プロアングラーが作るラインシステム

2016/09/17

憧れのプロアングラーはどんなノットで

PEラインとショックリーダーを結束しているのでしょうか?

独自のアイデアで自分オリジナルのノットを組む人もあれば

一般的なノットを組んでいる人まで様々ですが

そのアングラーが狙う対象魚によって参考に成ったりします。

今回は「鈴木斉氏」が作る

誰でも簡単に出来るラインシステムをご紹介しますね。




2lkk

ラインシステムに正解など無くて、自分が使うノットで

問題さえなければそれでいいわけなのですが、たくさんノットを覚えるよりも

一つのノットを

「いつ・どこででも・同じ結束力で・」作れるようになった方が

大事だと思います。

特に釣りを始めたばかりの場合はあれこれ練習してラインの特性を掴むのも

大事だとは思いますが、安定して同じノットを結束出来るように。

自分は釣れない時間にサーフに立ってロッドを抱えたままFGノットを編んだり

やっていたおかげで、

今ではそれなりに風が吹こうがロッドを脇に抱えたまま

いつもと同じ程度の結束力でFGノットのラインシステムを

組むことが出来るようになりましたよ!

釣行前は自宅で作るのが一番ですが、釣り場でもラインシステムを

組み直すことは常時ありますから、慣れてきたら外でラインシステムを

作る練習をするのも暇な時に楽しいですよ!

SHIMANO TV公式チャンネル

よつあみラインシリーズ




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-PEライン
-, , , ,