ヒラメ 寄稿

ヒラメハンターへの道・サーフ編[その1] サーフから狙うヒラメ釣り

投稿日:2015年10月6日 更新日:

今月から新企画として、記事を寄稿していただくことになりました。

実は自分の妻の姉の旦那さんが月に1度は遠征するくらい釣りが好きで

釣歴も長く、過去いろんな釣りを経験しているので知識が豊富です。

ただ・・・・忙しい身なので不定期になりますが持ってる知識を書いてもらうことになりました。

1発目はヒラメについて書いてもらいましたので、どうぞご覧ください!

6a67cd2f0fe94fed27a067dd97c8c006_s

 自己紹介

 

多分、皆さんにとっては私の自己紹介など興味もないのでしょうから完結に。

釣歴35年 釣りに出向いた都道府県 多分25,6都道府県

一番大きなヒラメは 新島に遠征した際に釣った75cmのヒラメ

このブログはサーフアングラーがたくさん見に来て頂いているとお聞きしましたので、

サーフから狙う魚について。




サーフに入ってくるベイトが全てなのですが、

離岸流、かけ上がり、ヨブ等ポイントはあれど

ベイトが入ってこなければサーフになど魚は入ってきません。

水深が浅いシャローなど、魚にしてみたら

「いつ鳥に襲われるか分からない危険な場所」だから。

 

過去の経験から、サーフに魚が入ってくると後を追って

次々と小さな群れが入ってきます。

これは普段単体で行動しているような魚でも、

実は小さな群れのようなものがあり特に

産卵期オスはメスを追ってサーフに入ってくることが多いようです。

ではベイトを追って接岸してくる魚を何処で迎え撃つのか?

夜間であればこんな場所でほんとに釣れる?様な

浅い場所でヒラメを狙うのが一番効率良いです。

夜間は鳥に狙われる心配がないのでヒラメも相当浅瀬まで接岸してきます。

何の魚でも同じですが、シーバスも遠くのブレイクよりも手前のブレイク狙いで十分です。

というよりも手前にいるシーバスの方が活性が良く釣れますよ。

サイズは選べませんが。

 

話を戻して、夜間は離岸流など潮の流れも見えないことが多いので海に向かって

真っ直ぐキャストするのではなく、

周りに他の釣り人が居ないか充分に確認して

斜め45°に向かってキャストしたほうが

手前のブレイクに回遊してくる活性の良い魚を釣る

一番の方法だと思います。

ヒラメも夜間普通に釣れます。

 

後は歩く地面の硬さに注意し、

硬い砂と柔らかい砂でその場所がどの程度掘れているか?

想像しながらの釣りになります。

慣れてないと難しいかもしれませんが、これも

まっすぐにキャストせず斜めにキャストするとより

地形のことがロッドを伝って分かりやすい。

 

夜間のヒラメはビックリするくらいベイトを追っかけ回します。

一度急深サーフで7.8mはある深いサーフでしたが

表層にヒラメが何匹もイワシに向かって

ライズしているのを見てビックリしたことがありました。

ベイトの中心に丸い円のようなものが出来、バシャバシャ聞こえたらかなりの確率で

ヒラメです。

覚えておくと良いですよ。

夜間はあまり大きく歩き回らなくても地形変化を見つけたらそこでルアーを変えてみたり

回遊してくるヒラメを迎え撃ってください。

 

明るい時間になるとヒラメは殆どの時間を砂の中で過ごすので、

ベイトを追っかけることはあまりしませんが、

近くに通るベイトをじっと待ち構えているので 釣り人が移動しながら

ヒラメを探すしかありません。

3,4キャストしてはキャスト位置を少しずつずらしていき、早巻きする場合タダ巻きではなく

必ずストップを間に何度も入れてください。

 

ヒラメが捕食してくるタイミングは

「ラインテンションが抜けた時」から

ルアーに再度 「テンションが掛かる時です。」

タダ巻きで釣れた は 当たりを引いたくらいに思いましょう。

多分当の本人は、

タダ巻きしてたと思うでしょうがリトリーブ速度や波で

ラインに微妙な変化が付き「テンションが抜けた後の動き出し」で

バイトすることが多いはずです 。

本人が気づいてないだけ。

 

 

簡単に今までの経験を言葉にしてみましたが、ヒラメは釣れる釣れないのタイミングが

白黒はっきりしている魚です。

本気で座布団ヒラメを釣りたいのであれば 船で沖へ行きましょう。

普段は水深何十mの所にいる魚です。

それがベイトを追って接岸してくるだけなので、タイミングが合わないとどれだけ粘ってみたところで

釣れません。




ヒラメ釣りの秘訣をひとつ!

1日の釣行で何時間も狙うくらいなら、

毎日1時間竿を振ったほうが釣れます!

秘訣ではないような事ですが、それくらいタイミングが合えば釣れる魚がヒラメという魚です。

文 Mオジサン   編集 The first one

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/7/16

釣具ランキング~2019/07/16

2019年の海の日は、ここ十数年間で最も低い最高気温を記録した地域が多かったそうです。 あっという間に過ぎ去るけどたくさんの思い出を残していける夏。 短いけど夏の釣り場は賑やかになります。 海水浴、磯遊び、スピアフィッシングやその他のマリンスポーツなど 大きな魚を釣ると近くに居たギャラリーに拍手してもらえたり(笑) 普段一人で釣り場にいるからなのか?妙に嬉しかったりもします。 釣りはスポーツだけどギャラリーがいるともっと面白くなるかも?なんて想像をしてしまった。 2020年の東京オリンピックでは公式競技に ...

ReadMore

-ヒラメ, 寄稿
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.