PEライン

シマノPEライン「オシア8」価格が安いPEラインとの違いとは?

新型コロナ自粛期間明けから、使用していた

シマノPEライン「オシア8」

ステラSWのためのPEラインとして発売されたPEラインですが

PEラインのラインナップとして高価格帯に分類されますが、高価格帯だとどうなのか?

数多くのPEラインを使ってきたので自分なりのインプレッションを。

 

シマノPEライン「オシア8」の機能性

まずはシマノ「オシア8」のスペックから。

強烈な魚の引きに対して発生したドラグの熱を

外部に逃がす「ヒートシンクドラグ構造」と相乗効果を持つ

ヒートシンクコーティングは

オシア8、PE5号以上にしか採用されてないし、ステラSW6000番手にはヒートシンクドラグも

機能として付いてません。

注)ヒートシンクドラグはステラSW10000番手より大きなリールにしか付いてません。

品番カラー号数最大強力
lb(kg)
長さ
(m)
本体価格(円)
LD-A71S5カラー1.533(15.0)3009,800
LD-A71S5カラー2.045(20.4)3009,800
LD-A71S5カラー3.063(28.6)30010,400
LD-A71S5カラー4.076(34.5)30010,400
LD-A71S5カラー5.099(44.9)30011,550
LD-A71SSWネイビー5.099(44.9)30011,550
LD-A71S5カラー6.0113(51.3)30011,550
LD-A71SSWネイビー6.0113(51.3)30011,550
LD-A71S5カラー8.0151(68.5)30011,550
LD-A71SSWネイビー8.0151(68.5)30011,550

 

ショアジギングで使用した「オシア8」インプレッション

いきなり核心に迫りましょう。

シマノPEライン、最近使っていたPEラインとの比較を。

 

ピットブル8の使用感

コーティング抜けが早く、ガイド・ラインローラーにまで

剥がれたコーティングが付いて、なんと2回の釣行で巻きなおして廃棄。

 

タナトル8の使用感

過去にインプレッションしてます。

毛羽立ちは値段相応に早いし、高価格帯の同号数のPEラインに比べ太いですが

高切れなど一切なく

低価格でもおススメできるPEラインです。

シマノPEライン「タナトル8」を使うメリット・デメリット

 

バリバス アバニ10×10

バリバス製の高価格帯PEラインですが、オシア8よりも張りが強い。

文句なしのPEラインでインプレッションしてます。

このPEラインは本物だ・・・「バリバス アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8」

 

 

オシア8の使用感

まず飛距離減退や、ライントラブルは2か月間の使用(12回程度の釣行)ではゼロ!

ノットの編み込みやすさはかなり食い込むのでしっかりとノット結束できる。

・・・・が「なんだこれ」

初めて編み込んだ時に、手がコーティングで染まっていることに気付く。

それだけしっかりとコーティング剤が塗布されていると考えればだが

ノットを編み込んだだけで過去最大に手が汚れた。

2回目以降はコーティングが手に着くことはナシ。

2か月の使用でコーティングもだいぶ落ちたが、毛羽立ちはわずかに見られるがほとんどない。

キャスト時に指を掛ける部分が若干毛羽立ったが、まぁその程度です。

基本的に毛羽立ったらすぐにその部分までカット。

 

高切れや、魚とのファイトで切れることも無く

逆に根掛かりが外れずどうしても切れなくてかなり苦労した。

引っ張り強度は体感でもかなり強い!

根掛かり時に思った事はとにかく「伸びが少ない!」

オシア8の前モデルEX8と比べて、直線強力最大25%UPとのことで強いといっても

数値で比較するしかない訳でこの辺りはスペック通りでしょう。

 

ではどうして倍以上の価格のPEラインを使うのか?

まずは、最大強力(lb)に対するラインの細さは飛距離に直結する。

最大強力で低価格PEラインと比較するとオシア8は細い。

細い方が空気抵抗が少なく飛距離は当然のように伸びるからが一つ。

 

2つ目は、安心感。

低価格PEラインは昔ほどではないにせよ、

原糸の編み込みが均一ではないとよく言われますが

もしも、大型魚がヒットした時に擦れなど無くラインが切れるようなことがあれば

一生後悔するかもしれない。

メーカーラインナップの中で最も強いというPEラインを使っても切れてしまったのであれば

毛羽立っても放置していた自分の管理不足またはそのタックルの限界だったとも

納得のいく答えが出る。

そのために「オシア8」を使用しています。

安いPEラインを使用して、釣行中に無駄なトラブルも少なくしたいし

ラインのことで余計な時間を使ったり、不安を思うことがあれば

ぜひ「オシア8」、または高価格帯PEラインをお勧めします。

そもそも自分の様なPE3号ではこのPEラインの特徴を最大限に引き出すことも出来ないし

(ヒートシンクコーティングはPE5号から付く特殊シリコンコーティング)

なんといっても使いたいと思っていたPEラインカラーの

「SWネイビーカラー」もPE5号からしか発売していません!

このカラー使いたかったのに・・・・。

ステラSWをお使いの方にはオススメしますが、PEラインとしてみる価格はやはり高い。

ステラを使って釣りをする・・・

道具に拘りある方向けのPEラインです。

シマノPE オシア8
 

 

 

フック

2020/8/7

楽天で釣具を買う。店舗によってお得なカテゴリーがある!

今回は極秘情報を(笑) 釣り具購入で使用するECサイト「楽天」 楽天の簡単な仕組みは、実店舗を持つ釣具店やオンライン店舗としてのみ ショッピングモールに出店しているお店などもある。 お店によって普通の釣具店もあれば、楽天ポイントを多く付けるなど 付加価値が強いお店もあったりしますが今回は、 釣具でもPEラインが安かったり、フックが安いなど、 楽天で釣り具購入する時にお得なお店をご紹介します!   楽天釣具購入はカテゴリーで安いお店を選ぶべし! 楽天でフック(釣り針)が安いお店 これはちょっと自分 ...

ReadMore

ルアー

2020/8/5

模倣品釣具は無くなるのか?Amazonも動き出した!

製品が世の中に出てくる際に、量産するために型が作られます。 その型は通常、企業の物ですが横流しされて違う商品名として大手ECサイトなどに 数多く登場しています。 釣具でも代表的な模倣品と言えば フィッシュグリップ ルアー ルアーに関しては20個セットのミノーやメタルジグなど 様々な模倣品が堂々と販売されています。   模倣品対策に動き出したAmazon もうAmazonといえば、模倣品と代名詞が付いたかのように 釣具に限らず、ウェアーからアウトドアグッズ、カメラグッズなど様々な 模倣品が星の数の ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/8/2

釣具ランキング~2020/08/02

長い長い梅雨が明けました。 毎年、梅雨の時期になると日本のどこかで水害が起きて 地域が発展することに必要な大河が突然牙を向く。 釣りをしている事で訪れたことは無いがプロアングラーの動画で観たりした 河川の名前もニュースなどで耳にするが、釣りを楽しめる河川が濁流となり大地を削り 家も人も文化も飲み込んでいく。 水はただ高い所から低い所に流れていくだけですが 人の思い出や大切な物、人の命までをも海に還してしまう。 水の怖さを知る事で、普段水辺で遊ぶ我々釣り人は水に感謝しないといけないと あらためて感じた長い梅 ...

ReadMore

釣行記

2020/8/2

凪トップシーバス祭り開催!

2020/08/02 04:30~0:7:30 中潮 風:微風 波:凪   釣りに向かう前に、釣具店の店長さんと「シーバスもソロソロですね~」と 話していた。 釣り場に着くと、強烈なイカメタル船の集魚灯でかなり海は明るい。 ライト無しで釣り場に辿り着いたほど。 しかし、04:00終了だったのか? 釣りを始める頃に突然消灯。 辺りが闇に包まれる。   1投目から磯マルだとは思うが、ララペン125に強烈な重みが乗る。 デカい!エラ洗いしないし、かなりの重量感で脇から腰にロッドを回そうとする ...

ReadMore

ルアー

2020/7/27

シマノルアー「フラッシュブースト全ラインナップ!」

シマノから発売されているルアーはここ数年大きく変化しています。 NEWモデルはもちろん、既存モデルもカラーと機能性が大きく変化している。   「キョウリンカラー」と「フラッシュブースト」 この2つの登場により、多くの既存シマノルアーがリニューアルされてきていますので 今回はシマノルアーの新たな機能「フラッシュブースト」をご紹介いたします。   シマノルアー「フラッシュブースト搭載モデル」全ラインナップ 最も早くフラッシュブースト機能が搭載されたのは、 オフショアキャスティングでマグロや ...

ReadMore

-PEライン
-, , ,

© 2020 The firstone