魚の生態

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)は殻を被ってるけどタコの仲間!

アオイガイ科の生物をご存知でしょうか?

軟体動物門に属するタコの種類ですが

アオイガイ科の近縁種には「タコブネ」なんて呼び方もされるタコも居たり

タコなのに大きな貝殻を背負っている特徴がある種類です!





 

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)の生態「メスだけが貝殻を作る」

今回はタコブネの生態に迫ってみようと思います。

 

アオイガイ(タコブネ)の生息域

太平洋・日本海

 

アオイガイ(タコブネ)の名称の由来

貝殻がプカプカと船の帆に見えることからと、

貝殻を2枚合わせると「葵」の花のように見える事から。

 

アオイガイ(タコブネ)の特徴

http://latesjp11.seesaa.net/article/433405618.html

 

アオイガイ(タコブネ)の大きな特徴に

「体がスッポリ入る程の貝殻を作る」というものがあります。

実はこの貝殻を作ることが出来るのは、メスのみで

石灰を分泌して自分用の殻を作る。

体長も魚類などに多い、オスよりメスの方が大きくなり

メスのサイズと比べると20分の1程度にしかならない!

メスは貝殻を作り、交尾したメスの体内で受精しますが

貝殻の内側に卵を産卵し、貝殻は卵を守る役目をする。

 

アオイガイ(タコブネ)は食べれるの?

イイダコ・マダコほどの歯応えは無いそうですが

タコとして食用も可で、一部地域で食べられている所もあるが

食用としての流通は少ない。

 

 

実はタコブネは、日本海側で何年かに一度の周期で大繁殖があり

船でイカ釣りをする仕掛けに釣れてしまったり

定置網に大量に捕獲されたりもします。

そして2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に繁殖し

船でイカ釣りをしているとよく釣れるそうです!

 

 

タコブネ・アオイガイの殻はオークションで取引されるほど人気!

自分も砂浜(サーフ)で何度かタコブネの殻を見つけたことがあるが

殻はとても薄く、少し強い力で触ったらポロポロと崩れ落ちてしまった。

 

タコブネの貝殻は、オウムガイやアンモナイトの様に

貝殻コレクターの中には収集している方も多いそうで、

オークションで1,000円~3,000円で販売されていたり

形のきれいな大きなサイズになると5,000円~10,000円で取引されたりもするそうです!

 

 

2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に沖に見られるとの事なので

海が荒れた後の、海水浴場など砂浜に探しに行くと

比較的見つけることが出来るかも知れませんね!

自分が見つけたことがあるのは、冬の終わりでした。

落ちている殻は薄くて壊れやすい為に大事に持ちましょう。

 

あとは、夏シーズン沖にマイカを釣りに行かれる知り合いに頼んで置けば

もしかして釣りあげて持って帰って来てくれるかもしれませんね!
 




釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone