PEライン

ステラSWの為のPEライン「OCEA(オシア)PE8」

2019年シマノから新たに発売する新製品の中に

シマノPEライン担当者が「19ステラSWの為のPEライン!」と謳う

『OCEA8(オシア8)』をご紹介します!




 

「OCEA8(オシア8)」はシマノ史上最強PEラインと謳われる、「OCEA EX8」の上位互換バージョン

現在までルアーフィッシングで大型青物用としてSWリールに使用している方の多い

「OCEA EX8」ですが、シマノPEラインの中では価格、ラインバランス全てが最も良いPEラインとされていました。

しかしそれを上回るスペック、機能を持って発売されるのが

『OCEA8』・・・・・

まずはスペックを比較してみましょう!

OCEA8、OCEA EX8スペック比較

OCEA8OCEA EX8
号数最大強力
lb(kg)
本体価格(円)最大強力lb(kg)             本体価格 (円)
1.533(15.0)9,80033(15.0)11.800
2.045(20.4)9,80040(18.0)11.800
3.063(28.6)10,40060(27.0)9.900
4.076(34.5)10,40070(31.0)9.000
5.099(44.9)11,55084(38.0)9.000
6.0113(51.3)11,55099(45.0)9.000
8.0151(68.5)11,550121(53.0)9.000

まず基本的には高額な良いPEライン程、細くなります。

2つを比べると、PE5.0号辺りから大きく差が出始める。

「OCEA8 PE5.0号」で「OCEA EX8 PE6.0号」とほぼ同じ最大強力lbなので

新しく登場したOCEA8の方が1.0号分細いラインに落とせますね。

強いラインなのに細い事に関してはキャスティングゲームでは圧倒的に飛距離の面で有利となりますね。

 

OCEA8はより強い原糸を使い、新しいコーティングを採用!

実はこの違いには大きな理由があり

OCEA8 PE5号~12号までには新しいテクノロジー

熱伝導率が低く耐熱性に強い

『ヒートシンクコーティング』が採用されている。

新しく発売される19ステラSW(10000・14000)にも「ヒートシンクドラグ機能」が搭載されていますが

19STELLASW (ステラSW)新機能を徹底解説!5つのラインナップと13ステラからの変更点など

OCEA8の新コーティングが組み合わされより大型魚とのPEラインに掛かる熱の負荷に強くなっています!

 

その他には構造がより均一で詰まっている新しい原糸

「Xフィラメント」でシマノ比最大25%強力UP!!摩耗後強力93%!!の

強いPEライン が完成した。

「タフクロスⅡ工法」でも摩耗性を上げて編み込み低伸度化を実現。

 

ステラSWに巻くためのカラー「SWコンセプトネイビー」

OCEA8は強い機能だけではなく、ステラSWに巻くためのコーディネイトカラー

「SWコンセプトネイビー単色×25mマーキング」も登場します。

※5色×10mマーキングカラーもあり

 

OCEA8はまさに19ステラSW10000番以上に巻く、PE5.0号よりも太いPEラインを使用する方に有利な

大きな特徴を持ったPEラインとして登場します。

人がどうしようも出来ない場面に救ってくれるのはやはり道具です。

大型魚とのファイトでより安心感を与えてくれる「OCEA8」ぜひ使ってみたいPEラインの一つですね。

発売は2019年3月発売予定!

 

 




 

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-PEライン
-, ,

© 2022 The firstone