ライントラブルを減らすキャスト方法

小さな子供に釣りを教える機会が増えて

自分が幼稚園時代に釣りを始めた事を懐かしくも思い

どうして釣り初心者がキャストで飛距離が出ないのか?

ライントラブルに陥るのか?

改めてよく分かるように。

 

今回はキャスト時に陥るライントラブルを解明します。




 

キャストでライントラブル、実はルアーの位置に問題があった!

釣り初心者の前でキャストをすると、

どうしてそんなに飛ぶの?と飛距離を驚かれる。

6割程度の力でキャストしても

経験者と初心者には40.50mも差が付く時も!

さらに初心者の方をしばらくみていると、

10投に数回は本人の目の前にルアーが「ボトッ」と落ちたり

ロッドガイドにラインが巻き付いている。

 

まず一つ目の大事な事。

慣れるまではPEラインとショックリーダのノット部(結び目)は

ガイドの外に出しましょう。

ノットがガイドを通る時ライントラブルになる場合があるので

慣れるまでは必ずガイドの外にノットを出しましょう!

 

キャスト時にガイドに絡むダメなキャストゾーン

子供達のキャストを観ていると

よ~く分かるのが

軌道、射出されていくルアーの位置が毎回バラバラ。

図で説明しますが

初心者でも飛距離が出る時のルアーの位置は

赤いOKゾーンの中をルアーが軌道を描く時に

ロッドを振り出して11時の辺りでラインを掴んだ指を離す。

 

ガイドに絡んだり、真上に上がって山なりのキャストになり

飛ばない時やガイド絡みを起こす時は青のダメゾーンで

ロッドを振り出す。

ダメゾーン、自分の手元に近い状態でロッドを前に振り出すと

方向、飛距離共に滅茶苦茶な所にポトンと落ちる。

 

赤いゾーンをルアーが通った時ロッドにルアーの重みも乗るので

そこからロッドを回すと

初心者でもそれなりに飛びます。

ロッドにルアーの重みが乗って勝手に反発してくれる位置だから。

 

しかし青ゾーンから射出される時、

ロッドは物干し竿を振り回しているのと同じ。

ほぼ真上にルアーが飛んで危険な場合もあるのでキャストを教える際は

必ずこのゾーンを意識させてあげると安定して飛距離を出せるようになります。

 

経験者であれば、ルアーサイズや重さを判断し

OKゾーンの位置をラインの垂らしの長さやヘッドスピードを変えて

調整しますが初心者の場合はまず正面に飛ぶことを一番に

キャストしましょう。

 

キャストが上手くなるには綺麗に飛んだ時の動作を憶える!

 

「なんか投げる度にガイドにも絡むし上手く飛ばな~い」という方は

青ゾーンでロッドを回す動作に入っていませんか?

この位置で指からラインを離すとラインがたわむことになり

ガイドに絡んだりエアノットが出来たり、

ロッドに重みも乗らず、

ラインを指から離すタイミングだけは

いつもと同じタイミングで放すのでルアーが真上に飛んだりするわけです。

(大人の初心者より子供の初心者や女性に特に多いです)

 

図、文章では難しいかもしれませんが、

一言で書くとロッドにルアーの重みが乗ってない状態で

ラインを早く放し過ぎる。

初心者に聞いた時は「早く放さないと怖いから」と言ってました。

 

ルアーが付いたラインが綺麗に弧を描くということは

スイングストロークが長くなり加速域が大きくなる。

勝手にルアーはロッドに負荷をかける。

そしてそれが反発する力に変わると飛距離も伸びる。

 

流石に文章では分かりにくいですね・・・・

キャストはイメージで上手くなります。

上手い人のキャストを真似したり、動画を何回も見て

頭にイメージ出来る位になりましょう!

 

分かり易いキャスト動画

キャストに必要な事はこの動画を見れば大体分かります。

この様なキャストを毎回できれば、ライントラブルはゼロ。

安定した飛距離も出るようになります!

 

今回はキャスト時に飛距離を出す方法ではなく

ライントラブルにならないようにするには?なので

飛距離を出すためには次回お伝えしようと思います。





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-ロッド
-, ,