その他

汽水域の大切さ「壊れゆく自然界のバランス」

投稿日:2016年8月12日 更新日:

汽水域のこと詳しく知っていますか?

簡単に説明すると、

汽水域とは海水と淡水が交わる場所で

海の近くの河口部が一番分かり易い場所に当たります。

日本海側では汽水域の干潟が少ない為に汽水湖が多く

干満の差が大きい太平洋側では皆さん良く知っている「干潟」も

汽水域で見られる光景です。




汽水域の底質は砂泥の堆積が多いのですが、有機物が堆積し

植物プランクトンが育つ、そして多くの動物プランクトンの餌となっています。

分かりますよね? 動物プランクトンがが多いという事は

それを食べるフィッシュイーターも多く汽水域に集まる。

そして小魚を求めて鳥たちも集まる。

(汽水域が好きで海水と淡水を行ったり来たりする代表的なスズキ)

(汽水域が好きで海水と淡水を行ったり来たりする代表的なスズキ)

植物プランクトンが多くなり過ぎると赤潮の発生にもなったり

食物連鎖のバランスが崩れヘドロとなり底に溜まってしまう。

ヘドロが多くなるとバクテリアが分解する時に多くの酸素を使用するために

何度もお話したことのある「溶存酸素量」の少ない水になって

魚などが生息しにくい水となる。

魚が多く集まる溶存酸素量の多い場所とは?

この溶存酸素量の減少に役立っているのが汽水湖に多い「シジミ」

シジミは植物性プランクトンを食べる為、ヘドロを少なくする役割になっています。

シジミは植物性プランクトンを水と一緒に吸い込みフィルターのように

浄化する機能を持っている。

この為に無駄なヘドロが少なくなり、生き物が住みやすい溶存酸素量の多い

水となる事が出来るのですね!

しかし、砂利採取、埋立、護岸工事などによってシジミの生息数が減っている。

By: shrk


(シジミの漁獲高が減少した宍道湖)

シジミが少なくなると

植物プランクトン供給過多

死骸がヘドロに

ヘドロを分解するプランクトンが水中の酸素をたくさん使う

溶存酸素量の減少

魚が住み着かなくなる

水が死ぬ

この状況が日本全国の多くの汽水域で見られ、

自然の力はものすごく大きいがバランスで成り立っている。

バランスはすべての小さな力が折り重なり成り立つ。

そのバランスの崩壊が始まっているのではないでしょうか?

結局壊すのも人だが再生できるのも人にしか出来ない!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/7/16

釣具ランキング~2019/07/16

2019年の海の日は、ここ十数年間で最も低い最高気温を記録した地域が多かったそうです。 あっという間に過ぎ去るけどたくさんの思い出を残していける夏。 短いけど夏の釣り場は賑やかになります。 海水浴、磯遊び、スピアフィッシングやその他のマリンスポーツなど 大きな魚を釣ると近くに居たギャラリーに拍手してもらえたり(笑) 普段一人で釣り場にいるからなのか?妙に嬉しかったりもします。 釣りはスポーツだけどギャラリーがいるともっと面白くなるかも?なんて想像をしてしまった。 2020年の東京オリンピックでは公式競技に ...

ReadMore

-その他
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.