タックル

スプリットリングを使い続けた結果・・・。実釣でのスプリットリング耐久性

2018年11月11日

釣り道具の中で

最も小さく、最も安い消耗品。

狙う魚種や狙う場所によっては

使わない人も居るが多くの方が使っている

ルアーとラインを繋ぐ

「スプリットリング」や「スナップ」

 

色んなメーカーから発売されているが

自分が使っているスプリットリングを

5回釣行後の状態をお伝えしましょう。




スプリットリング耐久性は?実際何回使えるの?

普段から自分が使用している#4

「XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング」

 

スペック

 

#4

強度 80lb(約36㎏)

内径 5.2㎜

外形 7.2㎜

厚さ 1.2㎜

 

スペックの数値でいけば36㎏まで引っ張り強度ありますよとなるが

実際の魚はロッド、リールドラグ等で変わるし

水深に寄る水圧、潮の流れで条件も異なる。

 

要はこのスプリットリングを使っていて

  • 口が開いてルアーが飛んで行った
  • ファイト中にルアーが抜けた

トラブルが起きた事があるかないのか?

一度たりともない!!

 

36㎏の魚をかけた事なんて無いし、

私のタックルで36㎏の負荷が掛かった事は無い。

それこそ20㎏クラスのヒラマサでもヒットしなければ

無いでしょうね。

そもそもリーダーを50lbまでしか使わないので。

 

しかしスプリットリングはルアーチェンジする度に

プライヤーを使って口をこじ開けている訳です。

金属でも当然変形してくる。

じゃあ何回程度ルアーチェンジすると口が開いて来てしまうのか?

 

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング耐久性

基本的に普段は釣行時間が丸一日に及ぶ場合は

1日で交換です。

半日釣行の場合は、土日で使い回します。

半日の釣行でルアーチェンジの回数は、

20g~60g程度のプラグを中心に、

10回交換するとして、スプリットリングを

プライヤーを使い20回開閉してるとします。

約5回の半日釣行で100回開閉した

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリングの画像はこちら。

(一眼レフカメラで撮影し更に拡大してます。加工は無し)

 

まずは新品時

 

約100回の開閉後

 

5回の釣行で使い続け、

5回目となる釣行のランカー磯マルを含めて

60㎝台のヒラマサ、キジハタ数えきれないほど

釣りました。

 

流石に若干口は開いて来てますが

ルアーアイが勝手に外れようと回っていたことも無く

全く問題ない状態でした。

さすがにこれ以上は使い続けようとは思いませんが。

 

消耗品として、これだけ耐久性があれば十分だと思います。

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング#4は

バリューパックで100個入り、税込みで950円程。

楽天 XESTAハードスプリットリングバリューパック

Amazon XESTA(ゼスタ) ハードスプリットリング バリューパック 4
1回の釣行で使い捨てたとしても

1個、約9.5円です!

 

スプリットリングを使い始めたそもそもの理由が

使用していたスナップタイプ、

いつの間にか勝手に開いていたことを何度か経験し

ルアーが飛んで行ってロストした事は無いが

いちいちチェックしなくてはいけないストレスから逃れる為。

しかしスナップは指で簡単に迅速に交換できるメリットがある。

 

スプリットリングは爪で開閉できる物もありますが

自分は毎回スプリットリングプライヤーで開閉しているので

その手間は増える。

しかし慣れれば迅速に交換可能で、

勝手に開かない安心感をメリットに考えれば

スプリットリングを使う事をお勧めします!

 

自分の釣り場で20㎏とか30㎏がヒットすることは

まず考えられないので、大型魚に対応するために

スプリットリングを使い始めたのではありません。

それとスプリットリングよりもスナップの方が開かない!と

お話しされていた方もいますが

自分はそのような経験は未だに無いので

スプリットリングを使い続けてます。





イベント

2020/3/27

シマノ釣りフォトコンテスト

創業100周年に向けて動き出したシマノ。 シマノ100周年記念ティーザーサイトが動き出した!   そのシマノ100周年アニバーサリーサイトで期間、テーマ別で6回に渡り シマノフォトコンテストが開催中です!   シマノフォトコンテスト概要 (スマホでも参加可能!) [シマノ フォトコンテスト] 期間:2020年 3月23日~6月30日 第1回 テーマ:出会い(自転車・釣り・ロウイング) シマノフォトコンテストは、本格的なカメラをお持ちでなくても スマートフォン撮影でも参加可能です! 「自 ...

ReadMore

リール

2020/3/26

シマノ100周年記念ティーザーサイトが動き出した!

今あなたの前に現れたリールは 今から50年前、 1970年に作られたシマノ初代スピニングリール『DUX Reel』   そして今から99年前、 シマノが製造・販売した最初の製品『3.3.3. Single Freewheel』   そう・・シマノは2021年3月に100周年を迎えます!   シマノ創業100周年に向けてアニバーサリーティーザーサイトオープン そして100周年アニバーサリーサイトオープンに先駆け ティーザーサイトがオープンしました。 https://www.sh ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/3/23

釣具ランキング~2020/03/23

そろそろ魚の活性より前に人の釣りに対する活性が上がってくる時期です。 もう既に魚が釣れている地方は別として・・・。 そういえば今年はシマノリールオーバーホールキャンペーンの告知が出ませんね。 「シマノオーバーホールキャンペーン2019」個人で修理申し込みが可能に!   毎年この時期に開催され、少し前にシマノホームページの メンテナンスページがサーバーメンテナンスに入っていたので?と 思っていましたが、今年は未だ開催されませんね。 コロナの影響でしょうか?それとも繫忙期をズラしてキャンペーンを始め ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/3/18

釣具ランキング~2020/03/18

たま~に来る質問コメントですが、 「今年は早くに青物接岸しますか?」「いつ頃から青物祭り始まりますか?」 青物のタイミングを聞いてこられる方が非常に多いのですが 何度もお話している通り、まず福井県嶺北地方の日本海で青物が接岸するタイミングは 「沖で釣れ始めてから」です。 当然ですが、ジギング便やトップ便で遊漁船の釣果に注力してください。 船上が賑わいを見せ始めて約2~3週間ほどするとショアに接岸してきます。 と言いたいところですが、魚の動きはベイト次第。 特に春はカタクチイワシなどの良いサイズのベイトがあ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/3/10

釣具ランキング~2020/03/10

そろそろ、海へ行く準備をするタイミングとなってきました。 2019年の1発目は、子供と貝殻拾いに行った際に数投だけ釣りをした4月7日。 2投目でサゴシが釣れたが、この数日間、数百m先には巨大なナブラが沸いていた。 福井県サーフ青物祭り開始!トップゲームで青物!!   ベイトの状況頼みするしかない状況ですが ベイト接岸→アジ・青物→イルカ・・と 弱肉強食が繰り広げられるようになると釣りシーズン・インとなりますね! 今年は高水温だと思うでしょ? それが実は昨年と比べてデータを見ると特別高水温ではない ...

ReadMore

-タックル
-,

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.