個人的な思い

釣りのマナーを守る事は自分が釣りを楽しむため。

投稿日:

相変わらず、釣りにおけるマナー問題は毎日のようにSNSを騒がす。

数年前はFacebook、昨年はTwitter、今年はInstagram?

どこで話題になろうが同じだが、

「釣り人みんなに迷惑が掛かる」という言葉自体は抑止力にもなりません。

そしてSNSはその人の経歴や貢献度などすべてを消し去り

「悪い事であればみんな叩いてるから、一緒に叩けば怖くない!」的な風潮で

ほとんどやってることは近所で集まって陰口を叩きまくるおばさんと同レベルです。

自分はマナーを守っているのに!と。





 

結果どうなるのか?

その場所は釣り禁止となったり、

マナー違反を犯した個人自体は二度とその場に近づかないだろうが

また新たなマナー違反を犯す者が登場するだけです。

 

地元にも、釣り中に転落し何人も亡くなった釣り場がある。

当然釣り禁止区域で大きな柵がある。

誰がどう見ても釣り禁止と分かるのだが未だに柵を無視し、入る人が後を絶たない。

自分が数年前に違う釣り場で話した人は

「俺、普段○○で釣りしてるよ~」と自慢げに話していた。

禁止区域に入り込んで釣りをしている事をなぜ自慢するのだろうか?

別に逮捕されないし~ちょっと悪い事してる気分に酔いたいのだろうか?

 

それにしても釣り禁止区域に行く理由はなぜだか分かりますか?

釣れるから!」この一言です。

どれだけ高い柵を建てても、入る人は釣れるから入っていく。

じゃあどうすればそこへ人が入らなくなるのか?

その辺り一帯に定置網でも仕掛けて魚がその付近に入らないようにしてしまえばいい!

無理な話だが論理的にはこれが一番、

魚が釣れるという理由に対して釣れないから来る人もいなくなる。

 

侵入した者は一斉検挙!

釣れるなら隠れてでも侵入する者は現れるだろうし、

大人の事情でごにょごにょする人もいるでしょうけどね!

 

この程度までしないと、釣りという遊びであっても罪を犯す、マナーを守らない人の

抑止力にはならないのが人間の釣りたい欲望なわけです。

ゴミを捨てる人は隠れてでも捨てるし、マナーを守らない人は言い訳を見つけては

ずっと続ける。

釣りでいうなれば釣れる結果を断ち切らなければマナー違反は消えないのです。

SNS叩きをしたところで叩いてる本人の気分が悪くなるだけで何の解決にもならず、

数日でその情報は違うマナー違反者に目を向けられ消えていく・・・。

釣りに限らずワイドショーを騒がす問題も毎日が延長線上です。

解決しない問題を騒ぐだけだから、また時間の経過と共に人と場所を変えその問題が

名前を変えて現れる。

そしてそれを極悪と考えて叩くフィールドも変わり日頃からのうっ憤を晴らすかのように

SNSと呼ばれるコミュニティー内で騒がれては消え、騒がれては消えを繰り返し

人々は踊らされる。

ここ数年色んな事を思ってきましたが、多くの先輩アングラーたちと話す機会も増え

自分がマナーを守り、ゴミを捨てる人があれば個人で拾えばいい。

釣り場で横入りされたなら、譲ってあげればいい。

そんな風に変化してきました。

騒いだり叩いたりしたところで、釣り場の環境は良くなりません。

それくらいなら毎回ゴミ数個でも拾って帰れば釣り場からゴミは減り続けていく。

必ずそれを見てくれて、捨てていた人も捨てなくなるしその場所にも来なくなるでしょう。

悪いことをする人は善い行為をする人を見るのを嫌います。

罪悪感が沸き上がるから。

そのうちその釣り場に来なくなるか、もしかすると一緒にゴミ拾いを始めてくれるかもしれませんからね。

 

さぁ、マナーを守って釣りを楽しみ、釣り上げた画像を自信満々にSNSにUPしよう!

それこそがマナーを守っている人の特権であり本来のSNSの楽しみ方ですからね!

 




 

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-個人的な思い
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.