タックル

スプリットリングを使い続けた結果・・・。実釣でのスプリットリング耐久性

釣り道具の中で

最も小さく、最も安い消耗品。

狙う魚種や狙う場所によっては

使わない人も居るが多くの方が使っている

ルアーとラインを繋ぐ

「スプリットリング」や「スナップ」

 

色んなメーカーから発売されているが

自分が使っているスプリットリングを

5回釣行後の状態をお伝えしましょう。




スプリットリング耐久性は?実際何回使えるの?

普段から自分が使用している#4

「XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング」

 

スペック

 

#4

強度 80lb(約36㎏)

内径 5.2㎜

外形 7.2㎜

厚さ 1.2㎜

 

スペックの数値でいけば36㎏まで引っ張り強度ありますよとなるが

実際の魚はロッド、リールドラグ等で変わるし

水深に寄る水圧、潮の流れで条件も異なる。

 

要はこのスプリットリングを使っていて

  • 口が開いてルアーが飛んで行った
  • ファイト中にルアーが抜けた

トラブルが起きた事があるかないのか?

一度たりともない!!

 

36㎏の魚をかけた事なんて無いし、

私のタックルで36㎏の負荷が掛かった事は無い。

それこそ20㎏クラスのヒラマサでもヒットしなければ

無いでしょうね。

そもそもリーダーを50lbまでしか使わないので。

 

しかしスプリットリングはルアーチェンジする度に

プライヤーを使って口をこじ開けている訳です。

金属でも当然変形してくる。

じゃあ何回程度ルアーチェンジすると口が開いて来てしまうのか?

 

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング耐久性

基本的に普段は釣行時間が丸一日に及ぶ場合は

1日で交換です。

半日釣行の場合は、土日で使い回します。

半日の釣行でルアーチェンジの回数は、

20g~60g程度のプラグを中心に、

10回交換するとして、スプリットリングを

プライヤーを使い20回開閉してるとします。

約5回の半日釣行で100回開閉した

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリングの画像はこちら。

(一眼レフカメラで撮影し更に拡大してます。加工は無し)

 

まずは新品時

 

約100回の開閉後

 

5回の釣行で使い続け、

5回目となる釣行のランカー磯マルを含めて

60㎝台のヒラマサ、キジハタ数えきれないほど

釣りました。

 

流石に若干口は開いて来てますが

ルアーアイが勝手に外れようと回っていたことも無く

全く問題ない状態でした。

さすがにこれ以上は使い続けようとは思いませんが。

 

消耗品として、これだけ耐久性があれば十分だと思います。

XESTA(ゼスタ)ハードスプリットリング#4は

バリューパックで100個入り、税込みで950円程。

楽天 XESTAハードスプリットリングバリューパック

Amazon XESTA(ゼスタ) ハードスプリットリング バリューパック 4
1回の釣行で使い捨てたとしても

1個、約9.5円です!

 

スプリットリングを使い始めたそもそもの理由が

使用していたスナップタイプ、

いつの間にか勝手に開いていたことを何度か経験し

ルアーが飛んで行ってロストした事は無いが

いちいちチェックしなくてはいけないストレスから逃れる為。

しかしスナップは指で簡単に迅速に交換できるメリットがある。

 

スプリットリングは爪で開閉できる物もありますが

自分は毎回スプリットリングプライヤーで開閉しているので

その手間は増える。

しかし慣れれば迅速に交換可能で、

勝手に開かない安心感をメリットに考えれば

スプリットリングを使う事をお勧めします!

 

自分の釣り場で20㎏とか30㎏がヒットすることは

まず考えられないので、大型魚に対応するために

スプリットリングを使い始めたのではありません。

それとスプリットリングよりもスナップの方が開かない!と

お話しされていた方もいますが

自分はそのような経験は未だに無いので

スプリットリングを使い続けてます。





個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/19

釣具ランキング~2020/10/19

休日に観光地へ行けば久しぶりに? 人混みを見て少し活性が戻ってきたような気分に。 釣りを含めたアウトドア関連商品は昨年度の売り上げと比べても 200%UPだったり、数か月前は密を避けようと意識的に植え付けられたものが 今では、アウトドアを楽しもうと意識が違うだけでも この数か月で大きく変化しました。 よく考えてみれば、日本は四季があるので季節ごとに違う景色を楽しめたり アウトドア大国なのかもしれませんね。 人が増えれば色々問題も噴出しますが、 今後釣り場も整備されたり、もっと釣りが身近なものになっていくか ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「Amazonプライムデー」釣具もたくさん登場してるよ!

2020年10月13・14日だけ開催され Amazonプライム会員のみが参加できる 毎年開催されるわけですが、釣具はほとんど興味のない品ばかり・・・ でしたが、さすが「GAFA」の一つ、Amazon。 すぐに修正してきたと言うべきか釣具も充実したプライムデーとなっています。 少しご紹介しましょう!   Amazonプライムデー釣具も良いもの沢山出てるよ! アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 ウイングビーム 80H ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「前澤友作」氏が本気で釣りのプロを募集中!

アングラーの皆さまに面白い内容です! 起業家、実業家、ZOZOTOWNを急成長させて話題となった 『前澤友作』氏。 彼が釣りのプロを募集しています! 前澤友作氏の釣りのプロ募集概要 募集に至った経緯 実は前澤の小さい頃の夢は漁師。 狩りをすることを仕事にする漁師に強い憧れと尊敬の念を持っています。 漁師にはなれなかったものの、 ときには地元千葉から船を出して仲間と釣りを楽しんだり、 海外でも時間を見つけては大物を狙ってトローリングしてみたり、 釣れても釣れなくてもぼーっと全てを忘れて没頭できる釣りが大好き ...

ReadMore

-タックル
-,

© 2020 The firstone