個人的な思い

2018年総括「釣りのプロアングラーになりたい若い世代は多い」

投稿日:

あと数日で2018年へと向かい

2019年は2020年に開催される「東京オリンピック」で

善いも悪いもメディアを騒がせる事が次々と出て来るでしょう。

大きな利権、お金、が動くオリンピックですが

善い事の割合が多い世の中であって欲しいと願います。





 

若い世代がプロアングラーを目指す

今年、個人的に感じたことは

「プロアングラー」になりたい若い世代が意外に?

多いことにびっくりしました。

釣りに関わりながら生活するのであれば

釣りYouTubeチャンネルを作り、釣りに溢れた生活をしながら

動画撮影で稼ぐことが最も手軽で

誰に認められなくても始めることが出来る手段ですが

釣りが上手い下手は関係ない部分で

人気が出る出ないに関する部分が大きく、

釣りYouTubeチャンネルも一つのバラエティ番組と呼べるかもしれません。

人気が出るのはほんのわずかな一握りの方達だけですが

それでも誰の許可も無く始めることが出来る敷居の低さは

魅力的だとは思います。

 

プロアングラーの仕事とは?

プロアングラーはメーカーが発売する製品、または自分も制作に関わった商品を

広く拡散する事が一番大きな仕事。

今の流れは、「誰でも飛ぶ、使い易い、巻くだけ」

こんなキーワードが並びますが

実際に魚が釣れるかどうかは、「魚が釣れる場所で使わなければ釣れない」わけで

大御所となり、ガイドが数日前からロケハンするような人以外は

自分の足で現場へ行き、撮影日前に実釣してみるなど

準備(タックルメンテナンスを含め)がとても重要な仕事です。

そしてそこで釣果の出た製品を言葉にしたり、画像を自分で投稿したり

一昔前の様な、ライターが文字に起こしてくれるような時代ではありません。

逆に考えれば、雑誌や取材を受けなくても

自分のSNSで広く拡散することもやり方によっては可能だし

WEB軍師を使ってそのルアーインプレを何パターンも

書いてもらい紹介することも可能だったりします。

その他にも釣具店イベントに参加したり

目に見えない仕事よりも、人前に出る仕事の割合は多くありますが・・・。

 

プロアングラーへの道は数多くある

もしプロアングラーを目指す方は

これからどのように活動していくべきなのだろうか?

実は数多くあります。

  • SNSで自分をアピールする
  • ルアーテスターとして他の人より細かいインプレを書く
  • YouTubeチャンネルで人気を得る
  • メーカーが多く出入りする大型釣具店で人脈を得る

一つ一つ説明しましょう。

 

SNSで自分をアピールする

これは最も手っ取り早く、現代では最もやらなくてはいけないこと。

誰かのスタイルを真似ても意味がない。

自分のスタイルで釣りをして、共感してくれる人を増やす。

簡単に言えばファンを掴む。

ファンが増えれば、メーカーからも自然に声が掛かるようになります。

 

ルアーテスターとして他の人より細かいインプレを書く

もしも文章がうまく書けないのであれば

箇条書きに要点をまとめてクラウドワークスで

釣り経験のあるライターを利用すれば山ほど書いてくれる方はいます。

ご要望に合わせて幅広いレベルの記事を作成!

モニター的なルアーテスターであっても

ルアーメーカーとしては良い文章を書いて釣果を出す人には

当然注目します。

SNSに写真を投稿して・・・・の様な

ルアーモニターほど、自分をアピールするのに絶好の機会です。

何故かというと、ほとんどの方が中途半端な文章しか

書かないから。

そこでしっかりとインプレを文章にすれば

圧倒的に目に付くように!

ルアーモニターはチャンスですよ!

 

YouTubeチャンネルで人気を得る

毎日何個のYouTubeチャンネルが生まれてるのか

分かりませんが、基本的に誰でも作ることが出来ますが

相当ルックスが良く自他ともに認められる人、話が面白い人、

365日釣り場で過ごせるような勢いのある人で無ければ厳しいでしょう。

特にこれだけチャンネルが増えてくると埋もれてしまうので

WEB知識のある方や、動画編集出来る方は強い。

逆に今どき動画編集も出来なければ厳しいですが

編集は外部に依頼して、自分は撮影に集中するユーチューバーも

増えてきましたね。

賢いと思います。

 

釣具メーカーの人と仲良くなる

釣具店で働いたり、メーカーが多く出入りする企業へ

関わるのは、プロアングラーの夢に留まらず、

もっと世界で活躍する人へと成長できる繋がりが持てるかもしれません。

やはり人との出会いは大事です。

釣りは一人でも出来ますが、釣りが上手い人など日本中に山ほどいるわけで

釣り具メーカーの担当者と仲良くなっても

最終的にはあなたに魅力があるかどうか?なのです。

勘違いしている方も多くいますが、

SNSでどれだけカッコ良く注目されても

最終的には今まで生きてきた、

あなたの人柄や態度、姿勢です。

見た目や、口先だけでは敵わないのが世の中です。

誰もが振り返る様な芸能人並みのルックス、

私生活にまで多くのファンが付いているような人は別ですが・・・。

 

WEBを使うことで不可能を可能にする

WEBを使うことで、どこにいても

アピールをすることは容易に可能です。

そしてそれをやるかやらないかも自分次第です。

例え話に「○○を始めようか思ってるんだけど・・・」

次に会った時も「〇〇の準備をしてるんだけど・・・」

永遠にやらないと思います。

悩んで多くの方法を探ることは大事ですが

悩んだら行動です!

行動しなければ何も変わりません。

 

2018年自分への戒めとして、

2019年に向けても

「悩んだら行動!」

 




 

 

 

魚の生態

2019/11/22

最高級食材の「若狭ぐじ(アカアマダイ)」が福井県で釣れるの知ってた?

アカアマダイ・・・という魚をご存知ですか? 名前にタイと付きますが、実はスズキ科に属する魚で色は綺麗なピンク色。 色は鯛に似ていますが、鯛ではありません。 そしてこのアカアマダイ、実は最高級魚の一つ! アカアマダイでも 若狭湾で釣りや、延縄(はえなわ)漁で漁獲されたアカアマダイのみが、 若狭ぐじになる資格を持ち、鮮度が良く姿形が美しいこと、 それらをクリアした大型のアマダイだけを厳選し、はじめて「若狭ぐじ」というブランド魚となる。 釣人の間で「若狭ぐじ(アカアマダイ)」は最高級魚です。   若狭 ...

ReadMore

イベント

2019/11/22

「Amazon・ブラックフライデーセール」日本初開催のビッグセール!

11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59まで開催の Amazonブラックフライデーセール! ブラックフライデーと呼ばれる言葉をニュースなどで聞いてご存知の方も多いでしょう。 アメリカの「感謝祭」明けの金曜日が 『ブラックフライデー』と呼ばれ一年で最も売り上げが上がるセールイベントとして 日本でも近年、イオングループなどは盛大に広告していますが 遂に・・・・本家本元アメリカの「Amazon」も参入! 今回のビッグセール・・お得な物が出ているのでご紹介していきましょう!   Amaz ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2019/11/20

2020年シマノ魚拓カレンダーお申し込み受付開始中!

シマノが毎年作成して大好評の 『魚拓カレンダー』が今年もお申込み受付を開始しています。 今年のトップは九絵(クエ) モロコと呼ばれたり、地域で呼び名も変わりますが 九・絵と書くのは初めて知りました。 いや~シマノさんありがとう! 子どもの?大人も漢字の知識まで付きますね、素晴らしい! 毎月1匹の魚拓が描かれたカレンダーですが、 2020年は 1月-真鯛【マダイ】 2月-寒鯛【コブダイ】 3月-雨子【アマゴ】 4月-へら鮒【ヘラブナ】 5月-鱸【スズキ】 6月-鮎【アユ】 7月-白鱚【シロギス】 8月-障泥 ...

ReadMore

個人的な思い

2019/11/19

釣りに必要な事はすべて釣堀が教えてくれた。

皆さん釣り堀は行かれたことがありますか? 釣り堀は自分の原点で、3歳ころに父親友人4グループと初めて漁港で釣りをする。 その後、晴れた日は必ず父親に連れられて河川へ釣りに。 そして北陸の冬は長いので冬から春にかけては毎週のように釣り堀へ。 その釣り堀の池に泳いでいたのは黒々とした真鯉。 釣れた重量でポイント制があり、隣のお好み焼き屋さんでもポイントが使えるし エサもポイントで買うことが出来たと思う。 子どもでも、釣れた重量で大人と競うことが出来たのは面白かった。   釣りの大事な事はすべて釣り堀 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/11/18

釣り具ランキング~2019/11/18

今年も残すところ・・・・ まだ1か月以上ありますが、あっという間に年末年始が訪れます。 まだまだ福井県の海の方は好釣果が上がっていて、 ヒラメにヒラマサに昨年も良かったですが今年も引き続き良い魚が入ってますね! そして釣具福袋商戦も既に始まっていて、 釣具店が色んな手を使って販売戦略を福袋に投入していますが 多くが中身が見える福袋のため、中身を空けて期待以上の価値は見出せないが お得に購入は可能です。 良くも悪くも効率主義、気に食わなければSNSで即批判の現代らしい福袋が 今年も乱舞する!   ...

ReadMore

-個人的な思い
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.