ヒラメ

ヒラメハンターへの道、まとめ&コメント返答編

ヒラメハンターへの道ではたくさんの方に読んでいただきましてありがとうございます!

 

サーフからルアーで狙うヒラメ釣り

ソゲサイズと違う大型ヒラメのバイト

ヒラメを狙うルアーの革新へ

鳥の飛び方で魚の居場所を知る

ヒラメが釣れた場所に何度か入り直す重要性

いろいろコメントがTwitter,Facebook,等で着ていたので何個か Mオジサンに返信もらえました。

 

1、ヒラメを夜間狙う場合、ミノーが適しているか?またリトリーブスピードは?

A

夜間はジグまたはズル引き出来るようなルアーが好ましいと思います。

ヒラメは夜間は昼間よりもベイトを追いかけますが、追いかけるよりはやはり、身を潜めて

じっとしている方が多くなると思います。 視力も良くないと言われているので

ジグでボトムポンピングするような誘い方が一番良いと思いますし、実際そのやり方での

釣果が一番夜間ヒラメを釣ってます。

ワームなんかも良いと思いますね、リトリーブスピードは特に早くなければ良いかと思います。

夜間シーバスを狙うときのリトリーブ速度の・・・・どのフィールドでのシーバスかは分かりませんが、

磯へ磯ヒラ狙いに行ってサラシ打ちする程度の速さが一番良いと思います。

あのなんとも言えないジワッーとした速度ですかね!




 

 

2、サーフではなく磯ヒラメを釣りに行くのはどの時期が良いですか?

A

これは秋ですね、産卵にも絡む水深がなるべく深い磯で、砂地の様な所よりも

ゴロタ石がごろごろしてる場所、藻場があれば尚良いですが根掛かりは避けれません。

特に産卵シーズンはメスに群がるオスも含めて数釣り出来る場合があります、

1匹釣れた場所をよく覚えておきましょう!

また何か質問等有ればすぐには返事出来ませんが首を長くしてお待ち下さい!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

その他

2020/7/3

深夜、車で走るアングラーの皆様へ!

知り合いのご家族の方が深夜、道路で轢かれて亡くなりました。 自分も釣り場に暗いうちから向かうので、特に気を付けなければいけないと思っていますが これから陽が昇る時間も早くなり、日中の暑さを避ける為か まだ暗い時間から畑や田んぼに向かうお年寄りの姿も多く見られます。 深夜は道も空いているため、ついアクセルを踏んでしまいがちだし 釣り場まで向かうドキドキ感でスピードが出てしまう事もあるでしょう。 今さらですが、雨の日は視界も悪いしブレーキ制動距離は 走行しているスピードによって大きく伸びてしまいます。 &nb ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/1

釣具ランキング~2020/07/01

今シーズンの海開きが始まりました。 さきほど海の近くに行ったので海水浴場を見てきましたが 荒れた海のため透明度はイマイチでしたが、夏はやっぱり海に人が多くないと 夏の雰囲気も出ないし海沿いの街も活気づきませんね。 福井県内では、県民に限り宿泊費50%offで宿泊施設を利用できるサービスが 好調で、新型コロナウイルス感染者数ゼロの日が伸び続けるのと比例するように 経済も少しずつではありますが、戻りつつある感覚を受けます。   とは言っても飲食業や夜の繁華街はまだまだ厳しい現実が待ち受けてそうですが ...

ReadMore

タックル

2020/6/29

釣りの質問に答えるよ!

たまに、釣りに関する質問・・・・ とくに使用しているタックルに関する質問が来るのでまとめてお答えしましょう!   使用してるスプリットリングの交換タイミングは? 基本的にスプリットリングは使い捨て感覚です。 1回の釣行で新しいものに交換します。 周りのアングラーと比較するとルアーチェンジの回数は多いと思います。 特にトップで使用するルアーは投げ続けることが少なく、 1投でサイズ違いに交換したり、良い潮が流れてきたタイミングで次々交換していく 感じです。 少しリングに隙間が出てきたな・・・。と思っ ...

ReadMore

県内外情報

2020/6/26

福井県内コロナ禍でも開設した海水浴場一覧

2020年、夏。 コロナ禍の影響で福井県内の海水浴場も開設されないビーチが多く存在します。 実際、海岸には「自由使用の原則」と利用自体を制限するものは何もありませんが 監視員・ライフセーバーがいないことなどの安全確保やゴミなどが放置される問題など 環境管理の面からも遊泳禁止の看板が立てられます。   福井県内開設する海水浴場 [福井県嶺北地方・海水浴場] ※()内は海水浴場開設日 坂井市:浜地海水浴場(7月1日)   坂井市:三国サンセットビーチ(7月1日)   福井市:鷹巣 ...

ReadMore

個人的な思い

2020/6/26

今夏の海岸はゴミであふれかえる?

コロナ禍の影響を受け今シーズンの夏はあちこちの海水浴場が開設されずに 駐車場も封鎖されるところが多く例年の海水浴客が賑わう夏は来ないのか? 実は海岸には「自由使用の原則」と呼ばれるものがあり、 海水浴場として開設していない場合でも、遊泳禁止の看板が出ていたとしても 「海で泳いではいけません」の法律はないので任意の呼びかけに過ぎず、 強制力はいっさいないのが現状。   遊泳禁止の看板も強制力はない 海外のように外出自体が法で縛られたりすることも日本にはないため、 誰もが海岸を利用して良い訳です。 ...

ReadMore

-ヒラメ

© 2020 The firstone