PEライン

シマノPEライン「オシア8」価格が安いPEラインとの違いとは?

新型コロナ自粛期間明けから、使用していた

シマノPEライン「オシア8」

ステラSWのためのPEラインとして発売されたPEラインですが

PEラインのラインナップとして高価格帯に分類されますが、高価格帯だとどうなのか?

数多くのPEラインを使ってきたので自分なりのインプレッションを。

 

シマノPEライン「オシア8」の機能性

まずはシマノ「オシア8」のスペックから。

強烈な魚の引きに対して発生したドラグの熱を

外部に逃がす「ヒートシンクドラグ構造」と相乗効果を持つ

ヒートシンクコーティングは

オシア8、PE5号以上にしか採用されてないし、ステラSW6000番手にはヒートシンクドラグも

機能として付いてません。

注)ヒートシンクドラグはステラSW10000番手より大きなリールにしか付いてません。

品番カラー号数最大強力
lb(kg)
長さ
(m)
本体価格(円)
LD-A71S5カラー1.533(15.0)3009,800
LD-A71S5カラー2.045(20.4)3009,800
LD-A71S5カラー3.063(28.6)30010,400
LD-A71S5カラー4.076(34.5)30010,400
LD-A71S5カラー5.099(44.9)30011,550
LD-A71SSWネイビー5.099(44.9)30011,550
LD-A71S5カラー6.0113(51.3)30011,550
LD-A71SSWネイビー6.0113(51.3)30011,550
LD-A71S5カラー8.0151(68.5)30011,550
LD-A71SSWネイビー8.0151(68.5)30011,550

 

ショアジギングで使用した「オシア8」インプレッション

いきなり核心に迫りましょう。

シマノPEライン、最近使っていたPEラインとの比較を。

 

ピットブル8の使用感

コーティング抜けが早く、ガイド・ラインローラーにまで

剥がれたコーティングが付いて、なんと2回の釣行で巻きなおして廃棄。

 

タナトル8の使用感

過去にインプレッションしてます。

毛羽立ちは値段相応に早いし、高価格帯の同号数のPEラインに比べ太いですが

高切れなど一切なく

低価格でもおススメできるPEラインです。

シマノPEライン「タナトル8」を使うメリット・デメリット

 

バリバス アバニ10×10

バリバス製の高価格帯PEラインですが、オシア8よりも張りが強い。

文句なしのPEラインでインプレッションしてます。

このPEラインは本物だ・・・「バリバス アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8」

 

 

オシア8の使用感

まず飛距離減退や、ライントラブルは2か月間の使用(12回程度の釣行)ではゼロ!

ノットの編み込みやすさはかなり食い込むのでしっかりとノット結束できる。

・・・・が「なんだこれ」

初めて編み込んだ時に、手がコーティングで染まっていることに気付く。

それだけしっかりとコーティング剤が塗布されていると考えればだが

ノットを編み込んだだけで過去最大に手が汚れた。

2回目以降はコーティングが手に着くことはナシ。

2か月の使用でコーティングもだいぶ落ちたが、毛羽立ちはわずかに見られるがほとんどない。

キャスト時に指を掛ける部分が若干毛羽立ったが、まぁその程度です。

基本的に毛羽立ったらすぐにその部分までカット。

 

高切れや、魚とのファイトで切れることも無く

逆に根掛かりが外れずどうしても切れなくてかなり苦労した。

引っ張り強度は体感でもかなり強い!

根掛かり時に思った事はとにかく「伸びが少ない!」

オシア8の前モデルEX8と比べて、直線強力最大25%UPとのことで強いといっても

数値で比較するしかない訳でこの辺りはスペック通りでしょう。

 

ではどうして倍以上の価格のPEラインを使うのか?

まずは、最大強力(lb)に対するラインの細さは飛距離に直結する。

最大強力で低価格PEラインと比較するとオシア8は細い。

細い方が空気抵抗が少なく飛距離は当然のように伸びるからが一つ。

 

2つ目は、安心感。

低価格PEラインは昔ほどではないにせよ、

原糸の編み込みが均一ではないとよく言われますが

もしも、大型魚がヒットした時に擦れなど無くラインが切れるようなことがあれば

一生後悔するかもしれない。

メーカーラインナップの中で最も強いというPEラインを使っても切れてしまったのであれば

毛羽立っても放置していた自分の管理不足またはそのタックルの限界だったとも

納得のいく答えが出る。

そのために「オシア8」を使用しています。

安いPEラインを使用して、釣行中に無駄なトラブルも少なくしたいし

ラインのことで余計な時間を使ったり、不安を思うことがあれば

ぜひ「オシア8」、または高価格帯PEラインをお勧めします。

そもそも自分の様なPE3号ではこのPEラインの特徴を最大限に引き出すことも出来ないし

(ヒートシンクコーティングはPE5号から付く特殊シリコンコーティング)

なんといっても使いたいと思っていたPEラインカラーの

「SWネイビーカラー」もPE5号からしか発売していません!

このカラー使いたかったのに・・・・。

ステラSWをお使いの方にはオススメしますが、PEラインとしてみる価格はやはり高い。

ステラを使って釣りをする・・・

道具に拘りある方向けのPEラインです。

シマノPE オシア8
 

 

 

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-PEライン
-, , ,

© 2022 The firstone