ロッド

ロッド購入の参考にするいくつかの方法とは?

投稿日:

釣り道具の最も重要な道具の一つ「ロッド(釣竿)」

一人一人が通うフィールド、狙う魚、リールとのバランスいくつもの選択肢が広がるが

実際にどれを購入すれば良いのかは分からず、”自分が購入したロッドが一番合っていた!”と

自己満足に浸るしかない。

そして対大型魚になると根に潜られたり、ヒットして数秒でなすすべもなくラインを切られたり

初めてこのロッドじゃダメだ、もっと強いロッドを購入しようと考えだすわけです。

 

ロッド購入の参考にするいくつかの方法

「釣り仲間の意見を参考に同じメーカーロッド購入を選択する」

釣り仲間や釣り場で出会い仲良くなった方の情報は一番ですが、

ほぼメーカーが偏ります。

自分が好きなメーカーを推します。

結論から言ってしまえばロッドは自分との相性です。

2社のロッドメーカーが同じ長さ、同じ調子でMHと表記するロッドであっても

2社それぞれの規格でMHと表記しているだけで、

全く別の調子だったりするのが統一規格ではないロッド表記の難しいところであったりもします。

そして最も参考にしない方が良いのは、自分が使用しているロッドが好き過ぎて、他のメーカーのロッドを酷評する人。

もしもそんなに多くの方に酷評されているメーカーであれば既に淘汰されていますよね?

個人が酷評する意見など、あくまでも個人的な感情を含めた意見として聞くべきです。

釣り仲間が多くいる方であれば、やはり釣り仲間の間で多く使われているメーカーのロッドを購入することが一番だったりします。

このサイズであればこのロッドで可能不可能を同じフィールドで意見を聞けるのは最も適したロッド選択に繋がります。

 

「釣具店に通い自分と同じ魚種や同じフィールドで釣りをする店員さんにとことん質問する」

釣具店の店員さんは多くのロッドに触れる機会を持ち、尚且つ多くのメーカーからの情報を得る事も在ります。

多くの釣具店がブログやホームページを持つのでそれらから自分と似た環境へ釣りに行く情報を仕入れ

釣具店に通って予算・お客様からの評判なども含めてお任せで選んでもらう事も信頼できる店員さんであれば良いですが

あくまで、お店に通い続けた結果ですからね。

釣具店の店員ですから、突然初めてのお客様であれ、おススメのロッドを紹介はしてくれますが

やはりお客様の詳しいフィールド、狙うサイズ・今まで使用してきたロッド歴など、

一致するものに合致したロッドは話をする中でしか分からない場合もあるので通いましょう!

実際に展示されているロッドを店内で振る事は難しいかもしれませんが、ティップを持ってもらい

どの程度バット部まで曲がり込むのか?、曲がった際の手元の重心位置などの確認には釣具店で購入することが

一番自分の理想に近いロッドを選ぶことが出来ますね。

 

「メーカーH.P、使用しているテスターの情報を頼りにする」

実はこの情報が最も危険だけど、最も愛着が湧くロッドになったりもする。

メディアなどで紹介されている製品に関しては常にメーカー付きのプロアングラー、メーカー代表などが紹介をしていますが

実際の実釣、かけた魚のサイズまで目から入ってくる情報は一番分かり易い。

そして誰よりも多くの種類のロッドを実際の釣りで魚との感触を知っている人達です。

動画やインプレッション記事で参考にする場合、その方の身長・体重など自分とよく似たタイプの体格をしている方を見つけると

より自分が使用する感覚と近いものを得られると思います。

もっと深く言えば、弾性や調子、長さに至るまで、”このプロアングラーはこのタイプのロッドが好きだ”とまで理解していれば

より深く自分の追求するロッドに近づいていくことが可能ですよね。




 

ロッド選びは本当に難しい

ロッド購入する際に3つの参考にする方法を書きましたが、

何よりも触ってみる事が最も重要です。メーカー試投会・釣具店開催の試投会・フィッシングショーなど

手にする機会があって、そこから未知数の魚とのファイトは釣り仲間の情報と動画でのファイトなどを想像し

自分が使用するであろうフィールドに合ったロッド選びを考えて購入しましょう。

ロッドは人が手に持って扱う道具です。

腕の長さの違いもあれば、筋力、も違い”軽い”と動画内で紹介されていたのに自分には重さを感じたり。

目で入ってきた情報と体が感じる感触に矛盾が生じる。しかし人間の体は合わせようとする機能を持つ。

簡単に言うと「慣れ」です。

実はこの慣れこそが「釣り仲間が推すメーカー」でも書いた

好きなメーカーであれば慣れるまでの許容範囲が大きく初めてのメーカーであれば些細な事でも気に入らないに繋がります。

結局ロッド本来の性能よりも好きなメーカー・好きなプロアングラーが使っているから・・・と

ロッドに対して求めていたものがぼやけてしまっていくのです。

逆に自分が合わせたものはそれが愛着が湧く要因ともなるので人間の気持ちは複雑です。

良いロッドを購入しても魚が釣れる確率にはいっさい比例しません。

しかしキャストする際の不必要なブレなどは一日中投げ続けると体力的な余裕に差が出たり、

疲れが軽減されることはなんといってもキャストし続けられるモチベーションにも繋がりますからね。

 





 

 

 

 

その他

2019/9/18

箏奏者『後藤礼奈』

突然ですが、皆さん箏(こと)と呼ばれる楽器をご存知ですか? 見た目的には「琴」とよく似た形をしていますが、 琴は日本古来の6絃楽器、 箏(こと)は奈良時代に中国から伝来した13絃の楽器です。 福井県に素晴らしい箏奏者がいるのでご紹介したいと思います。   箏奏者「後藤礼奈」 箏はよく京都の和菓子店さんや和風旅館で流れていたりするイメージがありますが、 今は、様々なジャンルを弾く楽器へと変化してきています。 邦楽・J-POP・アニソンなど箏にアレンジされた曲も多く 身近な楽器へと変わりつつある。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/9/17

釣具ランキング~2019/09/17

朝晩涼しく、夏の終わりから本格的な秋へと気温の移り変わりを感じると共に 海の中も魚の活性はMAXへと向かっていきそうです。   千葉県の方では台風の被害により日常を取り戻せていない状態が続いています。 私の福井県で起きた大雪の時もそうでしたが、メディアは興味のある時期しか放送せず 強い雨や強い風が過ぎ去った後はパタリと放送を辞めます。 視聴者も求めていないからでしょうけど。 しかし情報が全く伝わっては来ません。 この週末、色々とバタバタしていてまともにニュース番組を見れていませんが いったい関東 ...

ReadMore

釣行記

2019/9/16

[釣行記]バイト!バイト!今年はハチに襲われる秋シーズン!で終わりそう・・・

2019/09/15 日曜日の釣行記です。 夜明けが遅くなり、4時台ではまだかなり暗いが今日は月の明かりでいつもとは違う明るさ。 一投目からバイトがあるがノラない(笑) 数投目にも・・・・・ 明るくなってからもシーバスとは違う色の大型青物のバイトがあるがノラない! 秋シーズン毎回、トップに乗らない病気に近い。 相当なバイト数があるが、トリプルにもシングルフックにも。 そのうち視界が明るくなると奴が登場する。 「スズメバチ」 顔の周りをブンブン飛び回ったり、気になって仕方ない。 少し足場を変えようと低い位置 ...

ReadMore

ウェーディング装備

2019/9/13

磯ショアジギングを始めるライフジャケット、シューズ、ウエットスーツ装備

磯は多くの魚、驚くようなサイズの魚と出会える夢のある釣り場です。 しかしその分、危険性も多く安全装備やタックルも シーバスタックルやサーフタックルではまさかの大物がヒットした時、何もできずに終わってしまってはもったいない! そこで磯でショアジギング・ショアプラッキングを始めたい方向けに 装備をご紹介していきたいと思います。   磯でショアジギング・ショアプラッキングを始める安全装備 まず磯で釣りを始める時に何が何でも安全装備をしっかりとした製品を購入してください。 ベストタイプのライフジャケット ...

ReadMore

その他

2019/9/10

スズメバチが襲ってくる理由や対処方法は?

9月に入ると一気に釣り場はエギングを楽しむ人により賑やかになります。 しかし気を付けたいのがスズメバチに刺される被害。 海の側・・はすぐ後ろが樹々が生い茂る林になっていたり 山の中と同様にハチの巣は多いです。   そこで今回は特に最も攻撃的なスズメバチが襲ってくる理由や 対処の仕方などをご紹介します。 因みに過去2回スズメバチとアシナガバチに刺されてます。   スズメバチが襲ってくる理由と刺された状況 スズメバチが人を襲う理由 黒色に攻撃的な行動を示す(蜂の巣を襲うクマと同系色だからな ...

ReadMore

-ロッド
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.