魚の生態

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)は殻を被ってるけどタコの仲間!

投稿日:

アオイガイ科の生物をご存知でしょうか?

軟体動物門に属するタコの種類ですが

アオイガイ科の近縁種には「タコブネ」なんて呼び方もされるタコも居たり

タコなのに大きな貝殻を背負っている特徴がある種類です!





 

タコブネ、アオイガイ(カイダコ)の生態「メスだけが貝殻を作る」

今回はタコブネの生態に迫ってみようと思います。

 

アオイガイ(タコブネ)の生息域

太平洋・日本海

 

アオイガイ(タコブネ)の名称の由来

貝殻がプカプカと船の帆に見えることからと、

貝殻を2枚合わせると「葵」の花のように見える事から。

 

アオイガイ(タコブネ)の特徴

http://latesjp11.seesaa.net/article/433405618.html

 

アオイガイ(タコブネ)の大きな特徴に

「体がスッポリ入る程の貝殻を作る」というものがあります。

実はこの貝殻を作ることが出来るのは、メスのみで

石灰を分泌して自分用の殻を作る。

体長も魚類などに多い、オスよりメスの方が大きくなり

メスのサイズと比べると20分の1程度にしかならない!

メスは貝殻を作り、交尾したメスの体内で受精しますが

貝殻の内側に卵を産卵し、貝殻は卵を守る役目をする。

 

アオイガイ(タコブネ)は食べれるの?

イイダコ・マダコほどの歯応えは無いそうですが

タコとして食用も可で、一部地域で食べられている所もあるが

食用としての流通は少ない。

 

 

実はタコブネは、日本海側で何年かに一度の周期で大繁殖があり

船でイカ釣りをする仕掛けに釣れてしまったり

定置網に大量に捕獲されたりもします。

そして2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に繁殖し

船でイカ釣りをしているとよく釣れるそうです!

 

 

タコブネ・アオイガイの殻はオークションで取引されるほど人気!

自分も砂浜(サーフ)で何度かタコブネの殻を見つけたことがあるが

殻はとても薄く、少し強い力で触ったらポロポロと崩れ落ちてしまった。

 

タコブネの貝殻は、オウムガイやアンモナイトの様に

貝殻コレクターの中には収集している方も多いそうで、

オークションで1,000円~3,000円で販売されていたり

形のきれいな大きなサイズになると5,000円~10,000円で取引されたりもするそうです!

 

 

2018年はアオイガイ(タコブネ)が大量に沖に見られるとの事なので

海が荒れた後の、海水浴場など砂浜に探しに行くと

比較的見つけることが出来るかも知れませんね!

自分が見つけたことがあるのは、冬の終わりでした。

落ちている殻は薄くて壊れやすい為に大事に持ちましょう。

 

あとは、夏シーズン沖にマイカを釣りに行かれる知り合いに頼んで置けば

もしかして釣りあげて持って帰って来てくれるかもしれませんね!
 




その他

2019/6/26

釣りよかでしょう。に「辻希美」も登場か!?

飽和状態とされているYouTubeチャンネルに 芸能人と呼ばれる既に有名な方々の参入が後を絶たない。 単純に稼げるからです。   動画内容にもよりますが 面白・ガジェット紹介系:1再生0.1~0.2円 ハウ・ツー学習系:1再生0.3円 金融・保険系:1再生0.5円 等といわれていますが、単純に視聴者の年代による違いが大きく お金をどれだけ使う人が見ているかによって、広告収入が変わります。 チャンネル登録者数が10万人=月に約100万円の広告収入   チャンネル登録者数が少なくても、億を ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/6/25

2019シーズン上半期、最も売れた釣具は!

2019年も、残り半分・・ 釣りシーズンはまだ始まったばかりですが、改めて考えると冬に狙うサクラマスやワカサギなどを除き 1年間のうちに釣りが出来るシーズンは短い。 多くの職業で繫忙期はどこかにあるでしょうからその時期と釣り時期が重なると 釣り人が釣りに行けないストレスのはけ口として行うのが 「釣具を買ってしまう行動」 行ったら最後・・ 何か購入してしまうことから?そんな意味からか?釣具店を『魔界』と呼ばれたりもする。 釣具店に行かなくてもスマートフォンからクリック一つで注文できるので忙しくても仕事の間に ...

ReadMore

釣行記

2019/6/25

2019シーズン上半期釣行まとめになってないまとめ。

もう2019シーズンも半分が終わりました。 今年はあっという間に・・ジジイになったという事でしょうか? 時の経つスピードが日に日に速く睡眠時間さえ、 まともに取れないほど毎日が激動です。 小さい頃、 「何か成功したり活躍したり秀でたことを身に着けたいなら人の2倍、3倍それをやり続けなければ自分の思い描く道は進めない」 と父親に何度も言われていた。 今現在は人の2倍程度は・・と自分では思っているが、 まだまだ思い描くような道には辿りつけていない。 まだまだいろんな面で甘い。 自分位の年になると、部下を持つ年 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/6/24

釣り具ランキング~2019/06/24

人間余裕がある時と、余裕がない時では 気持ちの大きさの許容範囲が大きく変わる。 久しぶりのサーフへ行ったが、夜誰もいない時間帯に釣り場に立ち、 明るくなると後で分かったことだが 自分の隣数mには〇〇〇〇〇〇〇大会の幟がいつの間にか立てられていて 総勢数十名の大会参加者がほぼこちらがキャスト出来ない位置にまでビッシリ!   正直久しぶりに釣りが出来る時間で、暗いうちから釣り場に立っていたので 「大会だろうが何だろうがもう少し人がいれば場所を変えてやってくれないか?」と 心の中では思ったが、このサー ...

ReadMore

釣行記

2019/6/24

[釣行記]真鯛がチェイス・・・喰うの?喰わないの?

2019/06/23 AM4:30~6:30 風:微風 波:0.8m   休日に天気が悪かったり、仕事に追われてしまいかなり久し振りの釣りになってしまった。 イベント→打ち上げ→帰宅して仕事→AM2:30強烈に眠い。 ここで寝てしまえば完全に起きたら朝マズメを逃す事になる。 しばらく海に通っていないから、 「朝マズメの状況も知りたいから逃すわけにはいかない。」 そんな事を考えながらも眠さMAXで海に辿り着いた。   厚い雲に覆われた空は所々から、太陽が顔を出し 自然が作り出す明暗が海を ...

ReadMore

-魚の生態
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.