、

オークションで1,000円~3,000円で販売されていたり

形のきれいな大きなサイズになると5,000円~10,000円で取引されたりもするそうです!

 

 

2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に沖に見られるとの事なので

海が荒れた後の、海水浴場など砂浜に探しに行くと

比較的見つけることが出来るかも知れませんね!

自分が見つけたことがあるのは、冬の終わりでした。

落ちている殻は薄くて壊れやすい為に大事に持ちましょう。

 

あとは、夏シーズン沖にマイカを釣りに行かれる知り合いに頼んで置けば

もしかして釣りあげて持って帰って来てくれるかもしれませんね!
 




-魚の生態
-