ルアー

「根掛かり外し方」根掛かりしても直ぐに力を入れてシャクらない!

投稿日:

福井県で親アオリイカが釣れています。

知り合いも行ったそうですが、根掛かりのオンパレードで「嫌になってしまった」と聞いて

彼の釣りを見ていると、藻に根掛かりしているのに

とにかく外そうと「力強くシャクり捲る!!」

オイオイ、やり過ぎだろ?と思う程に力強く。

「ロッド折れるよ!」とそんな感じをイメージしてみてください。

そこで回収率ナンバーワン!根掛かり回避はオモリ(シンカー)を使え!

をチョンチョンと送り込んでチョ~ンチョ~ンとかる~くロッドを煽ると

す~っと外れるのを見せてあげました。

 

根掛かり外しのコツ!状況をよく考えてみる

PE2号、3号~より上の太さのラインを使ってる場合はそれも一つの方法ですが

それでも強くシャクるのはよりフックが食い込む原因にもなります。

細いPEラインであれば、切れるのは当然ですよね。

 

根掛かりが発生した時に、その付近でこのような現象が起きていないか

まず確認します。

  • 水面にヨレが出来ているかどうか?
  • 波が立つのかどうか?

波が立つ場合は岩盤に絡んだ根掛かり。

ヨレが出来ている場合は透明度の高い偏光サングラスでよ~く見てみる

魚と岩盤との深さを把握することが出来る136偏光サングラスの透明度!

水中になにか黒い物がフラフラしているのであれば

「チョンチョンチョン」と

ラインスラッグを少しずつ出しながらティップが少し曲がる程度の軽い力で

何度も行い、藻に根掛かりしたフックの可動域を少しずつ増やして

食い込んだ部分に遊びが出来れば根気よくやれば取れます。

しかし、ここで力強くロッドを動かすと藻にドンドン食い込み、茎の部分に奥深く刺さっていると

太いPEラインでなければロッドを強く煽っても取れない場合が多い。

岩など硬い物の隙間に挟まっているのであればなおさら。

 

根掛かり外し、まずはロッドを置こう!ロッドをシャクって外す概念を無くす

まず根掛かりして軽くロッドをチョンチョンで外れない場合、

足場の良い所でロッドを離しましょう。

根掛かり外し方、その1 放置する

海の場合潮の流れや波の抵抗でPEラインが引っ張られます。

根掛かりを起こした際、人が出来ない沖に送り出すような動きも起こります。

この時にラインを張らず緩めずの状態にしておかないと

せっかく根掛かりが外れた際にラインがごちゃごちゃに絡まっていた!なんてことも。

決して張らず、遊びがある程度に休憩でもしながらラインを手に持っておきましょう。

 

しかしこのやり方は時間が掛かる・・・そんな方には

 

根掛かり外し方、その2 ナス型オモリを送り込む

回収率ナンバーワン!根掛かり回避はオモリ(シンカー)を使え!

ひと手間掛かるのは事実だが、さっとこの方法を使った方があっさり外れます。

コツは送り込む際にしっかりルアーやエギのルアーアイまで送り込むこと。

外れない!という人はしっかりと送り込めていないです。

 

 

根掛かり外し方、その3 一呼吸ついて指で張って緩める

どんな根掛かりも時間をかければ80~90%必ず取れます。

しかしそれをやっていると皆さん地合いを逃すような気分になったり

ルアーロスト+タイムロストにも感じるわけです。

根掛かりしたら、必ず一呼吸置きましょう。

ロッドを置いてPEラインを掴んでチョンチョンを繰り返す。

このチョンチョン、ラインを少し送り出して大きなストロークでやったり

ラインを少しだけ張って細かいストロークでやったりストロークを変えてやってください!

 

根掛かり外し方まとめ

あ~根掛かり!ってときは軽い藻などと判断できた場合以外は

取りあえずロッドを置きましょう。

力強くシャクればどんどん外れる確率は下がるのが根掛かりです。

特別難しい事はありません。根掛かりは外れるんです。

しかし皆さん焦って直ぐに強い力で何度かトライして余計時間が掛かる状況に陥っている。

ご紹介した3つの方法であれば根掛かり回収率80~90%ほどにUP出来ます。

自分がそうなりましたから。

あとは極力根掛かりしないラインスラッグ処理や着底から高速で巻きあげるなどの

細かなテクニックも大事ですよ。

 

no image

釣行記

2019/8/25

20分釣行!

2019/08/25 お盆の間もずっと休みなく働いていたので、久しぶりの休み。 午前中は色々やりたい事を済まして、波が落ちてくる15時頃から海へ。   途中でスマホを忘れてる事に気付いたけど、すぐに帰ろうと思っていたので そのまま海へ着いたが、波は一瞬落ちたけどまだ強烈なうねりが・・・ 辺り一面、藻だらけで10投だけで終了。 毎年、お盆は釣りに行かないが特に今年は忙しくて夏の釣り満足に出来なかった。 これから始まる秋シーズン、釣りに行く時間をなんとか生み出したい! 今年の夏は始まるのが遅くて、あ ...

ReadMore

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

-ルアー
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.