ルアー

LALAPEN125F(ララペン)で青物、シーバスをトップで狙え!

数多く大手メーカー、ハンドメイドルアーでアングラーを魅了するダイビングペンシル。

もちろん狙うはヒラマサ、マグロ、GTと大型魚と呼ばれる魚達で

磯も船の釣りでも多くのアングラーが海に到着後、

第一発目のキャストをダイビングペンシルで始める。

タックルの強さで、240㎜を使う方もいれば、ダイビングペンシルとしては小型な125㎜を

使用する方もいる。

今回は、磯で使用するルアーの中でも小型な

ジャンプライズ「LALAPEN125F(ララペン)」をご紹介しましょう。




LALAPEN125F(ララペン)青物もシーバスもどちらも狙えるサイズ

まずジャンプライズから発売されているLALAPEN(ララペン)シリーズには

5つのサイズが登場しています。

LALAPEN125F

LALAPEN150F

LALAPEN165F

LALAPEN200F

LALAPEN240F

狙う対象魚によって、使用するタックルが変わるわけですが、

125Fは、PE1.5~3号辺りのタックルバランスだともっとも使い易い。

 

[LALAPEN125F・スペック]

全長:125mm
自重:25g
アクション:クイックスライド&ショートダイブ
フック:無(推奨トレブルフック:ジャンプライストレブルMMH #3、STX58 #2 推奨シングルフック:バーティカルライト 1/0)
リング:強化リング#4

カラー全10色

楽天 LALAPEN125F 最安値

シーバスロッドまたはショアジギングロッドMH辺りまでのロッドと相性がよく

飛距離も安定して出ますが、そもそも・・・・・

ジャンプライズ製ルアーの特徴「誰が投げても安定して飛ぶ」

を兼ね備えたルアーで、それなりの強い風が吹いていても

「ほんとに25gなの?」と同重量のルアーと比べ驚くくらい直線へ飛びます。

ラインは煽られるので当然落下姿勢に入るとそれなりに横には振れるが

誰が投げてもミスキャスト少なく飛距離が出ます。

 

ここからが自分がLALAPEN125Fを多用するポイント

ダイビングペンシルには立ち姿勢・浮き姿勢にそれぞれ特徴があります。

水面に対して平行に横たわるような形で浮かぶものもあれば、

LALAPEN125Fは水面に対して垂直に近い形で浮かびます。

ダイビングペンシルはほとんどが水面に立つわけですが

その角度は様々です。

どちらが善い悪いはありませんが、

垂直立ちする方がカタクチイワシなどの小型ベイトを捕食している

ヒラマサ、青物、シーバスに対してサイズ感をマッチさせやすい。

フックセッティングでもある程度浮かぶ姿勢は変える事出来ますが

自分がLALAPEN125に使用しているフックは

カツイチ デコイ ショートパイクサイズ一覧

 

表層から一枚下をダイブさせることが出来るLALAPEN125F

そしてスイム。

これもタックルバランスでアクションの強さは変わりますが

ロッドをゆっくりはらえば、スイスイスイ~と水に馴染んで、

始めの水面にダイブさせる時だけゆっくり~その後勢いを増してはらえば

クネクネクネ~と(笑)水流に波動を出すが、

水面の一枚下でそれを出せるからLALAPEN125Fは釣れると思っている。

水面直下ではない、水面から一枚下まで潜航することが出来る。

シマノ別注ヒラマサもそれで、一枚下・・・このレンジが釣れるわけですね!

実際に水柱が派手に出ない、一枚下でのバイトは魚のミスバイトが少ない。

ダイビングから浮かぶバイトも勿論あるが、ダイビング中のスイスイスイ~ガツン!も

非常に多く横からヒラマサがスッ~~~とすごい勢いで泳いできてのバイトも

何度も体験している。

 

また、シーバスを狙う際は暗い時間から視界が何とか見える程度の薄暗さの時は

勢いよくダイブさせ、次のダイブまで2秒ほど間を開けると

シーバスがいれば一撃です!

ダイビングペンシル、ウッド製のハンドメイドルアーを使う方は

「ダイブさせやすく使いやすいから」と話される。

水に馴染みやすく、ミスダイブも確かに少ないですからね。

1本1万円近くするルアーは釣れた時の思いれも強く入るし至高の世界だと思う。

それに対してプラ製ルアーはカラーが豊富だったり、

いつどこでも売ってる手軽さがあり、その中でも

LALAPEN125Fは飛距離、誘い出しを行うアクションも容易、さらに釣れる!とのことで

このサイズのダイビングペンシルではマリア「ラピードF130」と、

人気ルアーの座を不動のものにしています!

 

楽天 LALAPEN125F 最安値




釣行記

2020/9/20

1か月ぶりの釣り。

2020/09/20 14:00~17:30 風:微風 波:90cm 約1か月ぶりの釣り。 昨日も自宅で仕事をしていたため、朝マズメ起きる体力が無い。 この時期はいつもそうだ。 寝ないで行くには朝陽が昇る時間が遅すぎるので、釣りに行くバランスが崩れる。 波情報を見ると、1m・・・・。 ダメでもドライブ気分で海に向かう。 漁港や磯には釣り人の姿が多い。 エギングを楽しんでる人も居れば、家族でアジを釣ってるのかな? やっぱり大自然で楽しめる釣りは良い。 マスクをしなくても楽しめるレジャーは少なく、釣りは小さい ...

ReadMore

エギング

2020/9/22

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ方が多く、 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

© 2020 The firstone