ルアー

初心者にもおすすめダイビングペンシル

ショア(陸)オフショア(船釣り)問わず、これからの季節楽しみになってくる釣り、

トップウォータープラグを使った、水面爆発が楽しめるトップの釣り。





 

地域によっては一年中楽しめる場所もあるが、北陸の方では

6月~7月頃から多くの魚がトップに反応するようになる。

代表的な魚は、シーバス・チヌ・青物・シャロー(浅い)場所ではキジハタなどもトップで釣れたりします。

トップの釣りでも大きく分けて3つくらいのルアーに分かれます。

ドックウォーク ・水面に顔を出したルアーがフリフリ犬の尻尾のように動く

ポッパー ・飛沫とポコッ・バコッと音を立てながら派手にアピールする

 

そして今回ご紹介するダイビングペンシル。

 

初心者でも使いやすいダイビングペンシル

現在も、ダイビングペンシルはウッド・桐・バルサ(木材)などを使い

ハンドメイドで多く作られていますが、現実的に金額が高い!

5,000円~上は数万円とルアーの価格として簡単に手が出せませんが、

樹脂による射出成型技術が大きく進歩したことにより、ダイビングペンシルも

ABS樹脂ルアーが多く登場し価格も一気に2,000円~3,000円程度に落ち着きました。

 

しかしダイビングペンシルは癖のあるルアーも多く、ロッドによっては

扱いが難しく、ミスダイブを連発する製品もあったりする。

そこで扱いが簡単なダイビングペンシルをご紹介しましょう。

 

ジャンプライズ・ララペン125F

LALAPEN(ララペン)シリーズは、

125F/150F/165F/200/240と多く出ていますが最も扱いやすいのはララペン125F

ジャンプライズ ララペン125F

自重はなんと25g!

シーバスロッド・ライトショアジギングロッドでも扱いやすく、

かる~いロッドアクションでもしっかりダイブし、飛距離も十分飛びます。

カラーも豊富で全10色。

 

 

マリア・ラピードF130/F160

このルアーで今までどれだけ釣ったか覚えてないほど

色んな魚が反応します。

青物・ダツ・シーバスなど無くてはならないダイビングペンシルの一つ。

F130は30g、F160は50gと扱いやすい自重で、ロッドアクションさせなくても

リーリングの早巻きだけでも良いアクションをしてくれるので

暗い時間帯などはアピール重視でリーリングのみで使う事も多い。

ロッドアクションさせれば容易にダイビングしてくれて、波が高く荒れた日もミスダイブ少ない。

個人的には最も初心者にオススメで、目をつぶってロッドアクションしても

安定してダイブし、水面への飛び出しが少ない。

価格の安さも魅力。

マリア ラピードF130

マリア ラピードF160

この2つでも十分ダイビングペンシルの釣りは成立するが、もう二つほどご紹介しましょう。

 

 

タックルハウス・コンタクトブリット120mm・145mm

往年の名作、中古ルアー店に行けばよく使い込まれたコンタクトブリットが

必ず一つは売っているほど多く出回った名品。

風が吹いた時の飛距離が物足りない時がありますが

ダイビングはイレギュラーでたまにルアーの軌道が魚が追って来たのか?と

勘違いしてしまう程に予測不能な細かいアクションをする。

価格も安く、突然?安売りされてる時もあります。

タックルハウス コンタクトブリット

 

 

スミス・サーディンラン13F

当サイトで何度も紹介している

「スミス・サーディンラン13F」

二番目に魚を多く釣ったルアー「スミス サーディンラン13F」

シーバスタックルが最も相性よく、1つのルアーで3WAYの誘い方が出来る。

サーチ的な釣りで1投目から使うよりも、魚の反応が場面での使用が多く、

魚の反応を見ながら1投ずつ違う誘い方が出来るのは多くの釣果に繋がります。

 

ダイビングペンシルを使うタイミング

ダイビングペンシルを1日中、使い続けるのも良いが状況によって

使うタイミングを計った方がより楽しめます。

マズメの1投目、潮が流れ出したときなど

シーバスや青物狙いで最も重要な「潮の流れ」。

永遠とダラダラルアーをアクションさせているよりも

潮の流れをよく見て、集中してダイビングさせた方が釣果にも繋がる。

また今回ご紹介したダイビングペンシルは初心者の方や、シーバスロッドでも扱いやすく

初めてトップの釣りを楽しむ方にぜひ使ってみてもらいたいです!

 




 

 

 

 

釣具ランキング

2020/5/25

釣具ランキング~2020/05/25

皆さんはマズメを無視し、潮回りで釣りに行く計画をする事はありますか? それともマズメだけを狙っていくことがほとんどですか? 自分は仕事や色んな環境で朝マズメ中心にしか行けない現状なのですが、 同じ大潮でも差が低い満潮と高い満潮で朝マズメに低い満潮と重なる時は 釣果が出ないことが多く、さらに上げ一杯が終わった後まったく潮が動かず 次の潮が動くまで待てずに帰ることがほとんど。     例えば先週土曜の大潮、朝マズメに上げ一杯が重なる時釣果が出ない。 日曜は昼過ぎくらいに行った方が釣果が出た ...

ReadMore

釣行記

2020/5/24

そうだ!釣り行こう!

2020/05/24 04:00~07:00 大潮 波:凪 風:後に爆風   昨日は半年ぶりの釣りに肉体の衰えを痛感し、本日は全身が筋肉痛。 ふくらはぎ、足の指、腕など全てが。   多分、昨日の今日・・・・ 釣れないだろうけど少しの時間でも海で釣りがしたい。 ということで、海へ。 昨日とは違い星は雲で隠れているが、今日は沖に明るい光がいくつも見える。 イカメタル便の眩しい程の光は、磯に独りぼっちな自分に心強い。 気持ちの問題だけではなく、ロッドティップを光に重ねれば何となく見えたり 視 ...

ReadMore

釣行記

2020/5/23

半年ぶりの釣り!

2020/05/23  04:00~09:30 大潮 波:0.5m  風:微風   実に半年ぶりの釣りで海へ。 久し振りの海の匂いはなんだか生臭い匂いがしたが 空は満天の星空。 やっぱり海は良い。   前回の釣りは11月23日だから釣り方を忘れているかと思ったが 体は覚えているし、何より忘れ物が心配だったが問題なく釣りが出来た。 朝陽も恥ずかしそうに少しだけ焼ける。 照れるなよ。 到着早々、川のように流れる潮。 絶好のチャンスだが魚からは何の反応も無く、時間だけが過ぎていくが 心地良い ...

ReadMore

個人的な思い

2020/5/22

釣り中にUFOを見た話

少し前に話題となっていましたが 米国防総省がUFOとみられる映像を公開し なぜ?今公開なのか? いろんな憶測を呼びましたが、自分も何度か 釣り中に海でUFOを見た時がある。   陽も上がったある日、サーフで「釣れん・・・」と 釣れないことでダラダラしてきたのでジュースを一口空を見上げながら 口に含んだ瞬間・・・・ なんだあれ・・・異常に黒い小さなモヤモヤした黒い物体が浮かんでいる。 しばらく見続けていたが、異常気象かなんかの雲だろう。 そして数秒間目を離してまた見たところ、黒いモヤモヤした物体が ...

ReadMore

エギング

2020/5/24

シマノ最強エギが誕生か!?「セフィアクリンチフラッシュブースト」

シマノルアーカテゴリーで昨年から話題となっている 『フラッシュブースト』 現在販売されているのはシーバス・ソルトルアーに限りですが、遂に エギングで使用するエギにもフラッシュブースト機能搭載モデルが登場します! フラッシュブーストに関して釣り仲間と話すと、 これ、エギに付いたら最強じゃん!と話す人も居たほど待ち望んでいた方もいると思います。 今回はフラッシュブーストが搭載された 「セフィアクリンチ フラッシュブースト」をご紹介します。 エギング最強のアピール度!?フラッシュブーストが強アピール! フラッシ ...

ReadMore

-ルアー
-,

© 2020 The firstone