気象

[6・7・8月は落雷に注意]海で雷が鳴り出したら

2015年8月2日

日本の7月8月は落雷による被害が最も多い、海で雷がなった時の対処法まとめ

 

まず日本海側よりも太平洋側での落雷が多く、夏場の雷の一番発生している

時間帯はPM3時頃が最も多い




金属に雷が落ちやすいが、金属だからというより尖ったものに落ちやすい

釣り竿は一番危険!金属かどうこうより尖っている物、棒状の物が危険

乾いたものより濡れているものが危険で

海に落ちると電気は水面を伝うが水中には四方に分散されるため実は安全

ダイビング中は基本感電しないらしい。

水中で感電したら魚は絶滅しちゃいますもんね・・・・

でもいきなり雷が鳴り出しても水中に避難なんて出来ない。

雷の予兆に気づいたらいち早く避難するしか無いが

雷鳴が届く範囲は10㌔圏内なので小さな音でも聞こえたらすぐに避難する

積乱雲が見えたらすぐに避難する

 

 

では雷が近くで鳴り出してしまい避難が遅れたら?

体制を低くして伏せながら車の中か屋根のある建物へ

高い樹木などは危険なので近寄らない、動けない場合は

地面より窪んだところを探し、しゃがんで雷が通りすぎるのを待つしか無い

釣りに夢中で空を眺めるなんてしない時も有るが、

雷には通り道があって落雷しやすい場所に

行かれる時は気象情報に注意しながら行くしか無い。

昔、近所の家の屋根瓦に落雷して瓦を見たが粉々に砕けていた・・・・

その土地に伝わる 観天望気  なども

知っておくと役に立つかも!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

ルアー

2020/2/22

ルアーカラーおススメなのは本当はあの色!

今までこのサイトの中でもルアーカラーに関しては多くの事をご紹介し 自分でも実践し、研究結果として公表されていることなどもお伝えしてきました。 当サイト内でもルアーカラーの記事は44件。 TFO1.COM ルアーカラー記事   ルアーカラーなんて関係ない。 その一言は色んな意味を含んでいて、 ルアーは巻いて動かすのだから色に反応するのではない、波動に反応する。 こう考えれば説明が付く。 アピールカラーと呼ばれる色は動いていない状況でも人の目には派手さでアピールする。 魚にはどうなのだろうか? &n ...

ReadMore

その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/17

釣具ランキング~2020/02/17

福井県内の河川でサクラマスが不調なのはどうしてなのでしょう? 県外のSNS仲間から、「今年、九頭竜行こうか迷ってるんだけどどうですか?」と メッセージ頂いたりもしますが、 「この時期に入っても、サーフや河口周辺でよくシーバスが釣れてます。 シーバスが釣れなくなったら遡上が始まるのかどうかは分かりませんが、 どう考えてもこの時期にシーバスがイワシを追いかけて良く釣れるなんて 異常としか思えないので、シーバスが沖に落ちていくタイミングでどうですか?」と 答えておきました。 それとあまり公開されないけど、サーフ ...

ReadMore

ウェーディング装備

2020/2/17

フルマラソンで2時間を切りを達成したあの「ナイキ アルファフライ」シューズは釣りに使えるのか?

道具の進化は我々の想像を超えている。 釣具も、年々大きな魚のサイズが過去に釣り上げられたタックルよりも 軽く、小さなタックルで釣り上げられるような時代へと変化している。 釣りのような対魚、を相手にする不確定要素が多く含まれる強さは 同じタックルで同じ魚と比較は難しいが、 スポーツの中でもタイム(時間)が競われ計測されている様な競技には道具の進化は時に議論の的になる。   その道具の進化で話題となったのが 東京オリンピック代表選手の4人のうち3人が履いていた ピンク色の厚底シューズ「ナイキ ズーム ...

ReadMore

-気象
-

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.