その他

根掛かりを避ける釣りのテクニック

投稿日:

根掛かりは釣りの必要悪。

誰しも避けたい事であり、環境にも魚にも鳥にも

何一つ良いことは無い。

 

しかし魚が多く生息するのは根回りでもある。

この矛盾を解消すべく、初心者の方はどうすれば良いのか?

それをご紹介します。




 

根掛かりしない為にはキャストから重要!

根掛かりするには当然理由がある。

使うルアー、使うフックでも大きく違いがあるが

初心者と上級者とでの大きな違いはキャストの時から

違います。

初心者の方でも簡単に出来る事なのでぜひ覚えましょう!

 

根掛かりを回避する大きな一歩はルアー軌道

よく根掛かりする人を見ているとキャストしたルアーの軌道が

ふんわりとラインが膨らんだ軌道です。

 

根掛かりしやすい初心者のキャスト後ライン軌道

 

 

根掛かりしにくい上級者のキャストライン軌道

 

初心者の方は山の様にラインが放出され

無駄なラインが出ている。

上級者の方はライナー性のキャストで

無駄なラインは出ていない。

これだけでは根掛かりと関係性は低いが

この後の行動で大きく根掛かりするキャストかどうかは変わります。

 

余分なラインを出さないサミング(フェザリング)

上級者の方でもふんわりと無駄なラインを出してしまう

キャストになってしまう事があったり、

わざと魚に着水を気付かせる様なトップの釣りをしたりする場合に

山なりのキャストをする場合はあるが

その状況の時、ルアーが降下している途中で

無駄なラインの放出を防ぐ「サミング(フェザリング)」というテクニックを使い

飛距離以上に多く出ているラインの放出を防ぎます。

 

無駄なラインが放出されていると、ルアーがボトムに着底した後に

ラインスラッグを回収する際に回収速度が遅れると

より根掛かりリスクが高まります。

 

サミングテクニック動画

 

サミングはキャスト時、ルアーが着水した瞬間に

常に行うテクニックです。

どんな場面でも常に行います。

根掛かりする?しない?に関わらずぜひ覚えてくださいね。

 

ルアーが着水サミング後はすぐに無駄なラインを回収し

ボトム迄ルアーを沈下させる場合も慣れるまでは

ラインがピンと張るまで一旦リールを巻き、

その後ボトム迄、一気にラインが放出しないように

指を添えてボトム着底を待ちます。

このキャストから、サミングの行動を確実にするだけでも

多くの根掛かりを回避する行動になります。

 

 

根掛かりしにくいフックを使う

海藻が多く生えているところや、

凹凸の細かい岩礁帯、隙間の多い捨て石が多く入る場所などでは

やはりフックが根掛かりしてしまう事が多くあります。

初めて行ったときなどはフックを外して

どれくらいでボトムに着底するのかを調べるのも良いし

フックをトレブルフックからシングルフックに交換するのも

慣れるまでは大事な事です。

 

根掛かりを減らしたいオススメルアー「投技ジグ、投技フック」

 

根掛かりしてしまった時に出来る事

根掛かりしてしまっても直ぐに諦めない事。

何とか外す努力をしてみましょう!

 

藻に引っ掛かってるだけの場合は

簡単に出来る根掛かりの外し方!

 

岩や捨て石に引っ掛かった場合は

回収率ナンバーワン!根掛かり回避はオモリ(シンカー)を使え!

 

こういった方法でかなりの確率で根掛かりから脱出できる場合もある。

それでもダメな時はロッドとラインを水平にし

グローブをした手にラインを巻きつけそのまま自分が後ろに後退。

ラインを切りましょう。

そしてロストした分の倍の量、ゴミ拾いをして帰る。

 

今回は上級者と初心者が同じ釣り場で

どうして初心者は根掛かりが多いのか?を

キャストからの一連の動作で紹介しましたが

誰しも初めから根掛かりしなかったわけではありません。

大事なルアーをロストしたり、悔しい気持ちと共に

どうすれば根掛かりを減らせるのかな?と

考えることが大事ですよ!





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/6/24

釣り具ランキング~2019/06/24

人間余裕がある時と、余裕がない時では 気持ちの大きさの許容範囲が大きく変わる。 久しぶりのサーフへ行ったが、夜誰もいない時間帯に釣り場に立ち、 明るくなると後で分かったことだが 自分の隣数mには〇〇〇〇〇〇〇大会の幟がいつの間にか立てられていて 総勢数十名の大会参加者がほぼこちらがキャスト出来ない位置にまでビッシリ!   正直久しぶりに釣りが出来る時間で、暗いうちから釣り場に立っていたので 「大会だろうが何だろうがもう少し人がいれば場所を変えてやってくれないか?」と 心の中では思ったが、このサー ...

ReadMore

釣行記

2019/6/24

[釣行記]真鯛がチェイス・・・喰うの?喰わないの?

2019/06/23 AM4:30~6:30 風:微風 波:0.8m   休日に天気が悪かったり、仕事に追われてしまいかなり久し振りの釣りになってしまった。 イベント→打ち上げ→帰宅して仕事→AM2:30強烈に眠い。 ここで寝てしまえば完全に起きたら朝マズメを逃す事になる。 しばらく海に通っていないから、 「朝マズメの状況も知りたいから逃すわけにはいかない。」 そんな事を考えながらも眠さMAXで海に辿り着いた。   厚い雲に覆われた空は所々から、太陽が顔を出し 自然が作り出す明暗が海を ...

ReadMore

美味しい物

2019/6/21

夏の釣りのおすすめ携行食

冬の釣り中、ジェットボイルを使い冷えた体に温かいカップラーメンやスープ、 食後にはコーヒーを淹れたりする方まで居ますが 暑い夏は口の中の水分を奪う物や温かいものを釣り中にあまり食べたくない。 そこで個人的にライフジャケットに忍ばせて食べたりしている 釣り中に食べておススメだった軽食をご紹介しましょう!   夏の釣り中におススメな食べ物! 圧倒的にこれです! ゼリー 特にオススメなのが塩分も摂取出来る塩レモンゼリー! 大容量50個入りで冷凍庫で凍らせておきます。 もちろん釣り場で食べる頃には溶けて ...

ReadMore

リール

2019/6/20

今年のシマノタックルプロモーションがカッコよすぎる

2019シーズン、シマノ釣具からは多くの製品が発売・発売予定となっていますが ここ1~2年はメーカーが直接インプレッション記事をホームページに投入したり シマノ ルアークロス ウェブマガジン YouTubeをうまく利用してますね。   そして安く面白い動画を作るメーカーもありますが、 ドローンなどを利用してそれなりの資金を投入して作成された動画はやはり素晴らしいです。 最近1日に1回は・・・いや1週間に1回は観ている「ステラSW」の動画。 もうね・・・純粋にカッコよい!   これもカッ ...

ReadMore

県内外情報

2019/6/19

三国モンスターに、玄達瀬でメーターオーバーヒラマサ!船釣りも福井県が熱い!

2019年、福井県は多くの釣果で賑わっています。 海流の流れなのか、詳しいことは分かっていませんが釣り人にとっては良いシーズンが継続中です。 そして毎年2か月間福井県沖で釣り人に開放される場所があります。 玄達瀬 遊漁期:6月16日~8月15日 Instagram #玄達瀬   玄達瀬には日本全国、特に関西方面から多くのアングラーが大型ヒラマサ、ブリなどの青物を狙いに訪れます。 そして今シーズンも始まりました! 玄達瀬へは福井県各漁港、京都からも出船している船がありますが 許可を持っている遊漁船 ...

ReadMore

-その他
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.