タックル

釣具を片付ける前にメンテナンス!

投稿日:

各地で雪がちらついてくると狙う対象魚も

活性が悪くなるために今年の釣りは終わりと区切りを付けて

タックルを片付ける方もいるでしょう。

そんな方のために、どういった形でタックルメンテナンスを

行って保管するのが良いのかお伝えします。




タックルメンテナンス、錆びさせない為に水洗いが基本。

 

シーズンオフ時のロッドメンテナンス編

 

まずロッドに関しては水洗いすることが必須です。

リールシート部などもしっかりと位置をずらしたりして

水で洗い流す。

ガイド部など柔らかいスポンジなどで綺麗に洗い流す。

普段いい加減にメンテナンスしていないと

ガイド部が錆びついてしまいますが、表面であれば

コンパウンド等で擦って撮ることは可能ですが

ガイドエポキシ内部から錆びている様な状態は

残念ながらガイド交換しないと厳しいですね。

 

水洗い後はタオルで拭いて陰干しする。

 

錆びさせない為にもボナンザを使うべきです。

ボナンザはロッドを磨くためにも使いますが

汚れや潮気を水洗いで直ぐに落とす事にも有効だから。

毎釣行後の水洗い後に塗り込むと効果的です!

数年経つと、使ってない場合との差は歴然。

片付ける際もしっかりとボナンザを塗ります。

 

 

 

ロッドの継ぎ目部

ここも綺麗に水洗いした後水分を拭き取り

フェルールワックスを必ず塗っておきましょう。

 

 

塗る量は薄くで十分なので塗り過ぎた場合はティッシュで拭き取るか

全体に伸ばしましょう。

 

片付け場所は、高温多湿を避けてが当然なのですが

住宅事情により倉庫に入れて置かないといけない場合は

せめて換気を細目に出来る場所や、直射日光に絶対当たらないように

することは大事です。

私は子供が手の届かない大きなタンスの上に

ロッドソフトケースに入れてシーズンオフは保管しています。

 

 

シーズンオフ時のリールメンテナンス編

 

リールも基本は毎釣行後の水洗い。

帰宅後、ドラグを目一杯絞めてシャワーを

全体、ラインローラー、ハンドル、スプールなど

丹念に水でスポンジで洗います。

必ず水で洗ってください。

お湯で洗うとグリス類が溶け出し流れてしまうので

真水で!

タオルで水気を拭き取り

ドラグをユルユルに緩めてから陰干し。

絶対に高温多湿の場所に保管しない事。

 

そしてここからが保管する場合の大事な所。

ラインローラーにはグリス塗布

 

ラインローラー部は簡単にグリスUP出来ます。

ラインローラーメンテナンス

 

 

 

スプールを外してギア根元部へ向かってオイル塗布。

 

ホントに僅かに「シュッ」だけでOKです。

ギア自体への為のオイルではなく

ゴムパッキンの為のオイルなので。

 

保管は柔らかいタオルで遊びを持たせて包んでも良いし

部屋に飾って置いても良いですが、シーズン終了時には

ラインを全て外して保管するようにしてます。

必ずドラグが緩んでいることを確認してから保管してください。

 

 

 

シーズンオフ時のルアーメンテナンス編

 

ルアーに関しても基本は水洗いが重要です。

洗うと言っても数時間、真水に浸して置いて

乾かす前にもう一度流水で流す程度でOKです。

陰干しでしっかりと乾かします。

 

フックが錆びてきている物は新品に交換。

まだ使えそうだけど少し錆びてきている物に関しては

フックシャープナーで研ぐのも良いですが

研ぐのは一度だけ。

何度も研いでいるとフックの折れにも繋がります。

 

 

 

 

シーズンオフ時のタックルメンテナンスは水洗いが大事!

普段から丹念に水洗いしておけば良いのですが

釣行後疲れてしまって簡単に洗った結果

錆つく原因となったり、異音が発生するように成ったりと

不具合が出る原因にもなりますね。

特に保管に関しては異常な高温多湿さえ気にしなければ

特に問題はありません。

 

換気が出来る倉庫でもあれば良いですが

自宅の一部に保管する方が多い中、

ベッドやソファーの下に保管したり、

天井や壁にロッドを掛けるなどの方法も。

釣具収納方法

置くのが邪魔なら壁か天井

こちらの記事もタックル保管の参考にしてみてくださいね!





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

その他

2019/5/17

釣り中の海中転落事故でも生存率が2倍になる複数人釣行!

今年も自身、サイトへ訪問して頂いているアングラーの全ての方が 事故の無いよう願っていますが、ふとした瞬間に海中転落は起きます。 突発的に起きる魚とのファイトや根掛かりを外す行為の最中など 予想だにしない事が突然起きます。 ロッドを手にする事でまず、足元に対しての注意力が欠如する。 ロッドやラインを気にするあまり体感のバランスが悪くなる。 足場が不安定なテトラ帯や高い岩の上から転落した際に水の中に落ちても 陸地であっても、どちらも軽いパニック状態となります。 幸か不幸か、自分も高い位置からの転落は在りません ...

ReadMore

ルアー

2019/5/16

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので 前回同様、魚の生態、 釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄 色んな話をしました。 青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!   彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、 まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。 福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、 どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて 自分は海中から ...

ReadMore

魚の生態

2019/5/15

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

今年、福井県でとことん不発の青物。 唯一釣れてるのは、沖磯だけと・・悲しい結果で 釣り場もガラガラ、それはそれで構わないがショアジギングを楽しんでいる方は かなり少ないですね。釣れるとまた増えるのだが。   自分の昔からの知人にスキューバーダイビングを楽しんでいる者がいる。 そして今はやらないが昔は釣りも楽しんでいたので、 釣りにも詳しく、 彼は沖縄の海で酸素ボンベをカンカン叩いて魚を集めていたら 3mほどのサメの群れに襲われ、素手で撃退した過去を持つ無類の海好き?です。 地元に帰って来ていると ...

ReadMore

-タックル
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.