ルアー

初心者にもおすすめダイビングペンシル

ショア(陸)オフショア(船釣り)問わず、これからの季節楽しみになってくる釣り、

トップウォータープラグを使った、水面爆発が楽しめるトップの釣り。





 

地域によっては一年中楽しめる場所もあるが、北陸の方では

6月~7月頃から多くの魚がトップに反応するようになる。

代表的な魚は、シーバス・チヌ・青物・シャロー(浅い)場所ではキジハタなどもトップで釣れたりします。

トップの釣りでも大きく分けて3つくらいのルアーに分かれます。

ドックウォーク ・水面に顔を出したルアーがフリフリ犬の尻尾のように動く

ポッパー ・飛沫とポコッ・バコッと音を立てながら派手にアピールする

 

そして今回ご紹介するダイビングペンシル。

 

初心者でも使いやすいダイビングペンシル

現在も、ダイビングペンシルはウッド・桐・バルサ(木材)などを使い

ハンドメイドで多く作られていますが、現実的に金額が高い!

5,000円~上は数万円とルアーの価格として簡単に手が出せませんが、

樹脂による射出成型技術が大きく進歩したことにより、ダイビングペンシルも

ABS樹脂ルアーが多く登場し価格も一気に2,000円~3,000円程度に落ち着きました。

 

しかしダイビングペンシルは癖のあるルアーも多く、ロッドによっては

扱いが難しく、ミスダイブを連発する製品もあったりする。

そこで扱いが簡単なダイビングペンシルをご紹介しましょう。

 

ジャンプライズ・ララペン125F

LALAPEN(ララペン)シリーズは、

125F/150F/165F/200/240と多く出ていますが最も扱いやすいのはララペン125F

ジャンプライズ ララペン125F

自重はなんと25g!

シーバスロッド・ライトショアジギングロッドでも扱いやすく、

かる~いロッドアクションでもしっかりダイブし、飛距離も十分飛びます。

カラーも豊富で全10色。

 

 

マリア・ラピードF130/F160

このルアーで今までどれだけ釣ったか覚えてないほど

色んな魚が反応します。

青物・ダツ・シーバスなど無くてはならないダイビングペンシルの一つ。

F130は30g、F160は50gと扱いやすい自重で、ロッドアクションさせなくても

リーリングの早巻きだけでも良いアクションをしてくれるので

暗い時間帯などはアピール重視でリーリングのみで使う事も多い。

ロッドアクションさせれば容易にダイビングしてくれて、波が高く荒れた日もミスダイブ少ない。

個人的には最も初心者にオススメで、目をつぶってロッドアクションしても

安定してダイブし、水面への飛び出しが少ない。

価格の安さも魅力。

マリア ラピードF130

マリア ラピードF160

この2つでも十分ダイビングペンシルの釣りは成立するが、もう二つほどご紹介しましょう。

 

 

タックルハウス・コンタクトブリット120mm・145mm

往年の名作、中古ルアー店に行けばよく使い込まれたコンタクトブリットが

必ず一つは売っているほど多く出回った名品。

風が吹いた時の飛距離が物足りない時がありますが

ダイビングはイレギュラーでたまにルアーの軌道が魚が追って来たのか?と

勘違いしてしまう程に予測不能な細かいアクションをする。

価格も安く、突然?安売りされてる時もあります。

タックルハウス コンタクトブリット

 

 

スミス・サーディンラン13F

当サイトで何度も紹介している

「スミス・サーディンラン13F」

二番目に魚を多く釣ったルアー「スミス サーディンラン13F」

シーバスタックルが最も相性よく、1つのルアーで3WAYの誘い方が出来る。

サーチ的な釣りで1投目から使うよりも、魚の反応が場面での使用が多く、

魚の反応を見ながら1投ずつ違う誘い方が出来るのは多くの釣果に繋がります。

 

ダイビングペンシルを使うタイミング

ダイビングペンシルを1日中、使い続けるのも良いが状況によって

使うタイミングを計った方がより楽しめます。

マズメの1投目、潮が流れ出したときなど

シーバスや青物狙いで最も重要な「潮の流れ」。

永遠とダラダラルアーをアクションさせているよりも

潮の流れをよく見て、集中してダイビングさせた方が釣果にも繋がる。

また今回ご紹介したダイビングペンシルは初心者の方や、シーバスロッドでも扱いやすく

初めてトップの釣りを楽しむ方にぜひ使ってみてもらいたいです!

 




 

 

 

 

エギング

2020/9/19

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2020/9/19

「釣りビジョンVOD」釣り番組では国内最大級の5,000動画見放題!

スカパーや一部ケーブルテレビでのみ放送されている 「釣りビジョン」 YouTubeでも一部視聴可能ですが、短縮版だったり数分間しか観れなかったり 放送される時間に見なければいけなかったが 新たに釣りビジョンVODとして視聴が可能になりました。 ※VODとはビデオ・オン・デマンドの略称で、動画配信サービスのことを指します。 決まった時間に番組を見る放送とは異なり、 好きな時間に好きな番組を見られる点が釣りビジョンVODの特徴となっています。   好きな時間帯に釣り番組を見ることが可能になったのは嬉 ...

ReadMore

-ルアー
-,

© 2020 The firstone