その他

汽水域の大切さ「壊れゆく自然界のバランス」

汽水域のこと詳しく知っていますか?

簡単に説明すると、

汽水域とは海水と淡水が交わる場所で

海の近くの河口部が一番分かり易い場所に当たります。

日本海側では汽水域の干潟が少ない為に汽水湖が多く

干満の差が大きい太平洋側では皆さん良く知っている「干潟」も

汽水域で見られる光景です。




汽水域の底質は砂泥の堆積が多いのですが、有機物が堆積し

植物プランクトンが育つ、そして多くの動物プランクトンの餌となっています。

分かりますよね? 動物プランクトンがが多いという事は

それを食べるフィッシュイーターも多く汽水域に集まる。

そして小魚を求めて鳥たちも集まる。

(汽水域が好きで海水と淡水を行ったり来たりする代表的なスズキ)

(汽水域が好きで海水と淡水を行ったり来たりする代表的なスズキ)

植物プランクトンが多くなり過ぎると赤潮の発生にもなったり

食物連鎖のバランスが崩れヘドロとなり底に溜まってしまう。

ヘドロが多くなるとバクテリアが分解する時に多くの酸素を使用するために

何度もお話したことのある「溶存酸素量」の少ない水になって

魚などが生息しにくい水となる。

魚が多く集まる溶存酸素量の多い場所とは?

この溶存酸素量の減少に役立っているのが汽水湖に多い「シジミ」

シジミは植物性プランクトンを食べる為、ヘドロを少なくする役割になっています。

シジミは植物性プランクトンを水と一緒に吸い込みフィルターのように

浄化する機能を持っている。

この為に無駄なヘドロが少なくなり、生き物が住みやすい溶存酸素量の多い

水となる事が出来るのですね!

しかし、砂利採取、埋立、護岸工事などによってシジミの生息数が減っている。

By: shrk


(シジミの漁獲高が減少した宍道湖)

シジミが少なくなると

植物プランクトン供給過多

死骸がヘドロに

ヘドロを分解するプランクトンが水中の酸素をたくさん使う

溶存酸素量の減少

魚が住み着かなくなる

水が死ぬ

この状況が日本全国の多くの汽水域で見られ、

自然の力はものすごく大きいがバランスで成り立っている。

バランスはすべての小さな力が折り重なり成り立つ。

そのバランスの崩壊が始まっているのではないでしょうか?

結局壊すのも人だが再生できるのも人にしか出来ない!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2020/5/25

釣具ランキング~2020/05/25

皆さんはマズメを無視し、潮回りで釣りに行く計画をする事はありますか? それともマズメだけを狙っていくことがほとんどですか? 自分は仕事や色んな環境で朝マズメ中心にしか行けない現状なのですが、 同じ大潮でも差が低い満潮と高い満潮で朝マズメに低い満潮と重なる時は 釣果が出ないことが多く、さらに上げ一杯が終わった後まったく潮が動かず 次の潮が動くまで待てずに帰ることがほとんど。     例えば先週土曜の大潮、朝マズメに上げ一杯が重なる時釣果が出ない。 日曜は昼過ぎくらいに行った方が釣果が出た ...

ReadMore

釣行記

2020/5/24

そうだ!釣り行こう!

2020/05/24 04:00~07:00 大潮 波:凪 風:後に爆風   昨日は半年ぶりの釣りに肉体の衰えを痛感し、本日は全身が筋肉痛。 ふくらはぎ、足の指、腕など全てが。   多分、昨日の今日・・・・ 釣れないだろうけど少しの時間でも海で釣りがしたい。 ということで、海へ。 昨日とは違い星は雲で隠れているが、今日は沖に明るい光がいくつも見える。 イカメタル便の眩しい程の光は、磯に独りぼっちな自分に心強い。 気持ちの問題だけではなく、ロッドティップを光に重ねれば何となく見えたり 視 ...

ReadMore

釣行記

2020/5/23

半年ぶりの釣り!

2020/05/23  04:00~09:30 大潮 波:0.5m  風:微風   実に半年ぶりの釣りで海へ。 久し振りの海の匂いはなんだか生臭い匂いがしたが 空は満天の星空。 やっぱり海は良い。   前回の釣りは11月23日だから釣り方を忘れているかと思ったが 体は覚えているし、何より忘れ物が心配だったが問題なく釣りが出来た。 朝陽も恥ずかしそうに少しだけ焼ける。 照れるなよ。 到着早々、川のように流れる潮。 絶好のチャンスだが魚からは何の反応も無く、時間だけが過ぎていくが 心地良い ...

ReadMore

個人的な思い

2020/5/22

釣り中にUFOを見た話

少し前に話題となっていましたが 米国防総省がUFOとみられる映像を公開し なぜ?今公開なのか? いろんな憶測を呼びましたが、自分も何度か 釣り中に海でUFOを見た時がある。   陽も上がったある日、サーフで「釣れん・・・」と 釣れないことでダラダラしてきたのでジュースを一口空を見上げながら 口に含んだ瞬間・・・・ なんだあれ・・・異常に黒い小さなモヤモヤした黒い物体が浮かんでいる。 しばらく見続けていたが、異常気象かなんかの雲だろう。 そして数秒間目を離してまた見たところ、黒いモヤモヤした物体が ...

ReadMore

エギング

2020/5/24

シマノ最強エギが誕生か!?「セフィアクリンチフラッシュブースト」

シマノルアーカテゴリーで昨年から話題となっている 『フラッシュブースト』 現在販売されているのはシーバス・ソルトルアーに限りですが、遂に エギングで使用するエギにもフラッシュブースト機能搭載モデルが登場します! フラッシュブーストに関して釣り仲間と話すと、 これ、エギに付いたら最強じゃん!と話す人も居たほど待ち望んでいた方もいると思います。 今回はフラッシュブーストが搭載された 「セフィアクリンチ フラッシュブースト」をご紹介します。 エギング最強のアピール度!?フラッシュブーストが強アピール! フラッシ ...

ReadMore

-その他
-

© 2020 The firstone