エギング

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「イカの居ない場所でエギングをしている」

エギングをはじめ、釣り全般において

釣り場所選びも釣りのテクニックの一つだと思っています。

9月中その年産まれたアオリイカたちは、藻場から岸際まで流れ着き

堤防や漁港内で大きくなります。

外洋に面した場所に比べ外敵となる「大きなフィッシュイーター」が少ないから。

少しサイズが大きくなると今度は磯場へと生活する場を移し、

水深のある磯で生活をするようになります。

磯には藻や、岩の影など身を潜めて外敵から逃れる場所も

自分が小魚などエサを追い込みやすい環境でもあるからですね。





10月に入るとエギングを楽しむ方の姿は台風の訪れと共に

徐々に少なくなります。

しかしアオリイカが釣れる場所はあります。

 

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「イカの居ない場所でエギングをしている」

我々は人の都合で釣りをすることがほとんどです。

天候、場所、時間帯・・・

しかしイカはその都合に合わせてくれません。

イカが生息する場所へ行けば11月中旬まで、アオリイカは割とイージーに釣れます。

台風で水の中はかき回され、堤防や漁港より身を隠せる場所が多い磯へと移り

より深い磯へ落ちていくイカも多い。

堤防や漁港で釣果は出ないはずですよね。

車を横付けしすぐに竿を出せる場所で釣れるのは10月の台風前までです。

 

上級者の方は混雑を避ける目的もありますが、10月頃からエギングを開始し

釣り場は磯です。

エギング初心者の方は自分の都合に合わせるのではなく

イカの都合に合わせてエギングをしてみましょう!

 

日中、あちこちで見えていた見えイカも見えなくなり

サイトフィッシング出来なくなると、釣果を出せない・・・。

きっともうそこにはアオリイカ居ないと思いますよ!

ぜひ磯でエギングを楽しんでくださいと初心者の方には気安く言えませんが

磯へ釣り場を変えましょう!

 

エギングを磯で楽しむ装備

ライフベストタイプのライフジャケット

スパイクorフェルトスパイクブーツ

この2つは必須です。

初めは安いマイナーブランドの物でもよいので必ず安全装備として

着用してください。

あとは、「危険な所に釣りに行っている」気持ちを忘れないように。

明るい時間に下見に行ったり、磯での釣り経験が豊富な方と釣行する。

間違っても初心者2人、3人では行かないでください。

仲間といるという無駄な安心感を生み、危険意識も薄れ、

初心者なのに無茶な場所へ行ったり一人で行くよりも危険な場所で釣りを始める方までいます。

 

そして初心者の方が磯は根掛かりを頻繁に起こします。

ヒラマサタックルのフックなどではないので、エギカンナであれば

この方法で割と根掛かりしたエギを救出することが可能です。

回収率ナンバーワン!根掛かり回避はオモリ(シンカー)を使え!

 

 

根掛かりはラインが切れてしまうと自然界にもダメージ、

ルアーロストすればお金を捨てたも同然、

なにも良い事はありません。

根掛かりしないためにどうすれば良いのか?

毎キャスト、ボトムを取って感覚を掴んでください。

動画などで掴めるのは簡単なイメージだけで、

潮の流れの変化で根掛かりする位置やラインの流れ方が大きく変わることを

経験として覚えるしかありません。

 

初心者の頃に根掛かりする確率を下げることを覚えれば

エギングテクニックは飛躍的に上達し、少しずつイカを釣り上げる経験を積んでいくことで

イカがいる場所も分かるようになり

飛躍的にイカは釣れるようになります!




釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-エギング
-,

© 2022 The firstone