ララペン150Fとヒラマサ

休日出勤が続いていたので、休みを取って海へ。

エギングを楽しむ人も少なくなり

いや、平日だからいつもこんな感じなのか?

釣り場まで走る道も車は少なめ。

 

薄暗くなるまでキャストは我慢。

ララペン150Fに何か水面がモワっと揺らぐ。




次のキャスト。

着水から4~5回ダイブさせただろうか?

水面が沸き立ち、直ぐに強烈な引きがロッドに伝わる。

やはりシングルフックはバレにくい・・。

最近シングルフックでのバラシはゼロ。

安心してファイト出来る余裕は

ロッド、リール、ライン、フック全て万全の準備をしてるから。

ラインは色々試したくて、

今回で8釣行リーダーを変えずにそのまま使っている。

何度か突っ込まれるがロッドの曲がる反発でしっかりと

魚を浮かせる。

大きな波でランディング!

 

70㎝手前位かな?前回よりはサイズUP。

 

エラに掛からずしっかりと口にフッキングして

出血も無い為にすぐにリリース。

 

 

今日は「長潮」。

どこかで長潮は釣れない・・・・・。

そんな事は無くて、

釣れる時期に釣れるフィールドでそこにルアーをキャストしていただけ。

やはり通える人は羨ましい。

1日中キャストしているより、毎日1時間キャストする事の方が

大切な釣りと改めて感じた。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ ララペン150F 11 BIGキビナゴグリッター
価格:3024円(税込、送料別) (2018/10/4時点)

 

 

 

ララペン150Fを使う際、暗い時間帯は

ロッド操作をしないリーリングだけの誘い出し。

2回~3回巻いてしっかりと間をおいてそれの繰り返し。

視界が完全に開けない時はこのやり方が

磯マルも含めて自分は釣果が良い。

 

明るくなったらロッドも使った誘い出しで

速い展開に変えれば良いだけで

そればかりが通用する訳でも無く、一つの参考に。




-釣行記
-, ,