個人的な思い

釣りが海を楽しむ人の迷惑行為になっている恐れも考えよう

川もそうですが、気候が良くなると

水辺でのマリンスポーツを楽しむ方が一気に増えます。

我々釣りを楽しんでいる以外にも

サーフィン、Sup、海水浴、磯遊び・・・など

海が観光地となっている所や

景観が良い所は遊歩道が作られていたりもするので

釣りをしている側でも多くの人が通行したりもしています。

 

そして忘れてはいけないのは、

我々釣り人は

針が付いている、凶器にもなる物をキャストしているという事実。

当然魚をかけるための釣針ですが人に刺されば

大怪我となり大惨事になる事も考えられます。

釣りをする人以外の立場を考えた色んな状況を見て行きましょう。





 

海を楽しむみんなが釣り人に思う迷惑

 

サーフィンを楽しむ方が釣り人に思う事

サーフによく通ってたからか、

サーフィンを楽しんでる方とよく話をする機会があった。

「やっぱり近くに投げて来られると怖いよ」

「ライディングラインを避けるために少し離れた所を

通過するけど釣りする人もそういった場所ポイントだもんね」

なんて話をされたことがあった。

これはサーファー同士も最低限のマナーがあり、

波に乗るライディングポイントのライン上では

パドリング禁止だそうで

サーファーが楽しんでる位置は波が立つ場所、

釣り人にとっては魚が付くであろう、かけ上がりが近い。

お互い一応安全ポイントを分かっているつもりであっても

やはり近くにキャストすることは

釣針が付いている物を投げてる以上、事故に繫がれば

こちら側にも責任は発生する。

 

サーファーが近付いて来てしまった時は

一声かけるか、キャストは辞めてもっと離れましょう。

波の位置も移動すると共にサーファーも位置を変えます。

その辺りも理解してあげましょう。

 

 

ペットの散歩で海に来る飼い主が釣り人に思う事

今やペットはペットではない家族です。

知り合いにも自分の子供のように犬を飼ってるご夫婦がいる。

海を観によく行くそうですが

砂浜で犬を走らせる時には特に気を付けているそうです。

それは釣り餌が付いたままの釣針。

犬は鼻が利く。

釣り餌を口にしてしまう事もある。しかし針が付いてるなんて

犬には分からない。

 

これは故意に釣り針を落して帰る人はいないと思うが

根掛かりや、ライントラブルで気付かずに

釣り人が危害を与えてしまう典型的な迷惑行為。

ラインロストしてしまうのはどうしようもないので

落ちていたら犬に見つけられる前に

釣り人が拾って処分してしまいましょう。

それしかありません。

 

釣り場近隣住民が釣り人に思う事

これはもうゴミ・騒音が全て。

しかしこうも話していた。

「○○川がこんなに有名なったのは釣り人のおかげだと思う

県外からも釣りに来てくれて誇らしい気持ちになれるよ」

 

 

自分ひとりだけじゃない、事故は他人を巻き込むことを自覚しよう。

結局は釣りに一人で行っても

全ての行動に責任が伴うのは皆同じです。

サーファーの中にも、

釣り人に対して挑発的な行動をする方もいる。

犬を放し飼いにして、

こちらに迫って来て恐ろしい思いをする事もある。

 

自然の中で遊ぶお互いが思いやりを持つことが出来れば、

きっとトラブルは持って減っていくと思うが

色んな人がいる。注意すれば逆切れする人も。

そんな時は釣り針を使う釣り人が

やはりその場を離れるべきだと思う。

 

どちらが善いのか悪いのか?そんな事関係ない。

そして海で事故になると

救助要請する事態になったり、大事にもなる。

せっかく楽しみに釣りに来ているのに。

もしかすると

  • サーファーに助けられる釣り人も居るかも知れない。
  • 犬に癒されることもあるかも知れない。
  • 近隣の方に車などのトラブルを救ってもらう事があるかも知れない。

大きな海の前では皆が広い心で楽しんでもらいたいですからね!

 

 




 

個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/19

釣具ランキング~2020/10/19

休日に観光地へ行けば久しぶりに? 人混みを見て少し活性が戻ってきたような気分に。 釣りを含めたアウトドア関連商品は昨年度の売り上げと比べても 200%UPだったり、数か月前は密を避けようと意識的に植え付けられたものが 今では、アウトドアを楽しもうと意識が違うだけでも この数か月で大きく変化しました。 よく考えてみれば、日本は四季があるので季節ごとに違う景色を楽しめたり アウトドア大国なのかもしれませんね。 人が増えれば色々問題も噴出しますが、 今後釣り場も整備されたり、もっと釣りが身近なものになっていくか ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「Amazonプライムデー」釣具もたくさん登場してるよ!

2020年10月13・14日だけ開催され Amazonプライム会員のみが参加できる 毎年開催されるわけですが、釣具はほとんど興味のない品ばかり・・・ でしたが、さすが「GAFA」の一つ、Amazon。 すぐに修正してきたと言うべきか釣具も充実したプライムデーとなっています。 少しご紹介しましょう!   Amazonプライムデー釣具も良いもの沢山出てるよ! アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 ウイングビーム 80H ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「前澤友作」氏が本気で釣りのプロを募集中!

アングラーの皆さまに面白い内容です! 起業家、実業家、ZOZOTOWNを急成長させて話題となった 『前澤友作』氏。 彼が釣りのプロを募集しています! 前澤友作氏の釣りのプロ募集概要 募集に至った経緯 実は前澤の小さい頃の夢は漁師。 狩りをすることを仕事にする漁師に強い憧れと尊敬の念を持っています。 漁師にはなれなかったものの、 ときには地元千葉から船を出して仲間と釣りを楽しんだり、 海外でも時間を見つけては大物を狙ってトローリングしてみたり、 釣れても釣れなくてもぼーっと全てを忘れて没頭できる釣りが大好き ...

ReadMore

-個人的な思い
-

© 2020 The firstone