寄稿

もっと釣りが上手くなる「立ち位置を変える重要性」

皆さんこんにちわ。

久し振りに記事に登場します、Mオジサンです。

釣りは何年されていますか?

釣りの上手い下手に正直これは関係ないです。

 

1年間に週一で釣りをすると52回です。

それよりも2か月間毎日管理釣り場で

多くの魚をヒットさせた方が釣りの一応のテクニック

キャスト~魚とのファイト迄は上手くなります。

 

ウインタースポーツのスキーやスノーボードと同じです。

 

しかし2か月間通っても旨くならないのが一つだけ。

状況に合わせる事です。

釣りは自然が相手・・・・・

時期によって同じ大潮でも水位や潮の流れは違います。

それが身に付いてこその『釣りが上手い』ではないでしょうか?




 

釣りが上手くなる「まずは3つのルアーをとことん使う」

 

ルアーカラーは好きな色のルアーを選びましょう。

光量、夜間気にしなくて良いです、それはまた次のステップ。

  • 水面に近いレンジを狙う:フローティングミノー
  • 水中の真ん中あたりを狙う:シンキングミノー
  • 水深の深い位置を狙う:ヘビーシンキングミノー

メタルジグの釣りは状況に寄って使い分けが必要なので

また別の機会に話すとして取りあえずこの3つのルアーを使いこなす。

現在は飛距離重視、シンキングペンシル主体の釣りに変わってきていますが

やはりミノーは魚に対してのアピール力は圧倒的です。

 

 

釣りが上手くなる「ルアーを流す向きを変えてみる」

 

ある程度キャスト出来る事を前提に話します。

いつも同じ方向からキャストしていませんか?

釣り場に立ち位置があるでしょうけど、同じストラクチャーに対しても

いつも同じ方向からばかり流す。

これではルアーのリトリーブ速度が速い遅いよりも

魚は見向きもしなくなる、「見切られる」が発生します。

 

磯でベイトは深い大場所だと見えにくいが

サーフでイワシのベイトボールが見える時、

ベイトが永遠同じ方向に一定間隔で泳いでいるのを

見たことは在りませんか?

魚に聞いたわけではないので分かりませんが

ベイトは何かに追われていない時、潮の流れに乗って漂います。

もちろんフィッシュイーターも潮の流れに乗って捕食対象を探す。

 

立ち位置の関係上危険な場合もあるので仕方ないが

同じ位置から潮の流れを関係なしにルアーを流していても

興味のない場所にいる魚に対しては見向きもしない。

 

 

基本的にフィッシュイーターは捕食する時後ろからベイトを襲う。

潮の流れに乗ってないルアーには興味を出さない。

まとめると

ベイトがいても釣れない時、ルアーを流す角度や

ルアーの向きを大きく変えるとバイト確率は上がる。 

今日は魚の気配が少ない・・・そんな時は

思い切り、立ち位置を変える事をお勧めする。

 

 

最近流行?の「supフィッシング」や「カヤック」を

持ってる人は安定した釣果を出せるのは

ルアーを流す位置が自由自在だからですね。

 

潮の流れが速い時などルアーをリトリーブしなくても

潮の流れに漂わせているだけで釣れたりもしますよ!

潮の流れにキャストしてドリフトさせるだけで

シーバスの群れなどに当たると嫌になるくらい釣れます。

 

当時海の近くに住んでいたがマンション住まいで

とてもカヤックを保管しておく場所が無かったので

羨ましくて仕方なかった・・・・

そんな当時を思い出しました。

 

寄稿 Mオジサン

編集 The fitstone




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-寄稿
-

© 2022 The firstone