5年間探し続けて見つかった、「釣り中最強の携行食ドライフルーツ」

釣りは全身を使う。

一部の座って行う釣りにしても朝から晩まで

動かないわけではないし特にフィールドをラン&ガンするような

釣りは体力も奪われる。

そしてお腹が減れば集中力も続かなくなる。

 

釣り仲間でも、釣行前に必ずパンを買って持ってくる人もいれば

自分は、釣り中に胃を満たすような物は必要ないと思い

たまに持って行ってもグミ程度のお菓子。

グミは食べてもお腹に軽いし、チョコバーの様な

口の中に残る甘さもあまり感じないので

最高の携行食の一つだと思っているが

夏に悲劇が起きた・・・・。

溶けて「ネチャ~っと」触りたくない状態になっていた。

 

アイスやチョコレートが溶けた感じよりも

あの手に付いたら洗っても中々粘着力が取れない不快な感じ。

夏の炎天下でライフジャケットにパッケージのまま

持ち歩いていれば融けるのはどうしようもない。

そして新たな最強の携行食を探す旅が始まった。




 

釣り中、最強の携行食は糖分も摂取出来て溶けない食べ物

釣りにおける携行食の条件は

  • 一口サイズで口に放り込むことが出来る
  • 溶けない
  • 糖分を摂取できる
  • 手が汚れない
  • のどが渇くような口の中に残らない物
  • トイレがない事を前提に腹痛を誘発させない軽い食べ物

夏と冬とでは少し条件は違うが

やはり溶けない食物であることは必須だ。

汚れた手でリールハンドルを触るなんて嫌だから。

最近のお菓子は融けにくくはなっているが

それでも

チョコバー・飴・グミ・などは溶けた。

 

次にカロリーメイトやソイジョイの様な

バランス栄養食と呼ばれる物は

口の渇きを誘発し、水分を多く必要とするので

論外だった・・・・。

クッキーなどの焼き菓子もこれに分類されるのでダメ。

座って腰を下ろして食べるには最高だと思うが

食べながらも釣りが出来るのか?というと

選択肢から外れた。

 

 

あとは何があるかな・・・・・?

行きついた先は?

 

ドライフルーツこそ釣り中の最強の携行食

ドライフルーツは

果物を干して水分を乾燥させて砂糖などに漬けにした物。

携行の仕方にもよるのかもしれないが

溶けない!

夏、飲み物は凍らせたペットボトル500ml×2本

小容量のサーモス水筒の中にドライフルーツを入れて

持ち運んでいたが全く溶けない。

プラスチック容器に入れて行ったこともあったが

溶けなかった。

溶けないので手も汚れない!

そして一口サイズなので口に放り込みながら釣りもできる。

糖分も摂取できる!

のども乾きも最低限に抑えられる!

食べても容量以上に軽いけど腹持ちする!

最も釣りに適した携行食を見つけた。

 

サーモス水筒の内側のパッキンを外して

ドライフルーツを入れて行けばゴミも出ないし

防水性も保たれるので便利で飲み物を飲む要領で

口に入れることも出来て手は汚れない。

 

 

 

ドライフルーツはお肌にも良いとの事で

「直射日光に痛めつけられた夏のお肌にも良い」と

エステガールが言ってました。

 

実は小さい頃ドライフルーツは苦手だった。

干し柿が好きじゃないので、何とも言えない甘さや

ねちょ~ってした食感が・・・。

私も大人になったからなのだろうか?

色んな味があるからなのだろうか?

 

子供がお菓子作りに買ってあった小粒のドライフルーツを食べてみると

「なにこれ!意外に美味しいじゃない!」

最近では健康食としてドライフルーツを

水や炭酸水に溶かしたフォンダンウォーターなどもブームとなり

多くの味のドライフルーツが登場しているので

リンゴ・マンゴー・レーズン・パイナップル・レモン・みかん・・

などなど自分の好みに合わせて

釣り中の携行食としてドライフルーツをおススメしますよ!

一番おススメは甘すぎず、ほんのりした苦みもある

「レモンドライフルーツ」

ドライブ中などの口寂しい時にもおススメですよ。

賞味期限も半年と長く非常食としても

保管しておいても良いですね。

 

※木の実が入っているようなドライフルーツは

口の中に残る感じがするので個人的にはお勧めしません。

楽天 ドライフルーツ一覧 

Amazon ドライフルーツ



-釣りに使える便利グッズ
-,