魚の生態

最強の水循環システムは糸ミミズ!

ここ数年色んな問題が起き、

研究機関への投資額や求人数は減りつつあり

しかし、研究者としての人材は増えている様な事を

メディアで見かけた。

 

代わりにクラウドファンディングで国や公的機関からの

資金援助を受けない研究施設も登場しています。

 

とにかく研究していく上では資金が必要。

それも支援する企業などが後にその技術を

商品化に結び付くようなものであれば資金は集まる。

そして実験へと結びつけて今後の人類が生きて行く上での

第一歩になる様な事になっていく可能性もある。




 

イトミミズで汚泥減量作戦

 

下水を浄化する際に発生する汚泥の処理にイトミミズを役立てようと、

県が下水処理施設「那賀浄化センター」(岩出市)で実験を進めている。

汚泥の量を減らすと処理費用の削減につながるためで、

2019年度まで実験を続け、有用性を確かめる。

イトミミズは糸のように細い長さ数センチのミミズで、

下水管や溝に生息。

パイルを沈めた処理槽にすみ着かせることで、

自然に増殖しながら汚泥を食べてもらうことを狙う。

梅加工場で実験した際には、汚泥の約8割を減らせたという。

汚泥は、下水を処理する際に発生するバクテリアなどの固まりで、

昨年度の同センターでの処理費用は約1700万円。

県下水道課は「大規模な施設を造らずに、厄介な汚泥に対処できる。

効果を確かめ、普及を目指したい」としている。

YOMIURI ONLINE

 

自分が小さい頃からミミズは畑にいると

土を綺麗にしてくれる!と

祖父などからいつも聞いていました。

「ミミズってすごいな・・・・!」

子供ながらそう思ったことを憶えていますが、

イトミミズで汚泥を浄化することが可能であれば

自然に生きる生物で自然に分解してもらうことが出来る

夢のバイオテクノロジーが出来上がる訳ですね。

 

生ごみをシマミミズというミミズに食べさせて

分解させる『ミミズコンポスト』と呼ばれる

有機廃棄物の処理をさせる装置を販売している所もあります。

光和商事

 

海や川を汚すのは人しかいません。

そして自然はそれを浄化する能力も持っていますが

長い時間を必要とする。

せめて人間が出した人工的な不純物を取り除き

自然に近い形で元に戻していくことが

今後人類が生き残っていく為にも必要不可欠なのではないでしょうか?

 





 

 
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
 

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

魚の生態

2021/6/20

釣れない人必見!「これであなたも間違いなく釣果確率が上がるよ!」

誰もが通る道! 「釣りを始めたけど中々釣れない・・・・」 SNSを見れば、みんな釣れてるのにどうして自分は釣れないのだろうか? こんなことを思うように成れば、 あなたも釣りが上手くなる第一歩です!!   釣れる条件を検索すれば多くの情報が出てきます。 ルアーの動かし方 潮回り・時間 場所 もちろん全ての状況が肝心だとは思いますが、 釣りってもっと簡単なんですよ。 では簡単に釣果確率を上げる方法をお話しします。   釣れる潮回りに釣りに行けば釣れる! 見出しで答えを書いてしまいましたが ...

ReadMore

釣行記

2021/6/18

ララペンよ!何故にそんなに釣れるの?

2021/06/18  08:00~10:30 小潮 風:時に爆風 波0.5m   半年ぶりの釣り。 タックルのチェックも一切していないし 取り合えず忘れ物がないように朝も起きてゆっくりしてから海に向かった。   陽が昇った後の海に続く道のりは仕事の車しか通らない。 観光地としては寂しい限りだけど今しばらくは仕方ないでしょうね。 海には遠くに見えるいつもの場所に一人アングラーが見える。 何も変わらない光景、いつもの海が広がる。   別に魚なんて釣れなくても良かった。 ラインな ...

ReadMore

個人的な思い

2021/6/5

久しぶりに海のゴミについて考える

かなり久しぶりに文章をこのサイトで書きます。 毎年夏になると海のゴミ問題がクローズアップされていますが、 やはりメディアの力は大きくて、 今年はいつもより海洋ゴミに関して人気タレントが漂着ごみの多い地域を訪れたり クローズアップされている気がします。 我々釣りを楽しむ釣り人は釣り経験が長くなるほどに ゴミに慣れていきます。 人間とは恐ろしいものです。 釣り場でのごみ問題に関してSNSなどでも取り上げている人は 釣り経験が長い人よりも、釣り歴の浅い人が多いのが事実です。 その理由は 自分も子供と海水浴場を離 ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2021 The firstone