オシャレは足元から!おすすめフィッシングブーツ

釣りに必要な機能も兼ね備え、見た目もにもカッコ良い!

そんなフィッシングブーツを揃えてみました。

 

まず大事な滑らない点。

これは絶対条件!

滑らない加工は

  • スパイク
  • フェルトピン
  • ゴム

 

 

フィッシングブーツ スパイクブーツ

 

基本、磯での釣りはこれ一足で十分。

ただ重い、足裏が痛くなるなどのデメリットもある。

苔や丸石はスパイクが引っ掛からず滑る場合もあるが

正直滑る時は何を履いていても滑る。




 

スパイクでも滑る原因は苔や海苔に厚みがあれば

スパイクが貫通していないから滑る。

または自分ではスパイクが何本か接地していると勘違いしてしまい

丸石などで実はスパイクは1,2本しか設置して居なかったりもすると

「ガリガリ・・・・」と音を立てて滑ってしまう。

スパイクブーツのデメリットは実はそれで、

足裏で設置している感覚を掴みづらい。

その点にだけ気を付ければスパイクブーツは優秀。

 

ゴツゴツした磯場へ行く人は

足首が柔らかいスパイクブーツは捻挫を起こす人も多い。

捻挫しやすい人には

足首までホールドするハイカットスパイクが一番おススメ。

 

スパイクピンが従来のステンレスピンよりも

2倍の2倍強の硬度、摩耗を軽減する「タングステンピン」使用。

ダボダボのウェーダーよりも細身のウエットスタイルに

栄える、お洒落なスパイクブーツ!

『mazumeタングステンピン スパイクブーツ』

mazumeスパイクシューズ 

 

いちいち紐を結ばなくてもダイヤルを回して着脱が楽。

ゴツゴツした磯場でも捻挫を防ぐハイカットタイプ!

『シマノ磯用ハイカットブーツ』

シマノ ドライシールド・ジオロック・スパイクシューズ
(ハイカットタイプ)

フィッシングブーツ フェルトピンスパイク

 

滑り、苔が生えている所では「スパイク+フェルト」の力で

滑りにくさを抑えるが、絶対に滑らない訳ではないし

個人的にはフェルトピンスパイクはピンが減っている状態で

苔などに乗ると逆効果に滑った実体験があるので

常日頃からピンをしっかり点検できる人にしかおススメ出来ない。

 

これ一足でサーフにも、磯にも行く人に対しても

フェルト付はおススメ出来ない。

サーフでは砂や藻が底にこびりつき重くなるなどデメリットも多い。

 

 

フィッシングブーツ ゴム製底

 

ゴムと言っても色んなタイプがありますが

代表的なラジアルソール、ビブラムソールを

使用している人を良く見ます。

 

ラジアルソール

スパイクブーツの多くがこのラジアルソールにスパイクピンが付いている。

ラジアルブーツは船釣りなどではおススメしますが

丸石に苔など生えている所では絶対的な物では無い。

 

Shimano公式

 

 

ビブラムソール

Facebook:Vibram

 

 

ビブラムソールは、シューズ・ブーツメーカーではなく

ソール専門のメーカーでアウトドアブーツなどで多くのシーン別に

ソールを開発販売しているメーカーです。

 

磯歩き・磯ウェーディングされてる方に使用者が拡がっており

磯で滑る石などは何を履いていても滑る、

その部分以外を除けばビブラムソールは耐久性・足への負担軽減など

メリットとなる事は非常に多い。

 

caravan KR 3R WIDE

 

 

 

磯で滑らない岩は無い

 

波で研がれ、ツルツルになった岩肌に苔が付く。

滑らない訳がないので、そんな場所を歩かない事は大前提だが

どのブーツも滑る時に特徴がある。

 

スパイクブーツが滑る時

 

ガリガリ、ザザッ~とピンが体重を支え切れずに滑りますが

体重に対して接地しているピンが少なすぎる為、

または飛び出ているスパイクが苔などを貫通して居なかったり。

フリーハンドで丸石などに絶対に乗らない事。これに限る。

 

フェルトピンスパイクが滑る時

 

フェルト&スパイク、最強の組み合わせに見えますが

メンテナンスを怠っていると何の効果も出ない。

フェルトは薄くなり、更にピンも丸まっていると

まるで氷の上を滑るかのようにツルツル滑る。

 

ビブラムソール

 

靴裏の突起物が一番無い様に見え、吸着する様な感じで

接地面から吸い付く感じを受けるが

ニュル~っと滑る。

しかし滑る場所はフェルトピンスパイクでも滑る様な

岩面にラバーが到達できない場所や、暑い苔や海苔面で

そこまで歩いてくる山道や、枯葉、草むらなど

釣り場以外でも滑る恐れがある道のりを考えると

ビブラムソールのフィッシングブーツは

おススメです!

それとオシャレなブーツも多い!

 

滑る滑らないは慣れによってある程度回避できる。

釣り場に向かう時に慣れてない場所は

ジャンプしてフリーハンドで着地しなければ行けない場所は

避けて向かうなど、自分の視覚や身体能力なども

分かって行動しなければいけません。

 

明るくなってから磯歩きする、

事前に釣り道具を持たずにどの程度滑りやすい場所があるか?など

下調べをすることが、一番釣り場で滑らない秘訣です!

 




 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ウェーディング装備
-,