2018年、注目のシマノリール一覧

2018年も釣具、特にリール業界は

ジャパンフィッシングショー2018に目掛けて

各メーカー新機種が登場しますが、

今回は2018年注目のシマノリールをご紹介しましょう!




 

2018年シマノ大注目リール一覧

 

全てのアングラーを虜にする「18ステラ」

 

2018年シマノリールは『18ステラ』の発売で幕を開けて

もしかすると『ステラSW』の発売も期待したい。

2018年内になるのか2019年になるのかは分かりませんが

SWモデルは、ステラから派生したソルトウォーター大型リール。

 

発売するインターバルは5年か6年になるそうで

18ステラが発売したからには期待せざるを得ませんね!

 

18ステラ発売!『シマノ・ステラ3つの魅力』と全スペック、どんな釣りで使うべきか?

Shimano 18ステラ一覧

 

 

ツインパワーはNEWモデルが登場するのか?

今年はシマノリールの中堅モデルの

ツインパワーシリーズも発売から3年経過。

この辺りのモデルが派生したモデルが多く

どれを基準に選ぶか?で魚種も釣り方も変わってしまう。

 

ツインパワーXD

ツインパワーが発売され

ラインローラーが回らない、シャリシャリすると

多くの問題点が指摘されて登場したのが

『ツインパワーXD』

SWシリーズとも違い番手は5,000番までだが

ギアが従来の1.7倍もの強度!

 

シマノプロスタッフの言葉を借りると

1つ上の番手、つまり6,000番手並みの強度を誇る。

 

更に、マグナムライトローターⅡも搭載。

回転初めは滑らかに、滑らかな巻き心地は

繊細な当たりも逃さない事に繋がり、

剛性とは正反対の繊細さも備え持つ!

 

そして問題のラインローラーはツインパワーとは

構造が違う防水構造を持ち、

過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)は

ステラを除きシマノトップクラス!

実売価格は36,000~42,000円と

剛性を求めるショアジギング、サーフでヒラメ、青物

磯ヒラスズキなど、狙える対象魚の幅がグッと広がる。

シマノ ツインパワーXD一覧

 

ツインパワーXDスペック

品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
自重(g) スプール寸法
  • ナイロン糸巻量(号-m)
  • フロロ糸巻量(号-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長 ハンドル長
(mm)
ベアリング数
S A-RB/
ローラー
本体価格(円)
C3000HG 6.0
  • 3.5
  • 9.0
235 46.5/14.5
  • 2.5-180、3-150、4-100
  • 2.5-160、3-130、4-100
  • 1-400、1.5-270、2-180
88 55 9/1 48,500
C3000XG 6.4
  • 3.5
  • 9.0
235 46.5/14.5
  • 2.5-180、3-150、4-100
  • 2.5-160、3-130、4-100
  • 1-400、1.5-270、2-180
93 55 9/1 48,500
4000XG 6.2
  • 6.0
  • 11.0
290 51/17
  • 3.5-170、4-150、5-125
  • 3-190、4-145、5-115
  • 1-500、1.5-320、2-210
99 57 9/1 49,500
C5000XG 6.2
  • 5.0
  • 11.0
300 53/17
  • 4-190、5-150、6-125
  • 4-170、5-135、6-115
  • 1.5-420、2-300、3-190
103 57 9/1 49,500

 

ツインパワーXDの発売で、15ツインパワーのNEWモデルの

必要性は薄れてしまったが・・・・・。

剛性、防水、マグナムライトローターが付き

巻く感覚までもがフラッグシップモデルに近いリールとなった

ツインパワーXD。

今後発売されるツインパワーは

サーフショアジギングモデルにでも特化した

性能を持つなど「何か!」が無ければ

何の意味も無い普通のリールとなってしまいそうです。

 

 

サステインはツインパワーを超えた?

 

シマノリールは、ステラをハイエンドモデルとして

ミドルエンド、エントリーモデルと

価格、性能が劣る仕組みとなってますが、

ミドルエンドモデルに関しては、最新発売リールの方が

数年先に発売されているミドルエンドモデルを超えてきている。

ユーザーとしてはリールメーカーの企業努力によって

進化したものを使えるわけですが、発売するスパンが

早すぎる気もしますね。

 

サステインがまさにそんなリール。

 

サステイン

 

剛性を確立する「HAGANEギア・HAGANEボディ・Xシップ

防水効果をアップする「Xプロテクト

回転性能を良くしながらも剛性もUPした「NEWマグナムライトローター

これほどのテクノロジーを搭載し価格はツインパワーよりも少し安い。

最新のリールが3年前のリールよりも

良い機能が付くのは当然ですが、それと同時に

カテゴリーの住み分けが難しくもなってきていますね。

実売価格は25,000円~28,000円

シマノ サステイン一覧

ストラディックSW、ソルトウォーターモデル登場

 

また新たなモデルが!

ストラディックにソルトウォーター専用モデルの

『ストラディックSW』が登場!

 

見た瞬間・・・バイオマスターSW?と思ったあなた

ほとんど当たってます。

ハンドルノブが、CI4⁺になった事と、

ローラークラッチ部、ラインローラーがXプロテクトになったくらいしか

変わらず。

Xプロテクトは今後当分の間シマノリールには

全面採用されていくのではないかと思います。

(エントリーモデルを除き)

 

 

ストラディックSWスペック

品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
自重(g) スプール寸法
  • ナイロン糸巻量(号-m)
  • フロロ糸巻量(号-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長 ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
4000HG 5.8
  • 6.0
  • 11.0
305 51/17
  • 3.5-170、4-150、5-125
  • 3-190、4-145、5-115
  • 1-500、1.5-320、2-210
93 55 6/1 32,000
4000XG 6.2
  • 6.0
  • 11.0
305 51/17
  • 3.5-170、4-150、5-125
  • 3-190、4-145、5-115
  • 1-500、1.5-320、2-210
99 60 6/1 32,000
5000XG 6.2
  • 6.0
  • 11.0
310 53/17
  • 4-190、5-150、6-125
  • 4-170、5-135、6-115
  • 1.5-420、2-300、3-190
103 60 6/1 32,000
5000PG 4.8
  • 6.0
  • 11.0
310 53/17
  • 4-190、5-150、6-125
  • 4-170、5-135、6-115
  • 1.5-420、2-300、3-190
80 55 6/1 32,000

シマノ公式

 

4,000番手、5,000番手のみですが

サーフでのサブリールとして持つのには

良いと思いますが、メインで使用する方は少ないと思う。

また釣りを初めて2代目のリールを選ぶとしても

上で説明した「サステイン」を選ぶべきだとも思います。

 

発売は2018年5月予定

 

 

エクスセンスに下位互換のEXSENCE Ci4⁺が登場!

こちらは軽さを求めるエクスセンスシリーズに

エクスセンスCI4⁺が追加されます!

「Xプロテクト」「ラビッドファイアドラグ」

「NEWマグナムライトローター」を搭載し

ウェーディングアングラー向けに

軽くてお求めやすい価格で登場ですね

 

EXSENCE CI4⁺スペック

品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
自重(g) スプール寸法
  • ナイロン糸巻量(lb-m)
  • フロロ糸巻量(lb-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長 ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
C3000M 5.0
  • 3.5
  • 9.0
195 46.5/14.5
  • 8-130、10-110、12-85
  • 8-110、10-90、12-80
  • 0.8-300、1-220、1.2-150
73 50 9/1 37,500
C3000MHG 6.0
  • 3.5
  • 9.0
195 46.5/14.5
  • 8-130、10-110、12-85
  • 8-110、10-90、12-80
  • 0.8-300、1-220、1.2-150
88 55 9/1 37,500
3000MHG 5.8
  • 3.5
  • 9.0
205 46.5/14.5
  • 8-130、10-110、12-85
  • 8-110、10-90、12-80
  • 0.8-300、1-220、1.2-150
85 55 9/1 38,500
4000MXG 6.2
  • 6.0
  • 11.0
245 51/17
  • 10-160、12-120、16-90
  • 12-110、16-90,20-65
  • 1.2-250、1.5-200、2-150
99 55 9/1 39,500

シマノ公式

 

2018年3月発売予定で

実売価格は27,000円~30,000円程度でしょう。

 

 

 

2018年シマノリールは中堅モデルが乱立!

 

既に2017年に発売されているものも含めて

ご紹介させていただきましたが、

ミドルエンドモデルが乱立してますね。

 

それだけ選択肢が広がった事で、

「自分がやりたい釣りに対して何を求めるか?」

これが重要だったものが、

剛性も防水も巻き心地も全て揃ったリールが

多く登場することになります。

シマノリールの平均スペックが価格は依然と変わらずに

グッとUPされたそんな印象を受けた

2018年シマノ新リールのご紹介でした!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-リール
-,