ヒラメ 寄稿

ヒラメハンターへの道・サーフ編[その2] ソゲサイズと違う大型ヒラメのバイト

投稿日:2015年10月7日 更新日:

大型ヒラメ、座布団ヒラメを狙う

 

狙って釣れるものでは有りませんが、サーフより磯に居着くヒラメのほうが大型化しています 。

特に産卵期、磯にメスが入ってくる為ですが、 磯ヒラメの話はまた別の機会にしましょう。

ソゲサイズのヒラメと大型のヒラメは一つ違うところがあります。

捕食の仕方が違う場合があります。




ソゲサイズは体が小さいのに自分とほぼ同じサイズのベイトでも必死に食らいつくためか?

一度、咥えると噛み直しをするタイミングが早いのですが、大型のヒラメはベイトの胴体に噛み付いた後

ソゲサイズよりも、もっと時間を掛けて噛み直しをします。

これはその時のヒラメの活性にも関係ありますが 、大型のヒラメは噛み直しまでに

上手くフッキングしないと

かなりの確率でバレます。

昔、オフショアでのヒラメ釣り をした時によく教えられたのが、ヒラメは牙に金属や違和感を感じると

すぐに噛んでいたものを離す。ルアーも違和感を感じると離してしまいます

これがバレる一番の原因ですね。

ヒラメ40の言葉通り、 牙でベイトを傷つける程度にしか初撃は噛みつかないためですね!

実に頭の良い魚なのか? 臆病なだけなのか? 後者の気がしますけどもね。

hirame1




活性の良い時などは丸呑みするでしょうが、大型のヒラメがルアーに喰らいつく初撃は

軽めと覚えておくと良いです。 ではどうするか~ですが、フック交換をマメにする。

その他は当時私の周りで流行っていたのは、テールフックはトリプルフックのまま使用するが

フロントフックを吸い込み重視でティンセル付けてアシストフックを使うのが流行ってました。

よくヒラメをバラしてしまう方は、アシストフックにティンセル使用のジグなどを使ってみてください。

きっとソゲサイズはバレないけど~大型のヒラメは直ぐバレるというジンクスを持っている方でも

少しは違ッて来ると思います。

文 Mオジサン   編集 The first one

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/7/16

釣具ランキング~2019/07/16

2019年の海の日は、ここ十数年間で最も低い最高気温を記録した地域が多かったそうです。 あっという間に過ぎ去るけどたくさんの思い出を残していける夏。 短いけど夏の釣り場は賑やかになります。 海水浴、磯遊び、スピアフィッシングやその他のマリンスポーツなど 大きな魚を釣ると近くに居たギャラリーに拍手してもらえたり(笑) 普段一人で釣り場にいるからなのか?妙に嬉しかったりもします。 釣りはスポーツだけどギャラリーがいるともっと面白くなるかも?なんて想像をしてしまった。 2020年の東京オリンピックでは公式競技に ...

ReadMore

-ヒラメ, 寄稿
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.