ヒラメ 寄稿

ヒラメハンターへの道・サーフ編[その1] サーフから狙うヒラメ釣り

今月から新企画として、記事を寄稿していただくことになりました。

実は自分の妻の姉の旦那さんが月に1度は遠征するくらい釣りが好きで

釣歴も長く、過去いろんな釣りを経験しているので知識が豊富です。

ただ・・・・忙しい身なので不定期になりますが持ってる知識を書いてもらうことになりました。

1発目はヒラメについて書いてもらいましたので、どうぞご覧ください!

6a67cd2f0fe94fed27a067dd97c8c006_s

 自己紹介

 

多分、皆さんにとっては私の自己紹介など興味もないのでしょうから完結に。

釣歴35年 釣りに出向いた都道府県 多分25,6都道府県

一番大きなヒラメは 新島に遠征した際に釣った75cmのヒラメ

このブログはサーフアングラーがたくさん見に来て頂いているとお聞きしましたので、

サーフから狙う魚について。




サーフに入ってくるベイトが全てなのですが、

離岸流、かけ上がり、ヨブ等ポイントはあれど

ベイトが入ってこなければサーフになど魚は入ってきません。

水深が浅いシャローなど、魚にしてみたら

「いつ鳥に襲われるか分からない危険な場所」だから。

 

過去の経験から、サーフに魚が入ってくると後を追って

次々と小さな群れが入ってきます。

これは普段単体で行動しているような魚でも、

実は小さな群れのようなものがあり特に

産卵期オスはメスを追ってサーフに入ってくることが多いようです。

ではベイトを追って接岸してくる魚を何処で迎え撃つのか?

夜間であればこんな場所でほんとに釣れる?様な

浅い場所でヒラメを狙うのが一番効率良いです。

夜間は鳥に狙われる心配がないのでヒラメも相当浅瀬まで接岸してきます。

何の魚でも同じですが、シーバスも遠くのブレイクよりも手前のブレイク狙いで十分です。

というよりも手前にいるシーバスの方が活性が良く釣れますよ。

サイズは選べませんが。

 

話を戻して、夜間は離岸流など潮の流れも見えないことが多いので海に向かって

真っ直ぐキャストするのではなく、

周りに他の釣り人が居ないか充分に確認して

斜め45°に向かってキャストしたほうが

手前のブレイクに回遊してくる活性の良い魚を釣る

一番の方法だと思います。

ヒラメも夜間普通に釣れます。

 

後は歩く地面の硬さに注意し、

硬い砂と柔らかい砂でその場所がどの程度掘れているか?

想像しながらの釣りになります。

慣れてないと難しいかもしれませんが、これも

まっすぐにキャストせず斜めにキャストするとより

地形のことがロッドを伝って分かりやすい。

 

夜間のヒラメはビックリするくらいベイトを追っかけ回します。

一度急深サーフで7.8mはある深いサーフでしたが

表層にヒラメが何匹もイワシに向かって

ライズしているのを見てビックリしたことがありました。

ベイトの中心に丸い円のようなものが出来、バシャバシャ聞こえたらかなりの確率で

ヒラメです。

覚えておくと良いですよ。

夜間はあまり大きく歩き回らなくても地形変化を見つけたらそこでルアーを変えてみたり

回遊してくるヒラメを迎え撃ってください。

 

明るい時間になるとヒラメは殆どの時間を砂の中で過ごすので、

ベイトを追っかけることはあまりしませんが、

近くに通るベイトをじっと待ち構えているので 釣り人が移動しながら

ヒラメを探すしかありません。

3,4キャストしてはキャスト位置を少しずつずらしていき、早巻きする場合タダ巻きではなく

必ずストップを間に何度も入れてください。

 

ヒラメが捕食してくるタイミングは

「ラインテンションが抜けた時」から

ルアーに再度 「テンションが掛かる時です。」

タダ巻きで釣れた は 当たりを引いたくらいに思いましょう。

多分当の本人は、

タダ巻きしてたと思うでしょうがリトリーブ速度や波で

ラインに微妙な変化が付き「テンションが抜けた後の動き出し」で

バイトすることが多いはずです 。

本人が気づいてないだけ。

 

 

簡単に今までの経験を言葉にしてみましたが、ヒラメは釣れる釣れないのタイミングが

白黒はっきりしている魚です。

本気で座布団ヒラメを釣りたいのであれば 船で沖へ行きましょう。

普段は水深何十mの所にいる魚です。

それがベイトを追って接岸してくるだけなので、タイミングが合わないとどれだけ粘ってみたところで

釣れません。




ヒラメ釣りの秘訣をひとつ!

1日の釣行で何時間も狙うくらいなら、

毎日1時間竿を振ったほうが釣れます!

秘訣ではないような事ですが、それくらいタイミングが合えば釣れる魚がヒラメという魚です。

文 Mオジサン   編集 The first one

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/4/3

釣具ランキング~2021/04/03

新社会人、一人暮らしを始めたなど、4月は大きく環境が変わる時期ですね。 もしかすると今まで通りに釣りは出来ない環境になってしまった方もいるかもしれません。 しかし釣りは色んな釣りがあります。 フィールドも川、湖、海、池、沼・・・・ 対象魚も小さな魚から大型魚まで、人生に疲れたり癒しを求める時は どんな釣りでも「釣りをする必要があった」のだと 一息ついてみてください。   環境などで釣りが出来なくなると、釣り自体に興味が無くなる時期もあるかも知れません。 だけど、水辺に魚はいつもいます。 またいつ ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/3/14

釣具ランキング~2021/03/13

このサイトの更新も週に一回をなんとか維持している状態ですが 釣りシーズンが始まれば、もっと増やしていけるかなと思っています。 毎年のことですが、釣りシーズン・・・魚が動き出す時期は人も動き出すシーズン。 仕事も当然のように忙しくなり、心に余裕がなくなる。 そんな時こそ釣りに行って自然の中に身を置くと一旦リセット出来て良いのですが 片付けや体力の消耗を考えると・・・ ”この潮回りだし釣れないから”と勝手に釣れない言い訳を考えだして 釣りに行かなくなる。   SNSで釣行を上げてる方を見ると、 この ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/3/2

釣具ランキング~2021/03/02

皆さんの中で釣りってなんですか? 釣り人の数だけ色んな思いがあり 美味しい魚を食べたい・家族に食べさせたいから釣りをする 魚との駆け引きを楽しむ 大自然に包まれ無になれる もっと多くの釣りを楽しむ理由があると思います。 一つ大事な事は、釣りは誰かと競うものではないってこと。 競う釣りもあります。 しかしそれはプロだったり、目的がある時だけのもので 常日頃から、SNSでサイズ争いや釣れた数争いは釣り人として・・・ 人としての常識を惑わし、一歩踏み間違えれば悪魔の囁きが近寄ってきます。 釣り禁止場所に入るよう ...

ReadMore

その他

2021/2/26

「MOFT X」全世界で大ヒットしたスマホスタンド使ってみた!

クラウドファンディングで17,000人超えと、記録的な支援者を獲得した 多機能スマホスタンド「MOFT X」 現在ではスマートフォンだけに留まらず、 タブレットスタンド、PCスタンドなど多くの関連製品も登場しています。   【期間限定値下げ】 ノートパソコンスタンド Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC MOFT PCスタンド 軽量 MacBook テレワーク デスク 薄型 ms001 価格:2180円(税込、送料無料) (2021/2/26時点) ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

-ヒラメ, 寄稿
-

© 2021 The firstone